理想の就活/転職のための
自己分析サイト

本ページはマイナビ社などの広告が含まれています

貿易事務に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今貿易事務の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい貿易事務に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

貿易事務に向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたの貿易事務適性診断結果

あなたの適性度は57%で、貿易事務の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。貿易事務を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

貿易事務に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.英語力がある
2.勉強意欲が高い
3.女性の多い職場を楽しめる
4.スケジュール調整が得意
5.細かな事務作業が苦でない
6.コミュニケーション能がある
7.協調性が高い
8.臨機応変に対応できる
9.パソコンスキルがある
10.幅広い年代の人と上手く話せる
↓事務職の転職ならマイナビがオススメ↓
\この診断を受けたい方はコチラ/
貿易事務適性診断を受ける(2分)

診断結果の解説

『 英語力がある 』

あまり兼ね備えていない

貿易事務の仕事で扱う書類の多くは英語で書かれています。それらの書類を理解して事務処理するため、貿易事務の仕事をする人には英語力が求められます。海外との交渉の際や、取引先とのメールをする際にも、英語でやりとりすることが多いです。英語が好きで、英語を使って仕事をしたいと考えている人は、貿易事務の仕事を楽しむことができるでしょう。

『 勉強意欲が高い 』

そこそこ兼ね備えている

「貿易事務」は、事務系職種の中でも専門職にあたります。覚えることが多く大変な仕事でもありますが、経験を重ねていくことで、海外との輸送のやりとりや通関書類などに関する専門知識が身についていきます。貿易事務の仕事は、長期的に働いて自分を成長させたい人や、仕事をしながら知識やスキルを身につけていきたいと考えている人に適した仕事です。

『 女性の多い職場を楽しめる 』

あまり兼ね備えていない

内勤のデスクワークは女性からの人気が高く、貿易事務の仕事の職場内は女性が多い傾向にあります。「女性が多い職場は人間関係が大変そう…」と苦手意識を持っている人には不向きかもしれません。女子高、女子大出身で女性ばかりの環境に慣れていたり、女性同士の付き合いが苦にならない人であれば、職場に適応しやすいでしょう。

『 スケジュール調整が得意 』

あまり兼ね備えていない

船積手配や出荷及び納入管理など、貿易事務の仕事には、納期がある業務が多くあります。その際に重要なのが、スケジュール調整です。一つの案件だけに取り組むのではなく、並行していくつも仕事を持っている場合が多いのですが、取りこぼしのないように各取引を遅延なく処理していかなければなりません。ミスなどにより納期を守れなかった場合、取引先に迷惑をかけることになります。それぞれの案件ごとに適切なスケジュールを組んで確実に処理していくために、貿易事務においてはスケジュール調整能力も重要視されます。

『 細かな事務作業が苦でない 』

十分に兼ね備えている

貿易事務の仕事では、たくさんの貿易書類を扱います。「Invoice」、「Packing」、「 List Bill of Leading」など英語で記載された貿易書類を、ルール通り正確に作成し送付したり、受け取ったものは内容を確認するなどします。表記が英語である上に、内容が専門的で最初は難しく感じられることが多いです。これらを一つ一つきちんと理解していって、正確に事務処理できるようにならなければなりません。こうしたこまかな事務作業が苦手な人の場合、貿易事務には不向きと言えるでしょう。また「覚えることが多い仕事は苦手…」な人にも不向きです。

スポンサーリンク

『 コミュニケーション能がある 』

だいぶ兼ね備えている

輸出、輸入の手配をする仕事には、多くの人が関わります。取引先や輸送業者などと調整しなければならないことが多いため、コミュニケーションスキルが必要になります。貿易事務の仕事で関わる人は、日本以外の海外の人である場合も多いです。言語や文化が違う人が相手である場合、不安になることもあるでしょう。特別高いコミュニケーションスキルがなくても、物怖じせずに意見を伝えることができ、また相手方の話をしっかりと聞くことができる基本的なコミュニケーション能力があれば、貿易事務の仕事の素養があると言えます。

『 協調性が高い 』

十分に兼ね備えている

各会社によっても異なりますが、貿易事務の仕事はチームで仕事を進めるというケースが多いです。そのため、「私は一人で黙々と仕事をするのが好き」という人には不向きでしょう。チームワーク良く仕事をするためには、「ホウレンソウ」(報告、連絡、相談を素早くする)という仕事上の基本を守ることが大切です。そのほかにも、ミスをしてしまったら素直に謝罪する、協力してもらったときには感謝の気持ちを述べるなど、周囲の人との関係を大切にできる人であれば、貿易事務の仕事を楽しめるでしょう。

