理想の就活/転職のための
自己分析サイト

バレーボール選手に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今バレーボール選手の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいバレーボール選手に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたのバレーボール選手適性診断結果

あなたの適性度は52%で、バレーボール選手の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。バレーボール選手を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

バレーボール選手に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.身長が高い
2.高い跳躍力がある
3.高い瞬発力がある
4.バレーボールが好き
5.負けず嫌いな性格
6.毎日黙々と練習を繰り返せる
7.自分のプレーを客観的に見られる
8.チームプレーが好き
9.身体が丈夫
10.左利き
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 身長が高い 』

そこそこ兼ね備えている

バレーボールは、高身長の選手の方が有利と言われているスポーツです。過去に活躍した選手の中には身長がそれほど高くなくても活躍しているケースもありますが、ネットプレイの機会があるポジションでは身長が高い人の方が圧倒的に有利です。特に海外チームの選手は日本の選手よりも身長が高いため、世界で活躍するバレーボール選手を目指す場合は高い身長が必要不可欠な要素と言っても過言ではありません。男子で190cm以上、女子で175cm以上あることが望ましいと言われています。

『 高い跳躍力がある 』

そこそこ兼ね備えている

特に身長が高い選手が多い海外勢と互角に戦うためには、海外選手の上を行く跳躍力がある人の方が向いています。跳躍力は、助走の力をうまく利用できるように助走のフォームを見直したり、体を一度沈み込ませてから伸ばす力や体をしっかりと引き上げる力をつけることで跳躍力をあげることができます。また、ジャンプ力がある人はふくらはぎの筋肉が発達しているため、階段昇降やつま先立ちなども効果があります。日本のトップアスリートのバレーボール選手の平均跳躍力は、助走してジャンプしたときの最高到達点が男子で3.5m、女子で3mと言われています。跳躍力があることで身長が低さを補うことができるため積極的に鍛えていくことをおすすめします。

『 高い瞬発力がある 』

そこそこ兼ね備えている

バレーボールは、ボールを床に落とすと相手に得点が入ってしまうため、自軍のコート内でどれだけボールを拾える瞬発力があるかも求められます。高い打点から打たれたアタックにどれだけ早く反応して拾うことができるか、また味方の選手のトスが乱れてしまったときにどれだけはやくフォローに入ることができるかなどが求められます。とっさに反応できる瞬発力を持った人のほうがバレーボール選手に向いています。

『 バレーボールが好き 』

兼ね備えていない

バレーボールに興味があり好きな人は、バレーボール選手に向いています。好きなことのためならとことん努力ができる人は多いのではないでしょうか。また、バレーボール選手を目指している最中には、様々な失敗や挫折の経験をすることでしょう。バレーボールが好きではないのに選手を目指す人は少ないと思いますが、苦難を乗り越えるときにバレーボールが好きという気持ちがとても大切だといえます。

『 負けず嫌いな性格 』

あまり兼ね備えていない

バレーボール選手になるためには、バレーボールは試合に出ることができる人数が限られているため過酷なレギュラー争いに身を投じなければなりませんが、時にはレギュラーになれずに悔しい思いをすることもあります。また、時には自分より上手な選手と比較して落ち込んでしまうこともあるはずです。うまくいかずに落ち込んでしまったときに、自分の改善すべきところをしっかりと見つめ直し、「次は負けない」という強い気持ちを持って頑張り続けられる人の方が向いています。

スポンサーリンク

『 毎日黙々と練習を繰り返せる 』

十分に兼ね備えている

バレーボールをはやく上達させるには練習が必要不可欠ですが、とにかくがむしゃらにやればいいというわけではありません。基本的にはコーチや監督の指導のもとで練習が行われており、選手にとって強化すべきタイミングを見計らって練習メニューが組まれています。したがって、指導に忠実に従い、目の前の課題がクリアされるまで黙々と練習を繰り返せる人のほうがバレーボール選手には向いています。

『 自分のプレーを客観的に見られる 』

そこそこ兼ね備えている

バレーボールの基本動作である、アタックやトス、レシーブなどは日常生活で馴染みがない動きです。したがって、バレーボールを初めてから正しいフォームでの基本動作を覚えるまでは苦戦する人も多いです。プレー中に何も考えずにいるのではなく、プレー中に自分の体がどのように動いているのかを客観的に判断できる人は、上達がはやい傾向があります。また、自分のプレーを客観的に見られる人は自分のプレーのどこが問題なのかを考え、改善することができるので他の人よりもバレーボール選手に向いています。

『 チームプレーが好き 』

そこそこ兼ね備えている

バレーボールは、チームでプレーする競技です。1人が連続でボールをタッチすることができないルールのため、チーム内で連携が取れていないと試合に勝つことはできません。ボールをレシーブするときの声掛けや味方のカバー、味方からのトスのタイミングに合わせるなどチームプレーが求められる瞬間がたくさんあります。チームプレーが好きで、チームメイトとのコミュニケーションをうまくとれる人の方がバレーボール選手に向いています。

『 身体が丈夫 』

あまり兼ね備えていない

バレーボールは、激しい動きが多いスポーツです、怪我する選手も多いため、なるべく怪我をしないように柔軟で丈夫な身体づくりが求められます。また、丈夫な身体づくりの一環としてバランスの良い食生活、疲れを残さないようにしっかりと休息をとるなどもとても大切です。規則正しい生活が身についている人の方が向いています。

『 左利き 』

だいぶ兼ね備えている

一般的に右利きの人は、レフトからアタックを打つ方が打ち分けをしやすい傾向があると言われています。逆に左利きの人はライトからアタックを打つ方が打ち分けをしやすい傾向があります。左利きの人は少ないので、ポジションを決めるときに打ち分けをしやすいレフトに優先的に配置されることが多いです。左利きの人は、右利きの人よりもポジションを獲得しやすいため、バレーボール選手に向いています。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのバレーボール選手適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る