理想の就活/転職のための
自己分析サイト

移植コーディネーター適性診断|あなたは向いている人?向いてない人?

あなたは今移植コーディネーターの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい移植コーディネーターに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたの移植コーディネーター適性診断結果

あなたの適性度は56%で、移植コーディネーターの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。移植コーディネーターを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

移植コーディネーターに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.医療や看護の仕事に詳しい
2.倫理観と医療的な合理性を両立できる
3.スケジュール管理が得意
4.身だしなみを清潔で綺麗に保てる
5.的確に分かりやすい説明ができる
6.探究心に富んでいる
7.口が堅い
8.自動車の運転免許を持っている
9.体調管理が得意
10.他者へ寄り添う気持ちがある
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 医療や看護の仕事に詳しい 』

あまり兼ね備えていない

移植コーディネーターは仕事の性質上、医療や看護の仕事に詳しいことが求められます。コーディネーター自身が医療行為などに従事することはありませんが、知識の有無で認識に大きな差が生じる事実は否定できません。医師や看護師として働いた人が転職するケースは珍しくないことから、コーディネーターとして働くならまずは医療の現場で経験を積むのが無難と言えるでしょう。同様の理由で医療機器メーカーや製薬会社から転職するケースもあります。

『 倫理観と医療的な合理性を両立できる 』

あまり兼ね備えていない

臓器移植は人の命を繋ぐ重要な医療行為である一方、他人の臓器を使ってまで生き永らえる所業と見ることもできます。古くから人命に関する倫理と延命治療に関する医療的な合理性の釣り合いについて議論が繰り返されていました。移植コーディネーターは臓器の提供者と移植者の両方の考え方に接する立場です、どちらかの考え方に偏らず、双方の長所と短所を正しく認識し、冷静に向き合う姿勢を持つことが重要になります。

『 スケジュール管理が得意 』

そこそこ兼ね備えている

臓器移植は一分一秒を争う事柄であり、わずかな時間のずれも許されません。臓器移植に携わるすべての人が分刻みのスケジュールで動きますが、移植コーディネーターも例外ではありません。少しくらいはいいだろうと、スケジュール管理にルーズな人は不適格と見なされても仕方がないと言えるでしょう。移植手術は簡単に予定を変更できない、非常に難しい医療行為です。そのため、予定を厳守できることも必須の条件になります。

『 身だしなみを清潔で綺麗に保てる 』

だいぶ兼ね備えている

身だしなみを綺麗にして清潔感を持たせるのは社会人のマナーですが、移植コーディネーターの場合は医療関係の仕事に従事している人が不潔では話の説得力がないという理由もあります。厳しい衛生管理のもとで行う移植手術の関係者が汚らしい姿では信頼できないと思われるおそれがあります。話を聞く人に不信感を抱かれないためにも、清潔な身なりを保つことが大切です。

『 的確に分かりやすい説明ができる 』

十分に兼ね備えている

移植医療の啓発を行い、多くの人に理解してもらうのも移植コーディネーターの仕事です。命を救う医療行為であることは分かっていても臓器移植に抵抗を感じる人は珍しくありません。そのような人が抱く忌避感を取り除き、移植医療の重要性を理解してもらうのが移植コーディネーターの責務と言えますが、そのためには移植医療について詳しく、そして分かりやすく説明できるコミュニケーション能力が不可欠と言えるでしょう。話し上手であったり、人と接することに苦手意識を持たない積極的な人がコーディネーターに向いています。もちろん、移植医療に関する正しい知識を持っていることが絶対条件です。

スポンサーリンク

『 探究心に富んでいる 』

そこそこ兼ね備えている

医療は日進月歩の世界と言われています。医療行為を例にとっても常に新しい治療の方法が提案されているのが実状です。臓器移植に関しても同様であり、まったく新しい治療法が確立されることも珍しくありません。また、医療関係の法律も変わることから常に新しい情報を収集する必要があります。移植コーディネーターにとって臓器移植の治療法や法律上の制約は仕事を進めるうえで無視できない事柄です。話の内容が現状に合わないという事態を避けるためにも、常に知識や情報を知ろうとする探究心が必要になります。

『 口が堅い 』

そこそこ兼ね備えている

臓器移植は提供者や移植者のプライベートに関わるため、安易に口外してはいけないとされているのが医療の現場における一般的な考え方です。また、移植手術は順番待ちの状態であり、移植手術の情報が外部に漏れると不正な手段で優先的に手術を受けようとするトラブルが発生する可能性は否定できません。公平に手術ができる状況を保つことも移植コーディネーターの責務であることから、仕事で知った情報を安易に話さない口の堅さが求められます。

『 自動車の運転免許を持っている 』

だいぶ兼ね備えている

移植コーディネーターの仕事と車の運転は密接な関係があります。移植提供者はいつ見つかるか分からず、場合によっては遠方まで説明に赴く必要もあります。公共の交通機関だけでは不便なので、どうしても自分で車を運転しなければいけません。医療とは直接の関係はないものの、自動車免許の所持は必須と言えます。

『 体調管理が得意 』

そこそこ兼ね備えている

移植コーディネーターの仕事は医療関係の中でも特に就業時間が不規則とされています。いつ見つかるかわからない臓器移植の提供者に備えて、常に準備を整えなければいけません。移植を必要とする人に対してもこまめに説明を行う必要があるので、日時にこだわらず仕事に取り組む姿勢が重要になります。毎日の生活が不規則になりがちなので、自身の体調管理には十分に注意しなければいけません。良好な状態を維持できる、自身への責任感の大きさが必須です。

『 他者へ寄り添う気持ちがある 』

あまり兼ね備えていない

臓器移植の手術を受ける患者やその家族は大きな不安を抱いています。その不安を認識し、払しょくできるようにサポートするのも移植コーディネーターに課せられた役割です。移植医療の正しい知識を持っていることはもちろん、なぜ手術に不安を抱くのかを理解し、その気持ちを理解できる感受性の高さはコーディネーターに欠かせません。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの移植コーディネーター適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0

おすすめコンテンツ

おすすめコンテンツ

  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る