『 臨機応変に対応できる 』

そこそこ兼ね備えている

貿易事務の仕事の一つに輸送手配がありますが、天候などの状況により輸送が遅れてしまうことがあります。このようなイレギュラーなことが起きた際にも冷静に対応する能力が求められます。少しのトラブルでパニックになりやすいという人には不向きと言えます。輸送が遅れることが分かった時点でスケジュールを再調整したり、お客様に代替案を提案するなどして、影響が大きくならないようにしなければなりません。こうした冷静な対応ができる人は、貿易事務の仕事の現場で重宝されるでしょう。

『 パソコンスキルがある 』

十分に兼ね備えている

貿易書類を作成する際に、専用のソフトを使用している会社もあります。ワードやエクセルなどの基本ソフトであれば使える人も多いでしょう。貿易事務の仕事で使用するパソコンソフトは専用のものになりますので、未経験の場合は覚えなければなりません。使ったことがないパソコンのソフトであっても意欲的に学んで使いこなせる人は、貿易事務の仕事に向いていると言えます。

『 幅広い年代の人と上手く話せる 』

だいぶ兼ね備えている

貿易事務の仕事は、経験があれば仕事が見つかりやすい傾向にあります。産休や育休でしばらく仕事を離れていた人であっても、経験を活かして再就職する人もいます。また、知識や経験を深めていって長く働く人も多いため、貿易事務の職場では幅広い年代の人が働いています。「あまりにも年上の人は苦手…」というような人には向いているとは言えません。貿易事務の仕事は、ともに仕事をする様々な世代と良好な人間関係を築くことができる人に向いています。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの貿易事務適性診断結果シェア画像

《 事務職で評判の良い転職サービス3選 》

事務職での転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

リクルートエージェント

└業界最大手で転職支援実績No.1

\この診断を受けたい方はコチラ/
貿易事務適性診断を受ける(2分)

この適正診断テストでわかること

  • 貿易事務に向いているか向いていないか
  • 貿易事務の職業適性度
  • 貿易事務に必要な10の資質
  • 解説で貿易事務に必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか

貿易事務とは?

貿易事務とはどんな仕事を行うのかというと、輸出や輸入等貿易に関わる企業で事務職等を行う職業です。

専門性が高く語学力も必要なのが特徴です。

詳しく仕事内容を見てみると、まず貿易書類の作成や確認等を行います。

特に海外と商品やサービスの取引を行う場合、文化も言語も商習慣も異なる為、代金の支払いや商品の納入が上手くいかなかったりする事も珍しくありません。

そこで大切なのが書類の作成と手続きです。

きちんと商品の数量や価格、取引条件等を形に残す事でリスクを最小限に抑える事が出来る為、非常に重要な仕事となります。

また出荷や輸送それから通関等の手配を行うのも貿易事務の大切な仕事の1つです。

他にも受注した品物の量や納期のデータをパソコンに入力したり、工場や倉庫の在庫量をチェックしたりする出荷、納入管理等も行います。

貿易事務になるには?

貿易事務の仕事に就くにはどうすれば良いかというと商社やメーカー、海運業界や航空業界、それから倉庫業界に通関業者等に就職すると良いです。

学歴は特に不要ですが、有名企業によっては大卒以上という条件を出している所も少なくないので、大企業や有名企業で貿易事務の仕事に就きたいのであれば大学は出ていた方が良いです。

また貿易事務になるのに特別な資格も特にありません。

ただ輸出入の時に生じる税関手続きの為の国家資格である通関士や、貿易実務の専門家としてのレベルを測る資格の貿易実務検定試験、それから英語系の資格もあると面接官の印象も良くなるので、持っていないよりは持っていた方が良いです。

貿易事務の給料・年収

貿易事務の平均年収はどれ位かと言うと、複数の調査によると、企業や働く地域によっても異なりますが大体平均で360~440万円程です。

新卒の初任給だと月収は20万円程が相場となっています。

詳しく年代別に見てみると、20代の平均年収は約280~330万円、30代になると280~390万円になり、40代では320~500万円程になります。

さらに50代だと420~530万円、60代は定年の影響もあり250~520万円と幅広くなっているのが特徴です。

つまり20代は年収が低めですが、経験を積んだ30代になると次第に上がり始め、管理職になると年収500万円も超えていき、大企業では最終的に1000万円を超える事もあります。

貿易事務の就職・転職先(求人)

貿易事務の就職先はどういう所があるかと言うと、商社やメーカーに通関業者、船会社や航空会社、それから倉庫業界や荷主と輸送業者の間の仲介業者等色々あるのが特徴です。

貿易事務で得た知識や経験を活かしながら転職したい場合は、税関への輸出入申告等の通関手続きを行う通関士や、海外の取引先との交渉経験で得た能力を最大限に活かせるバイヤー等があります。

それから国内外の色々な人と調整や交渉をしてきた力を活かせる営業職も、貿易事務の転職先として向いていますし、他にも海外の取引先とのやり取りで鍛えられた英語力を活かして、外資系企業に転職するという選択肢もあります。

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0