理想の就活/転職のための
自己分析サイト

商社マン適性診断|あなたは向いている人?向いてない人?

あなたは今商社マンの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい商社マンに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたの商社マン適性診断結果

あなたの適性度は56%で、商社マンの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。商社マンを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

商社マンに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.興味関心の幅が広い
2.英語力がある
3.柔軟な発想力がある
4.ビジネスの金銭感覚がある
5.調整役が得意
6.判断・決断が早い
7.人から好かれる
8.提案力がある
9.コミュニケーション能力がある
10.人を大切にする気持ちが強い
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 興味関心の幅が広い 』

あまり兼ね備えていない

商社マンには興味関心が広い人が向いています。これから売れると期待される商材を探してくることが求められるからです。興味関心の幅が広いと、他の人が気づいていない商材を見つけられる可能性が高くなります。その魅力をアピールできれば商社マンとして新しい商材を自社で取り入れることができ、大きな成果を導き出すチャンスを切り開くことができます。

『 英語力がある 』

あまり兼ね備えていない

商社マンにはグローバル視野でのビジネスを進めることが求められているため、英語力があることが重要になっています。国内だけでなく海外から商材を探すことはもはや必須になっているのが現状です。販路や市場についても海外に目を向けることが多くなったため、英語力があると力を発揮できます。他の国の言語でも活用できる可能性がありますが、商社マンとして汎用性が高いのは世界共通語と呼ばれる英語です。

『 柔軟な発想力がある 』

そこそこ兼ね備えている

商社マンには柔軟な発想力があることが大切です。マーケティングを考えて商材を検討し、どこで売るかを考えることが商社マンにとって欠かせません。売れそうだと思って調達した商材が売れなかったときに、どのような戦略を取るかを柔軟に考えられると失敗を成功に転じさせることができます。代替案をすぐに生み出せる柔軟な発想力があるのは商社マンにとって重要なポイントです。

『 ビジネスの金銭感覚がある 』

だいぶ兼ね備えている

商社マンはビジネス的な視点で金銭感覚がある人に向いています。いかに魅力的で売れそうな商材だったとしても生産コストが高すぎて値段を下げられないのでは調達する意味がないでしょう。いくらまでコストダウンができるなら売れるかといった視点を持っていると取捨選択をスムーズにおこなえます。金銭感覚が甘いと魅力的な商材を見落としたり、コストばかりかかる商材を調達したりしてしまうので肝心な感性です。

『 調整役が得意 』

十分に兼ね備えている

商社マンは橋渡し役が得意な人に向いています。商社では自社開発をせず、あくまで仲介役を担うのが特徴です。仕入と販売の間に立つケースが多いので、両方にとってメリットがある形を作り上げるのが重要になります。それぞれの立場を理解して交渉し、適切な落としどころを見つけるのが商社マンの役割です。橋渡し役として双方を正しく理解し、相互メリットを生み出す力があると活躍できます。

スポンサーリンク

『 判断・決断が早い 』

そこそこ兼ね備えている

商社マンは価値判断が早くて、契約すべきかどうかの決断を速やかに下せる人に適しています。迷っていると競合他社からオファーされてしまって自社が契約するチャンスを失うことになりかねません。価値があるかどうかを速やかに判断して、適正な金額でオファーをかけるスピーディーさが求められます。決断が早くて機会を失わない力があると商社マンとして成功できるでしょう。

『 人から好かれる 』

そこそこ兼ね備えている

人から好かれる性格を持っている人は商社マンに向いています。さまざまな企業との打ち合わせや顔合わせをしながらネットワークを広げていき、取引先の候補を見つけるのが商社マンの仕事です。人から好かれていると、営業活動をしているときに知り合った人から思わぬ情報をもらえることもよくあります。それがきっかけになって3社契約を取り付けられることもあるので、人に好かれる性格は商社マンにとって魅力的です。

『 提案力がある 』

だいぶ兼ね備えている

商社マンは提案力があると契約を取り付けやすくなります。アイデアがあったとしても誰もが納得するように提案できなければ却下されてしまうでしょう。取引先への提案だけでなく、社内に提案するときにも重要なスキルです。内容がわかりやすいだけでなく、インパクトがあってやりたいと思うような形でプレゼンテーションできることが重要になります。

『 コミュニケーション能力がある 』

そこそこ兼ね備えている

商社マンは社内でも社外でもコミュニケーションを取ることが欠かせません。コミュニケーションスキルがある人は商社マンとして活躍するための素養があります。契約を取り付けたり、社内承認を受けたりする上でもコミュニケーションは必要です。さらに、契約先のフォローアップをするときにも適切なやり取りを続けていくことが求められます。ビジネスレベルを理解してコミュニケーションを取るスキルは商社マンにとって欠かせません。

『 人を大切にする気持ちが強い 』

あまり兼ね備えていない

商社マンは人を大切にしたいと思っている人には適性があります。人と人、ビジネスとビジネスをつなぐのが商社マンの役割だからです。魅力的な人やビジネスに出会ったときに、いかにして生かすかという視点で考えると、他の人やビジネスと結びつける原動力になります。ビジネスも人が作り上げているものなので、人を大切にする気持ちがある人は商社マンとして活躍する道を切り開けます。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの商社マン適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0

おすすめコンテンツ

おすすめコンテンツ

  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る