理想の就活/転職のための
自己分析サイト

ツアーオペレーターに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今ツアーオペレーターの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいツアーオペレーターに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたのツアーオペレーター適性診断結果

あなたの適性度は46%で、ツアーオペレーターの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。ツアーオペレーターを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

ツアーオペレーターに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.英語力があり語学が好き
2.異文化に理解がある
3.交渉力がある
4.コミュニケーション力がある
5.情報収集力がある
6.細かい作業が好き
7.きめ細やかな対応ができる
8.人のために努力を惜しまない
9.逆境でも前向きに対応できる
10.正確に素早くパソコン入力できる
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 英語力があり語学が好き 』

あまり兼ね備えていない

ツアーオペレーターは仕事で海外の現地スタッフとやり取りします。日本語がわからないスタッフも多いため、最低限、英語でコミュニケーションできる力が必要です。また、取引先が英語圏とは限らないため、英語に限らず語学が好きで積極的に学ぶ姿勢のある人が向いています。現地スタッフとのやり取りがスムーズに行えることで、大きな仕事を任せてもらえたり海外勤務が実現したりといったステップアップに繋がりやすいでしょう。

『 異文化に理解がある 』

十分に兼ね備えている

外国人とやり取りすることが多い仕事であるため、日本の慣例や常識が通用しないことが多くあります。国ごとに歴史・宗教・マナー・価値観などは千差万別。こちらとしては良かれと思った言動でも、相手は全く違う意味にとらえていたなど、ちょっとしたすれ違いが大きなトラブルに発展してしまうこともあるのです。そのため、相手の国の文化に興味を持ち、しっかりと理解したうえで適切な対応を心がけることができる人が求められます。

『 交渉力がある 』

十分に兼ね備えている

ツアーオペレーターは、旅行会社と現地スタッフとの間に立ち、交渉・調整するのが仕事です。現地スタッフとは、旅行者の要望を踏まえて宿泊先・交通・料金などについて交渉し、ちょうどよい着地点を見つけます。また、旅行会社とは、要望に添えないことなどがあれば相手が納得できるような説明をする必要があるでしょう。交渉をうまくまとめるには、交渉相手それぞれの立場や背景を理解して冷静に対応することが大切です。このように、立場の違う相手と交渉して適切に調整できる人が求められます。

『 コミュニケーション力がある 』

あまり兼ね備えていない

旅行会社や現地スタッフとうまく交渉するには、コミュニケーション力が欠かせません。交渉相手に伝えるべきことをきちんと伝えなかったり、相手の言うことをしっかりと受け止めなかったりしては、交渉どころではなくなってしまいます。特に現地の対応先はさまざまで、状況もその時によって変化します。そのため、臨機応変にコミュニケーションできることが重要です。また、円滑に仕事を進めるためには、常に気持ちの良いコミュニケーションを心がけることも大切です。

『 情報収集力がある 』

あまり兼ね備えていない

円滑なコミュニケーションで交渉を成功させるには、必要な情報をしっかりと集め把握しておくことが大切です。例えば、現地の気候・政治情勢・治安・注意点・ルールなど、まずは自分が知っておかないと全て相手の言いなりにせざるを得ません。それでは、安心してその旅行に参加できなくなってしまいます。そのため、インターネット・テレビ・新聞など現地のものも含めたさまざまな媒体から、最新の情報を正確に収集して理解する必要があるのです。

スポンサーリンク

『 細かい作業が好き 』

兼ね備えていない

ツアーオペレーターの仕事には、交渉だけでなく細かい作業も多くあります。努力して交渉がうまくいき調整できたとしても、手続きにミスがあれば、それが些細なものでも全てが台無しになってしまう可能性もあるでしょう。作業完了まで手続きの細かい部分にまで細心の注意を払えるか、作業後は隅々までしっかりとチェックできるかなど、全てにおいて最後まで責任感をもってやり遂げられるかどうかは重要ポイント。そのため、細かい作業が好きな人のほうが向いているでしょう。

『 きめ細やかな対応ができる 』

兼ね備えていない

ツアーオペレーターは、きめ細やかな対応ができるかどうかも重要です。一人旅ツアーが増えるなど旅行者の要望は年々多様化しています。もしもこうした個々の要望に丁寧に応えてくれて、痒いところに手が届くように対応してもらえたら、クライアントはぜひ次もまた頼みたいと考えます。また、きめ細やかな気配りをすることで、現地スタッフの協力も得やすくなります。交渉もうまく進み、クライアントからもさらに高評価を得ることになるため、全体として円滑に仕事を進められるでしょう。

『 人のために努力を惜しまない 』

あまり兼ね備えていない

ツアーオペレーターの仕事は、旅行者が安心して快適に旅行を楽しむために準備する仕事。ただし、旅行者とツアーオペレーターが直接やり取りすることはなく、あくまでも旅行会社が間に入ります。ツアーオペレーターは、顔を見ることのない旅行者を思い描き想像しながら適切にサービスすることになるのです。そのため、人を思いやる心を持ち、人の役に立つことに喜びを感じる人や人のために努力を惜しまないサービス精神旺盛な人が向いています。

『 逆境でも前向きに対応できる 』

だいぶ兼ね備えている

気候・社会情勢・災害など現地の状況は刻々と変化します。また、クライアントの要望や都合が急に変わることもありえます。なかなか調整が進まなかったりあと少しのところで計画が白紙に戻ってしまったりすることもあるでしょう。何かを調整する際にアクシデントはつきもの。一つひとつに落ち込んでいては仕事になりません。そのため、たとえ希望が叶えられなかったり思うような方向に進まなかったりした場合でもマイナスに捉えることなく、そこからまた別のベストな方法を見つけていくなど前向きに対応できる人が向いています。

『 正確に素早くパソコン入力できる 』

十分に兼ね備えている

ツアーオペレーターは、ツアーに関する情報をパソコンに入力します。データ入力でミスしてしまうと大きなトラブルにつながり、旅行者・旅行会社・現地スタッフとさまざまな人に迷惑をかけることになってしまいます。また処理する情報量が多く、正確に素早く入力することが求められます。データ入力だけでなくさまざまな場面でパソコンを使用するため、Word・Excel・Eメールの送受信など基本的なパソコンスキルは身に付けておいた方がよいでしょう。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのツアーオペレーター適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る