理想の就活/転職のための
自己分析サイト

野生動物調査員に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今野生動物調査員の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい野生動物調査員に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたの野生動物調査員適性診断結果

あなたの適性度は40%で、野生動物調査員の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。野生動物調査員を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

野生動物調査員に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.動植物に興味がある
2.自然に関する知識が豊富
3.経験を積むことが苦ではない
4.データ分析が得意
5.コミュニケーション能力がある
6.野外フィールドワークが好き
7.体力がある
8.広い視野で物事を見られる
9.学ぶことが好き
10.外国語ができる
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 動植物に興味がある 』

そこそこ兼ね備えている

野生動物調査員の仕事は、主として「野生動物がどのような場所にどれくらい住んでいるか、繁殖しているか」を調査する仕事です。特定の動物に限定せず、様々な動物に興味を持っている人に向いているでしょう。もちろん、大学や大学院などでは特定の動植物を研究していたという人も珍しくありませんが、生物とは直接的には関係のない、統計学や社会学などを学んでいた人が野生動物調査員になることもあります。

『 自然に関する知識が豊富 』

そこそこ兼ね備えている

野生動物が生きていくためには、食料となる他の動物や植物が欠かせません。あるいは、「どこで寝ているのか」「どのような敵から身を守っているのか」「糞はどこでするのか」など、生態系と絡めて、あらゆる自然環境について深い知識や興味を持つことが大切です。多くの野生動物調査員は子どもの頃から生き物を飼育したり、野山を駆けまわって観察したりしていますが、自然全てをよく見る目を持っている人に向いています。

『 経験を積むことが苦ではない 』

あまり兼ね備えていない

野生動物調査員を目指す場合、大学や大学院などで、特定の動植物などを専攻して学んでいる人が多いでしょう。しかし、座学で得られる知識には限りがあります。自分の足で進み、自分の目で見て、五感で感じたことから動物のあれこれを推察できるようになるためには、知識と共に経験も必要です。つまり、「実際に経験したことを次に生かす」ことが楽しいと感じる人に向いていると言えます。

『 データ分析が得意 』

そこそこ兼ね備えている

野生動物調査員の仕事は「動物を観察すること」だけではありません。生態系の調査研究目的はもちろんですが、例えば「新しく土地を開発することによって、その土地の生態系にどのような影響を与えてしまうか」や「自治体の森林や畑の食害が激しいため、野生動物の実態を把握して被害拡大を防ぎたい」といった理由での調査も多いです。そして、調査の趣旨に応じた報告書を作る必要があるので、調査の趣旨から外れないようにしながら、かつ実際の調査データを適切に扱えることが求められます。

『 コミュニケーション能力がある 』

あまり兼ね備えていない

野生動物調査員は一人静かに野外で活動するイメージを持たれることもありますが、実際には様々な人と関わり合いながらチームで進めていくものです。また、仕事内容が「新しい開発工事のための調査」である場合、更に建設業界の人たちとの関わり合いも密になります。例えば仮に「この工事内容では生態系に大きな悪影響がある」という場合は、適切なデータと理論によって工事関係者を説得しなければなりません。口下手な人よりも、第三者に物事を説明することが苦でない人の方が向いているでしょう。

スポンサーリンク

『 野外フィールドワークが好き 』

兼ね備えていない

野生動物調査員の主な仕事の一つは野生動物を観察することなので、様々な野外を歩き回ることも珍しくありません。山林や湿地、寒地、時には僻地を担当することもあるので、どのような場所でも臆せず入っていける人におすすめです。また、国外を含めて出張等が多いので、フットワークが軽い人に向いています。

『 体力がある 』

あまり兼ね備えていない

野生動物調査員になる場合、フィールドワークが好きということに加えて、実際にフィールドを歩き回るための体力が必要です。動物の生態系を知るには、冬の寒さや夏の暑さだけでなく、夜間や早朝など時間を問わないこともあり得るでしょう。また、長期間に渡る調査も考えられますので、そういった仕事でもばてることのないよう体力をつけておきましょう。

『 広い視野で物事を見られる 』

だいぶ兼ね備えている

野生動物調査員は動物たちを調査するのが主な仕事ではありますが、調査する場所は「大きな河川」であったり、「人里に近い山」であったりと様々です。その土地の歴史や風土にも目を向けて、視野を広く俯瞰して見られることで、思い込みや見落としを防ぐことができるでしょう。例えば、「このような川であれば、この生き物はいるはずがない」といった見方をしてしまっては適切な調査ができません。視野を狭めずに物事を受け止めて考えられる人に向いています。

『 学ぶことが好き 』

十分に兼ね備えている

野生動物調査員になった後も、様々な知識を吸収していくことが大切です。新しい研究発表や個人的なフィールドワークなどを通じて、知識を深めていく姿勢が必要でしょう。また生物学に関する勉強だけでなく、建設業や気象、歴史、経済なども野生動物調査員の仕事に関わってくることがあるので、勉強することが楽しめる人におすすめです。

『 外国語ができる 』

兼ね備えていない

日本における野生動物調査員という仕事はまだ一般的とは言えず、また就職する企業によって呼び名が変わっていることもあります。一方、海外では野生動物調査員が非常に重要視されている国もあるため、外国語ができる場合、国外で働くという選択肢も増やすことができます。また研究論文は英語で発表されることも多いので、外国語に苦手意識がない方が安心でしょう。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの野生動物調査員適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る