理想の就活/転職のための
自己分析サイト

野菜ソムリエに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今野菜ソムリエの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい野菜ソムリエに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたの野菜ソムリエ適性診断結果

あなたの適性度は62%で、野菜ソムリエの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。野菜ソムリエを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

野菜ソムリエに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.野菜や果物が好き
2.食文化に対して興味がある
3.健康志向が高い
4.学び続けることが苦ではない
5.虫など生き物に触れる事に抵抗がない
6.発信力がある
7.四季の移ろいに敏感
8.料理をするのが好き
9.何かをアレンジするのが得意
10.独創性がある
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 野菜や果物が好き 』

十分に兼ね備えている

野菜ソムリエは野菜や果物についての専門的な知識を習得し、それを応用して食文化に貢献することが主な仕事内容となります。野菜や果物が持つ栄養価やおいしさ、旬の大切さ、健康とのつながりなどについて学び、食事の大切さや素材の味を生かす調理方法などを提案するなど、野菜・果物をテーマに活動範囲も広範囲にわたりますので、野菜ソムリエとしての活動を長く続けていくためには、まず野菜や果物自体が好きであることが必要になります。

『 食文化に対して興味がある 』

だいぶ兼ね備えている

野菜ソムリエを志す一つの動機として、食に対する関心が高いというメンタリティーがあげられます。日本各地には地域の風土に根付いた独自の食文化が残されており、郷土料理といった形で伝承されています。野菜の調理法一つとってみても、漬物のように使う食材や発酵のさせ方に地域差があるのです。日本だけでなく世界に目を向けた場合にはさらに多様な食文化が存在しており、その多様性に敏感で、なおかつ食文化への関心が高いという人は野菜ソムリエとしてもよい仕事ができるでしょう。

『 健康志向が高い 』

そこそこ兼ね備えている

栄養価が高くてヘルシーなのが野菜や果物といった食材の特徴ですので、野菜ソムリエを目指そうとする人は、高い健康志向があってこそ学び続けるモチベーションが維持できるといえるでしょう。野菜や果物が持つ栄養価が健康づくりにどのような影響を与えるのか、楽しみながら知識が得られることはもちろん、野菜嫌いの人にもその健康効果を知ってもらうために次は調理方法を工夫してみようといったような、前向きな意欲もわいてくるでしょう。

『 学び続けることが苦ではない 』

そこそこ兼ね備えている

野菜ソムリエは野菜や果物を中心とした食全般の素晴らしさを伝える仕事になりますので、習得する知識も多岐にわたってきます。野菜や果物がどのような栄養を持っているのかについて知識を蓄えることをはじめとして、野菜や果物が健康にどのような影響を及ぼすのかといった栄養学の観点や、どのように料理すればおいしく効果的に栄養を摂取できるのかといった調理方法まで、学ぶ領域は広範囲にわたります。そのため、野菜ソムリエには学び続けることが苦手でない人が向いているといえます。

『 虫など生き物に触れる事に抵抗がない 』

十分に兼ね備えている

野菜には虫がつきものです。野菜ソムリエを志すのであれば、虫なんか見るのも嫌、というのでは困ります。野菜に春野菜、夏野菜、秋野菜、冬野菜とそれぞれの季節に旬を迎える作物があるように、季節の野菜につく虫にも様々の種類があります。虫は野菜に病気をもたらす原因の一つになりますので、野菜を病気から守るためには虫への対処法を知っておく必要があります。虫を手で取り除くことも野菜作りの一環ですので、虫などの生き物に触れるのは大丈夫というのも野菜ソムリエの資質の一つです。

スポンサーリンク

『 発信力がある 』

そこそこ兼ね備えている

野菜ソムリエの仕事は、身につけた知識を積極的に発信してこそ価値が生まれます。ひとくちに発信といってもその方法はさまざまで、たとえば野菜のおいしさを引き立てるような調理法で料理を作ることもアウトプットの一つですし、野菜や果物を販売している場所でお客様においしい食べ方を紹介するのも一つの発信方法です。発信力があればブログやSNSで広く紹介したりすることでビジネスに結びつけることもできますし、そこで名をあげれば講演や出版などの道が開けるかもしれません。知識を形に変えるこの発信力が、野菜ソムリエには大切な素質の一つであるといえます。

『 四季の移ろいに敏感 』

そこそこ兼ね備えている

野菜や果物には、春夏秋冬それぞれの季節で最もおいしく栄養価も高い「旬」の時期があります。この旬を逃さないために、四季の移ろいに敏感であることも野菜ソムリエにとって必要な資質の一つです。天候は作物の生育に大きな影響を与えます。天候が不順だと作物の旬がずれてしまうことも少なくありません。そのような変化にも対応できるように、野菜ソムリエには四季の移ろいに敏感であることが求められます。

『 料理をするのが好き 』

十分に兼ね備えている

野菜ソムリエは、野菜や果物の栄養価を知識として身につけることが必要になりますが、その栄養価をどのように摂取するのかを提案することも大切な仕事の一つです。それには、おいしく食べてもらうための工夫が必要になってきますが、あれこれと調理方法を試しながら食べる人に喜んでもらえる味を見つけ出すためには、まず何より料理をするのが好きという資質が必要になってくるでしょう。

『 何かをアレンジするのが得意 』

兼ね備えていない

野菜ソムリエは野菜のおいしさを誰より熟知している人です。つまり、野菜や果物がどのように調理されるとそのおいしさを引き立てることができるのかがわかっているということです。野菜料理は、他の食材との組み合わせでおいしさが決まりますが、野菜と他の食材をどのようにマッチングさせればおいしく仕上げることができるのか、個々の食材に対して培った知識の応用力こそが、出来上がりの味を左右する重要な資質となってくるでしょう。

『 独創性がある 』

そこそこ兼ね備えている

野菜ソムリエとは、ただ単に野菜に詳しいだけの人をさすのではありません。野菜ソムリエの資格を取得することで、職業的にも選択肢が大きく広がります。たとえば資格を活かして飲食店のプロデュースを行ったり、食のプロフェッショナルとして企業のコンサルタントとして活躍したり、あるいは自らオーナーとなってレストランを開店したりと、活動の範囲は多岐にわたるでしょう。これらに共通して求められる資質が独創性です。誰にも思いつくことのできないオリジナリティこそが、他の追随を許さない野菜の商品価値を生み出すことができるのです。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの野菜ソムリエ適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る