理想の就活/転職のための
自己分析サイト

陸上選手に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今陸上選手の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい陸上選手に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたの陸上選手適性診断結果

あなたの適性度は31%で、今の時点では陸上選手の仕事に向いているとは言えないようです。陸上選手を目指したい場合は、まず診断結果の詳細を読み込んで必要な資質を理解するようにしましょう。自分に足りない部分がわかったら、あとは一つづつ克服していけるよう努力あるのみです。

陸上選手に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.運動神経の良さに自信がある
2.地道なトレーニングを楽しめる
3.自分自身を優しく受け止められる
4.主体性や積極性がある
5.チームメンバーとして協調性がある
6.ネットを上手く使うのが得意
7.ストイックになれる
8.英語ができる
9.負けず嫌いな性格
10.人のアドバイスを素直に聞ける
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 運動神経の良さに自信がある 』

そこそこ兼ね備えている

陸上選手には、運動神経の良さが必要です。物心が付いた頃から自然と体を動かす事が好きだったり、学生時代の運動会では常に一位だったり、そういったエピソードがある方に向いています。子供の頃から特に熱心に練習しなくても、なぜか徒競走で良い成績が取れたり、体育の教師から褒められた経験が多かったり、ずっと陸上部で走る事が好きで大会で好成績を出していた、このような経験を持っていれば陸上選手に向いています。

『 地道なトレーニングを楽しめる 』

あまり兼ね備えていない

陸上競技のトレーニングは、地道な練習の繰り返しでもあります。黙々と走り込みを続けたり、体力作りのために淡々とトレーニングを行ったりと、派手な作業ではありません。実際問題としてマンネリ感は否めず、ルーチン化されたトレーニングを飽きずに楽しく続けられるスタンスが必要です。特にプロを目指すなら膨大な量の筋トレや走り込みが必要であり、飽きずにルーティンワークを続けられるモチベーション維持のスキル、マンネリが平気な性格などが要ります。

『 自分自身を優しく受け止められる 』

あまり兼ね備えていない

トレーニングを続ける上で、いわゆるスランプは付き物です。急に良い成果が出なくなったりトレーニングへの意欲が減ったり、なんだか陸上競技に関心が無くなってしまったりと、そういった苦しい時期をいかに乗り切れるか、これが鍵となります。スランプ脱出に向けて、どうすれば良いか落ち着いて対応する事が大切です。調子が悪くなった自分を受け止める姿勢、一時的にしろダメになった自分を優しく労わる胆力などが、プロの陸上選手を目指す上では必要となります。

『 主体性や積極性がある 』

兼ね備えていない

現代のプロアスリートには、主体性が求められます。コーチやトレーナーの言う通りにただ練習に取り組めば良い、という事はなく選手自身が積極性を持って、練習に打ち込まなければいけません。時にはコーチやトレーナーに対して自分の率直な意見を伝えたり、場合によっては別の案を提案する等、自分を貫く姿勢が必要です。お互いに意見を交換する事で、より実情にあったトレーニングへブラッシュアップ出来たり、双方が見落としていたポイントに気付ける等、両者が積極性を出した方がより良い結果になります。

『 チームメンバーとして協調性がある 』

そこそこ兼ね備えている

陸上競技の中には、いわゆる個人競技が少なくありません。文字通り自分一人で臨む競技も多々ありますが、チームに所属する以上、協調性は常に求められます。普段のトレーニングはもちろん、場合によっては皆で合宿に行ったり、大会出場のために遠出する事もあります。チームの輪に馴染めた方が快適に練習に励めますし、和気あいあいとした雰囲気で過ごせた方が合宿中や遠征中、競技に集中出来ます。先輩にはリスペクト、後輩には丁寧なサポート、所属する組織のルールはしっかりと守り、メンバーと仲良くするために交流の場には積極的に参加する等、協調性を意識した生活習慣は大事です。

スポンサーリンク

『 ネットを上手く使うのが得意 』

そこそこ兼ね備えている

陸上競技を目指す上でネットが上手く使える事はアドバンテージになります。ネット上には日々様々な情報がアップされており、陸上のトレーニングに役立つデータやノウハウ等も探せます。特に近年では実際のトレーニング風景がリアルにチェック出来るSNSや動画サイトがあり、こういったコンテンツに触れれば自主練を続ける時に良い刺激になります。海外の選手やトレーナーとSNSを通じて交流したり、自主練に役立つ電子書籍を購入したりと、パソコンスキルはアスリートにとっても重宝します。

『 ストイックになれる 』

そこそこ兼ね備えている

陸上選手として良い成果を出すためには、ある種のストイックさが重要です。大切な試合に向けて、時には自分を追い込むような過酷なトレーニングを続けないといけません。自分のコンプレックスに向き合い、苦手分野や弱点を克服するために辛い練習を長期間にわたり続けないといけません。食事に人一倍気を付けたり、チームメンバーに合わせてライフスタイルを変えたり、場合によっては若者らしい活動や大好きな趣味を我慢したりと、一時的にしろストイックな暮らしを送る必要があり、それに耐えられる姿勢が必要です。

『 英語ができる 』

兼ね備えていない

プロのアスリートを目指す上で英語力はあった方が、後々助かります。世界的な陸上大会に参加する際は、やはり英語が読めたり、海外の人々と英会話でコミュニケーションが出来た方が便利です。海外のWEBサイトが読めたり、英文の注意書きやルールがすんなり分かれば安心出来ます。

『 負けず嫌いな性格 』

そこそこ兼ね備えている

負けん気の強さが、陸上選手にとって大事です。良い意味でのプライドが重要であり、この競技については誰にも負けたくないというモチベーションがあった方が、ここ一番でのパフォーマンスが発揮し易いです。

『 人のアドバイスを素直に聞ける 』

そこそこ兼ね備えている

悪いところを他人から指摘された時、素直にそれを受け取って改善する素直さが要ります。「でも、だって」等と言い訳せずにアドバイスはストレートに受け取り、弱点を素早く改善した方が陸上競技の成果は挙がりやすく、ベテランになってからでも自分の欠点に気付きやすくなります。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの陸上選手適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る