理想の就活/転職のための
自己分析サイト

本ページはマイナビ社などの広告が含まれています

動物園飼育員に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今動物園飼育員の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい動物園飼育員に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

動物園飼育員に向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたの動物園飼育員適性診断結果

あなたの適性度は38%で、動物園飼育員の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。動物園飼育員を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

動物園飼育員に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.とにかく動物が好き
2.様々な動物に興味がある
3.我慢強い
4.学ぶことが好き
5.物事を柔軟に考えられる
6.体力に自信がある
7.外国語が得意
8.人と話をするのが好き
9.細かいことに気が付く
10.チームワークを大切にする
スポンサーリンク
\この診断を受けたい方はコチラ/
動物園飼育員適性診断を受ける(2分)

診断結果の解説

『 とにかく動物が好き 』

兼ね備えていない

動物園飼育員の仕事は、動物にかかわることが必須となりますので、とにかく動物が好きな方が向いています。動物が好きなら飼育の仕事自体も楽しめるでしょう。飼育員の仕事は楽しいことばかりではなく重労働でもありますから、好きな気持ちがあると乗り切りやすくなるはずです。普段から動物の様子をチェックしたり、よりよい飼育環境にするための工夫を考えたりすることも求められますが、そういったことも動物自体が好きであれば積極的に取り組みやすく、仕事の質も高めていくことができます。

『 様々な動物に興味がある 』

だいぶ兼ね備えている

特定の動物が好きな方は多いでしょうが、動物園飼育員の場合には必ずしも自分の希望の動物だけを担当するとは限りません。希望の動物が担当できずに別の動物の担当になることもありますし、複数の動物を担当することになる場合もあります。そういった場合に、限られた種類の動物にしか興味がないと、仕事へのモチベーションを失ったり、仕事自体がつらいものとなったりしがちです。また、園全体の運営をしていくにあたって、自分の担当外の動物にもかかわる機会は増えていきます。動物全般に興味があり、いろいろな動物に触れたいと思っている方ほど、動物園飼育員に向いているでしょう。

『 我慢強い 』

あまり兼ね備えていない

動物は言葉が通じないうえ、生態もすべてが明らかになっているわけではありません。そのため、何か対応をした時にすぐに良い効果が出るとは限りませんし、そもそも動物となじんでいくには時間がかかってしまうことも多いです。その段階であきらめてしまっては仕事になりません。すぐに仕事の成果が見えなくても、うまくいかないことが多くても、仕事を続けていけるかどうか、その我慢強さが求められることになります。

『 学ぶことが好き 』

そこそこ兼ね備えている

動物園飼育員は特殊な動物を飼うことも多いです。そうなると、専門的な情報を仕入れて飼育に生かしていかなくてはなりません。すでにやり方が決まっている仕事ばかりではないので、自分で学び、対策を考えていかなくてはならないのです。一見関係ないように思われる分野の知識が、飼育に役立つこともあります。専門的な知識や周辺知識について、自ら積極的に学んでいく姿勢を持てるかどうかで仕事の質が変わってきますから、学ぶことが好きなら仕事に大いにプラスになるのです。

『 物事を柔軟に考えられる 』

そこそこ兼ね備えている

仕事によってはきちんと決まったことを正確に行うことを求められる場合もあります。しかし、動物園飼育員の場合は、決まったことをきちんとこなすだけでは足りないことがほとんどです。その日の動物の様子、天候などによって必要な対応は変わってきます。同じ動物でも個体によって対応を変えていく必要が出てくることもあるでしょう。生き物相手ですから、いつもの対応がその日も通じるとは限らないこともあるのです。違った状況になった時に、それに合わせて柔軟に考え対応を検討できるかは大きなポイントとなります。

スポンサーリンク

『 体力に自信がある 』

そこそこ兼ね備えている

動物園飼育員はとにかく体力を使う仕事でもあります。重いものを持ち運ぶことも多いので、それに見合った体力づくりが必要になるでしょう。また、急に代わりをたてることが難しい仕事でもあります。担当の動物とうまくコミュニケーションをとったり、普段と違うところがないか確認していったりと、決まった人が継続しないとできない仕事も多いのです。そのため、体調不良などで休むことが多くなると仕事に支障が生じます。きちんと仕事を続けられるだけの健康管理も必要でしょう。

『 外国語が得意 』

あまり兼ね備えていない

動物園に日本では珍しい動物がいることもあります。そのような場合、飼育に関する情報などを国内で得ることが難しいことがあります。そのため、海外の動物園と連携してアドバイスを受けたり協力したりする必要が出てくることがあるのです。その時にある程度外国語ができるなら、飼育に関する情報も得やすいでしょう。場合によっては海外の論文などを見る必要が出てくることもあるかもしれません。さらに、海外からの観光客なども動物園を訪れ、接客や説明で外国語が必要になることもあります。こうしたことを考えると、外国語が得意な方が向いているといえるのです。

