理想の就活/転職のための
自己分析サイト

病棟クラーク適性診断|あなたは向いている人?向いてない人?

あなたは今病棟クラークの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい病棟クラークに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたの病棟クラーク適性診断結果

あなたの適性度は56%で、病棟クラークの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。病棟クラークを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

病棟クラークに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.医療に関する知識が豊富
2.文書を作成するのが得意
3.スケジュール管理能力がある
4.柔軟性がある
5.責任感、使命感が強い
6.真面目で正確性が高い
7.人の話を聞いて要望を引き出すのが上手い
8.コミュニケーション能力に長けている
9.人への気配りを欠かさない
10.向上心、向学心がある
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 医療に関する知識が豊富 』

あまり兼ね備えていない

医療機関で活躍する病棟クラークは、医療の専門用語や医療機関の仕組み、医療制度などを理解している必要があります。病棟では、普段の生活ではなかなか使わない用語が頻繁に使用されるので、正確に記憶して、スタッフ間でのやり取りや患者様への応対に生かせるようにしましょう。

『 文書を作成するのが得意 』

あまり兼ね備えていない

病棟クラークの仕事には、入退院する患者様に関する名簿の作成や管理をはじめ、カルテや紹介状を書くといった文書作成の作業が多く含まれています。カルテ記載や紹介状の書き方のルールをきちんと理解した上で、分かりやすく、伝わりやすく書くように心掛けることが大切です。急ぎで紹介状等を作成する必要が生じることもあるので、正確さとスピードを両立して文書作成ができるのが理想です。病棟における病室の配置と患者様の部屋割りを正しく理解し、他のスタッフと情報を共有できるようにすることも求められます。入退院の多い病棟では、特に注意して仕事をするようにして下さい。

『 スケジュール管理能力がある 』

そこそこ兼ね備えている

多肢に渡る病棟クラークの仕事を円滑にこなすには、スケジュールを管理する能力も必要です。それぞれのタスクの期限を把握し、調整して仕事を進めてゆくとよいでしょう。患者様が不快に感じることがないよう、また、医師や看護師といった医療専門職の人が働きやすいように、周囲の状況をよく見ながら働くことが大切です。病棟クラークのスケジュール管理によって、病棟環境の快適さにも差が生じることを忘れずにいて下さい。

『 柔軟性がある 』

だいぶ兼ね備えている

医療現場は、予期せぬことが日常的に起こる現場です。病棟クラークも、その時々の状況に応じて、何を優先させて動くのがよいかを的確に判断し、臨機応変に対応できる能力が求められます。たとえ大変な状況であっても急がず冷静に、かつ柔軟に仕事をこなせる人、率先して現場のサポートができる人は、病棟クラークに向いていると言えるでしょう。

『 責任感、使命感が強い 』

十分に兼ね備えている

患者様の命を預かる医療現場で働く一員として、病棟クラークには医師や看護師と同様の責任感や使命感が求められます。医療現場を動かす上での自身の役割をしっかり認識し、責任を持って仕事をやり遂げられるようにして下さい。また、一般的には、一つの病棟に配置される病棟クラークは一人だけということが多いので、クラークとしての自覚と責任を持って働くことが大切です。

スポンサーリンク

『 真面目で正確性が高い 』

そこそこ兼ね備えている

病棟クラークは、医療に関わる仕事である以上、小さなミスが患者様の病状に影響を与えることもあり得ます。いつでも真面目に仕事に取り組むことができ、正確性が高い人は、病棟クラークとしての適性があると言えるでしょう。ミスを最小限に抑えるために確認作業を丁寧に行うなど、細かいところまで突き詰めて仕事をする姿勢を貫くことが大事です。

『 人の話を聞いて要望を引き出すのが上手い 』

そこそこ兼ね備えている

病棟で働く医療スタッフと話をしたり、患者様の要望を聞いたりすることは、病棟クラークの大切な役割のひとつです。他者の話を真摯に聞き、何が望まれているかを汲み取って仕事に生かすことが、病棟クラークとしての信頼を得ることにつながります。ヒアリング力に磨きをかけると、病棟での仕事がスムーズにこなしやすくなるでしょう。

『 コミュニケーション能力に長けている 』

だいぶ兼ね備えている

患者様や医療スタッフなど多くの人々とやり取りをする病棟クラークは、高いコミュニケーション能力が求められる職業です。場合によっては周囲の板挟みになってしまうこともありますが、どのような状況であっても、うまく調整して病棟の環境が快適なものになるように努める必要があります。患者様の要望や不満を医療スタッフに伝えたり、医師の指示を患者様に分かりやすく説明したり、と病棟における橋渡し役として活躍する機会が多い病棟クラークは、話術に長けた人に向いている職業だと言えるでしょう。

『 人への気配りを欠かさない 』

そこそこ兼ね備えている

病棟クラークは、病気や怪我で入院している患者様への気遣い、忙しく働く医療スタッフに対しての気配りができる人が好まれます。柔らかな物腰で話しかけることで、患者様の不安や緊張を和らげるといった工夫ができる人なら、病棟クラークとして親しまれ、愛される存在となれることでしょう。

『 向上心、向学心がある 』

あまり兼ね備えていない

医療の技術や制度は、日々進化し続けています。病棟クラークも、医療の置かれている状況や新しい医療についての知識を吸収することが必要です。現状に甘んじることなく、新しい医療の知識を身に付けることで、病棟クラークとして成長を遂げることができるでしょう。患者様や家族から医療に関する相談をされた際にも、医療の知識が備わっていれば、医師や看護師に適切に報告することができます。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの病棟クラーク適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0

おすすめコンテンツ

おすすめコンテンツ

  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る