理想の就活/転職のための
自己分析サイト

翻訳に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今翻訳の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい翻訳に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたの翻訳適性診断結果

あなたの適性度は56%で、翻訳の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。翻訳を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

翻訳に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.調べものが好き
2.一人で黙々と作業ができる
3.スケジュール管理ができる
4.細かいミスに気が付ける
5.海外の文化に興味がある
6.日本語に精通している
7.感性が豊か
8.根気がある
9.相手のことを考えることができる
10.謙虚
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 調べものが好き 』

あまり兼ね備えていない

翻訳の作業では自分の知らない単語や文章などが出てくることもありますが、それを知らないからでは済まさずに、調べることが必要です。実務翻訳や産業翻訳の仕事では、クライアントである企業または業界のディープな部分の知識が求められることがあります。これらは一般的な辞典などには載っていないこともあるので、ネットや専門書を駆使してその業界について更に詳しく調べ上げて行きます。新しいことを知るのが好きな、知識欲がある人が向いているでしょう。

『 一人で黙々と作業ができる 』

あまり兼ね備えていない

翻訳作業は一人で仕事をすることが多いです。そのため一人で延々作業を続けても苦にならない精神の持ち主であるならば適性はかなりあります。案件が立て込んでいて忙しい時は、ずっと一人で家に籠って作業なんてことも珍しくはない職業です。情報の機密保持という点から仕事内容を他人に言うことも憚られます。しかし、逆に言えばほとんど人に会わない環境で仕事ができるということでもあります。人と会うのはあまり好きではない、人と会話するのは面倒くさくて苦手だ、という人は翻訳家になると理想的な環境で仕事ができるかもしれません。逆に人とおしゃべりするのが好きだ、みんなでワイワイやりたい、机に座って作業を続けるのが苦痛だ、一人でずっといるのは無理、という人は翻訳家には向いていないでしょう。

『 スケジュール管理ができる 』

そこそこ兼ね備えている

翻訳は一人で黙々と作業をするお仕事です。それを監視する上司や同僚の目などありません。ついついサボってネットサーフィンをしたりゲームなどをしてしまっても注意はされないのです。しかしそれではとても仕事にはなりません。納期も存在するのに色々な案件を抱え込んで夏休み終了直前の学生のように慌てるハメになってからでは遅いです。そのような環境でも、しっかりと自分のスケジュールを管理し自制心を持って仕事出来る人ならば問題ないと言えるでしょう。

『 細かいミスに気が付ける 』

だいぶ兼ね備えている

翻訳とはその文章を正確に訳すことが求められる職業です。技術関連で言えば少しの数字のミス、契約書などで言えばちょっとした言葉のニュアンスの違いや訳した文章の食い違いなどが、後で問題になってしまう場合があります。なので、そういった細かい部分にまできちんと気を配り、ミスを修正していく必要があります。

『 海外の文化に興味がある 』

十分に兼ね備えている

当然のことながら、翻訳というのは海外の違う文化やコンテンツを訳す作業です。これらに興味がありもっと知りたい、もっと調べたいという人は翻訳家は楽しくて仕方がない職業化もしれません。文化の違いや、言葉の違いはお互いの認識のズレにより誤解を生むことがあります。そのため責任感をしっかりと持たなくてはいけません。しかしそこを乗り越えれば、海外のまだ日本に知らされていない新しい情報を、日本に紹介するというとてもやりがいのある仕事となります。

スポンサーリンク

『 日本語に精通している 』

そこそこ兼ね備えている

翻訳者はその国の言語にだけ詳しければいいというものではありません。それらを日本語に訳さなければいけないのですから、正確かつ違和感のない日本語の文章を書くという能力も要求されることになります。機械翻訳のような文章では翻訳家としてお仕事をする意味がありません。最初から日本語で描かれたような文章を書けるように、日本語のスキルも磨く必要があります。日本語の語彙力に乏しかったり、読めさえすればぎこちない文章でも問題ないと考えている人は、翻訳に向いていないかもしれません。

『 感性が豊か 』

そこそこ兼ね備えている

翻訳には数多くのジャンルが存在しますが、映像の翻訳では、映像からニュアンスを正確に読み取って、視聴者に伝わる表現をする必要があります。ドラマや映画の字幕では、一つの場面に表示できる文字数制限というものが存在するので、少ない言葉で伝えるには、豊かな感性や想像力といったものが求められるでしょう。

『 根気がある 』

だいぶ兼ね備えている

翻訳をしていると原文の意味が分からない、原文の量があまりにも多い、納期が短すぎるなどがあります。それらをもう無理だと諦めずに、ひたすらに調べ、根気よく作業をしていくことになります。プレッシャーに負けず頑張れるということは重要な要素です。

『 相手のことを考えることができる 』

そこそこ兼ね備えている

翻訳は一人でする作業ですが、その翻訳された文章にはもちろん読み手がいます。自分にしか分からないような独りよがりの表現や、難しい表現はやめた方がいいです。自分だけではなく、この文章を読む人間がいるんだということを、しっかりと意識しなければなりません。

『 謙虚 』

あまり兼ね備えていない

翻訳された文章を評価するのは他人です。頑張って作り上げた文章でも、クライアントが良しと言わなければ評価はされません。相手の指摘を素直に聞き入れ、それを活かして新たな仕事に繋げる努力が大切です。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの翻訳適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0

おすすめコンテンツ

おすすめコンテンツ

ピックアップ職業適性診断

  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る