『 人と話をするのが好き 』

そこそこ兼ね備えている

動物園飼育員は動物だけに向き合う仕事ではありません。来園者に動物の説明をしたり、接客したりすることも多いです。そのため、わかりやすく説明したり、楽しんでもらったりできる話術が必要になります。人に何かを伝えることが好きで、話をすることが苦にならない方は向いているでしょう。

『 細かいことに気が付く 』

兼ね備えていない

動物は言葉を話しませんから、異変に気が付くのは日常のちょっとした変化からです。その変化を見落とさずに対応していくことで、動物の健康を守ったり、大きな事故につながらなくて済んだりします。そのためには細かいことに気が付く注意力の高さが求められるといえるのです。

『 チームワークを大切にする 』

兼ね備えていない

自分の担当の動物でも、24時間自分が見ているわけにはいきません。休みもありますから、必ず数人のチームで対応していくはずです。その時にきちんと状況を伝えられるか、協力し合って仕事を続けられるかは重要なポイントです。一人で仕事をこなすだけではなく、チームで取り組んでいくことを意識していくことが必要なのです。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの動物園飼育員適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

1位 マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

2位 doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

3位 リクルートエージェント

└業界最大手で転職支援実績No.1

\この診断を受けたい方はコチラ/
動物園飼育員適性診断を受ける(2分)

この適正診断テストでわかること

  • 動物園飼育員に向いているか向いていないか
  • 動物園飼育員の職業適性度
  • 動物園飼育員に必要な10の資質
  • 解説で動物園飼育員に必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか

動物園飼育員とは?

動物園飼育員は動物園やサファリパークで動物の飼育や管理、繁殖を行う職業です。

毎日えさをあげたり、健康状態をチェックしたり、住んでいる場所を掃除するのが主な仕事内容です。

えさは配合や調理を健康状態に合わせて行い、肉や野菜をカットして分量を量り動物たちに食べさせます。

えさの食いつき加減や便の状態、毛のつやを確認して健康状態を把握するのも仕事です。

動物が病気になってしまった時は看病しますし、日頃から病気にならないように温度管理や衛生管理をしておきます。

こういった普段の様子を飼育記録として残し、飼育員同士で動物の成長や健康状態を共有します。

動物園やサファリパークに来た人々に対して動物の生態を解説するのも仕事で、動物に芸を覚えさせてショーを開催することや、餌やり体験などを実施するところもあります。

動物園飼育員になるには?

動物園飼育員になるために必須の資格は特にありません。

持っていると就職に有利になるかもしれない資格は、普通自動車の免許です。

愛玩動物飼養管理士や飼育技師、獣医師、学芸員などの資格を持っていると就職した後も役立ちます。

大学や短大、専門学校で獣医学、動物看護学、畜産学などを学んでおくのもおすすめです。

就職したい動物園やサファリパークの採用試験を受けて、合格したら動物園飼育員になることができます。

採用試験は筆記試験と教養試験と専門試験、面接が実施されることが多いです。

施設によっては履歴書や小論文で書類審査が行われることもあります。

倍率の高いところでは4次試験や5次試験まで設定しているところもあるようです。

公立の動物園の飼育員は地方公務員なので、公務員試験に合格しなければなりません。

動物園飼育員の給料・年収

複数の調査をしてみると、動物園飼育員の平均年収は240万円から306万円程でした。

初年度の年収は200万円から240万円程である場合が多いようです。

動物園飼育員の年収は昇給することもあまりないようですが、危険手当や役職手当をもらうことで収入をアップさせることもできます。

動物園やサファリパークなどの娯楽施設の職員は給与があまり高くなく、一般の会社員と比べると全体的に年収が低めであることが多いです。

ただし細かな給与は働く動物園によって違い、動物についての専門知識を有している人は年収も高くなる傾向にあるようです。

飼育員の給与相場が低いのは繁忙期と閑散期で仕事量が異なることが原因であるとも考えられます。

動物園飼育員の就職・転職先(求人)

動物園飼育員の転職先としては、水族館の飼育員、牧場の飼育員、ペットショップの店員、ペットホテルのスタッフ、実験動物の飼育管理などが挙げられます。

水族館は水の中で生きる動物達の飼育や管理を任されることが多く、動物園での経験も活かしやすいです。

牧場の家畜の飼育員は動物の健康状態の把握や餌やりなどが主な仕事内容で、動物の状態をチェックすることに慣れている動物園飼育員にぴったりな仕事です。

ペットショップの店員は動物の販売に加えて動物の世話なども行います。

ペットホテルのスタッフは動物を飼い主から預かって適正に管理する技術が必要です。

どれも動物園飼育員として働いた知識を活かせば上手くやっていけるでしょう。

実験動物の飼育管理は大学や製薬会社などに勤務する形態が多く、残業が少ない会社が多いです。

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0