理想の就活/転職のための
自己分析サイト

本ページはマイナビ社などの広告が含まれています

ツアーガイドに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今ツアーガイドの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいツアーガイドに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

ツアーガイドに向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたのツアーガイド適性診断結果

あなたの適性度は49%で、ツアーガイドの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。ツアーガイドを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

ツアーガイドに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.旅行が苦にならない
2.暗記が得意
3.知識を吸収するのが好き
4.何事も冷静に対処できる
5.スケジュール通りに行動できる
6.接客ができる
7.察する能力が高い
8.英語を話せる
9.乗り物酔いをしない
10.得意な分野がある
スポンサーリンク
\この診断を受けたい方はコチラ/
ツアーガイド適性診断を受ける(2分)

診断結果の解説

『 旅行が苦にならない 』

あまり兼ね備えていない

あちらこちらに旅行を繰り返すのがツアーガイドの仕事となります。毎日自分の家に帰らずとも大丈夫で、いろいろなところに旅行するのが好きならツアーガイドは向いている職業だといえるでしょう。ただし、同じところに何回も訪れる可能性が高いので、それが苦にならないのも向いている条件だといえます。

『 暗記が得意 』

だいぶ兼ね備えている

さまざまな名所や観光地を案内することになるツアーガイドは、それらに関するたくさんの知識が必要となります。もちろん、カンニングペーパーを見ながら話すことはできないので、すべて頭に入れておかなければいけません。つまり、暗記が得意な方は名所や観光地の知識を頭に入れやすいため、ツアーガイドに向いているといえるでしょう。

『 知識を吸収するのが好き 』

あまり兼ね備えていない

観光ガイドブックに載っている情報を丸暗記し、説明をしたとしてもお客様に喜んでもらえるとは限りません。なぜならば、そのような情報はインターネットを使うだけで、お客様も簡単に手に入れられるからです。そのため、観光ガイドブックやインターネットには載っていないような情報を調べて、知識として吸収するのが好きな方はツアーガイドに向いています。知識がたくさんあれば、お客様から質問されたことにも的確に答えられるので、一緒に行動していて頼もしいと思ってもらえるツアーガイドになれるでしょう。

『 何事も冷静に対処できる 』

そこそこ兼ね備えている

ツアーに参加してくれたお客様は、全員が聖人君主というわけではありません。中にはクレームを付けてきたり無理難題をふっかけてきたり、問題行動をとる人物もいます。そのような方に対して、忍耐強く的確に対応するための強い心が必要になります。問題人物がトラブルを起こしてしまうとツアーが止まってしまい、ほかのお客様に迷惑をかけてしまう可能性もあるでしょう。高い対処能力があれば、そのような状況を招かずにツアーをスムーズに進められます。

『 スケジュール通りに行動できる 』

あまり兼ね備えていない

ツアーでは綿密なスケジュールが組まれており、それを実行することで無事に終わらせることができます。常日頃のスケジュール管理が得意で遅れがでたり早くなったりすることがない方なら、ツアーガイドとして活躍できるでしょう。ただ、予期せぬトラブルでスケジュールが狂うこともありますので、再調整する力も必要となります。

スポンサーリンク

『 接客ができる 』

十分に兼ね備えている

ツアーガイドというのは、名所や観光地をガイドしておけばよいというものではありません。お客様から何かしらの要望があり、それに応えなければいけないので接客能力も必要になります。旅行という特別な環境で少々テンションが上がっているお客様もいるため、普通のお店での対応とはまた違った接客能力が必要です。ちなみに、楽しませる話術もあればお客様の満足度をアップできるので、より完璧なツアーガイドを目指せます。

『 察する能力が高い 』

兼ね備えていない

お客様の全員が、希望を言ってくれたり不安なことを言葉にしてくれるわけではないです。そのようなお客様にも快適に旅をしてもらうためには、察する能力が高い方がよいです。顔色や行動などを見て何をして欲しいか察することができれば、すべてのスケジュールが終わったあと、ツアーに参加して本当によかったと思ってもらえるでしょう。

『 英語を話せる 』

十分に兼ね備えている

日本で日本人相手にツアーガイドをするときは、当たり前ながら日本語しか必要ありません。しかし、海外へ行ったり外国人を相手にしたりする場合は、日本語だけでは不十分だといえるでしょう。その場合、日本語以外の言語が必要ですが、やはり英語が一番役に立ちます。世界共通語でさまざまなところで学習されているため、使える方が多いからです。従って、もしもこれからツアーガイドになろうとして海外の言葉を学ぼうとするときは、英語を選ぶようにしましょう。

『 乗り物酔いをしない 』

兼ね備えていない

ツアーガイドは現地で案内をするだけではなく、バスなどの乗り物の中でも案内をすることになります。そのため、乗り物酔いをしない方は、ツアーガイドに向いている体質だといるでしょう。なお、話しながらだったり後ろを向きながらだったり、普通とは違う乗り方をする場合もあります。普通の状況では大丈夫でも特殊な状況では酔ってしまうケースもあるので気をつけましょう。ただし、最初は駄目だったとしてもツアーガイドをしていれば、だんだんなれて酔わなくなるケースもあります。

『 得意な分野がある 』

十分に兼ね備えている

例えば、自然遺産など一つの分野に特化したツアーもあります。もしも、何か得意とする分野があるなら、より専門的な知識を披露できるツアーガイドになれるでしょう。ただし、得意な分野に関わりたいときは、それのツアーをやっているところをリサーチしてから就職先を決めなければいけません。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのツアーガイド適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

1位 マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

2位 doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

3位 リクルートエージェント

└業界最大手で転職支援実績No.1

\この診断を受けたい方はコチラ/
ツアーガイド適性診断を受ける(2分)

この適正診断テストでわかること

  • ツアーガイドに向いているか向いていないか
  • ツアーガイドの職業適性度
  • ツアーガイドに必要な10の資質
  • 解説でツアーガイドに必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか

ツアーガイドとは?

ツアーガイドとはツアーに参加している人たちにより楽しく、有意義な時間を過ごしてもらえるように案内をする職種です。

バスや電車、飛行機などのツアーの添乗員として同行して、参加者の安全管理と旅行を楽しむための情報や余興を提供しています。

ツアーガイドはツアー参加者が簡単にツアーを楽しめるようにするためのさまざまな対応をするのが特徴です。

集合場所に早めに到着してわかりやすくしたり、ツアーの流れを紹介したり、各所でツアー参加者が困っていないかを確認したりするのもツアーガイドの役割で、顧客満足度を上げるのに重要な貢献をしています。

ツアーガイドになるには?

ツアーガイドになるには資格がなくても問題はありませんが、担当するツアーによっては資格があると有利になる場合もあります。

海外ツアーでは現地語を話せるスキルがあると有利です。

英語圏ならTOEICやTOEFLのスコアが高かったり、英検で高い給を取得していたりすると有利です。

アジアやヨーロッパなどへのツアーでは現地語のスキルがわかる資格があれば優遇されます。

海外のツアーガイドは大学の国際学科や英文学科、仏文学科などの語学系の学科から就職している人が多くなっています。

しかし、国内の場合には特に学科にかかわらず就職している人がたくさんいるので特に学歴を問わずに希望できる職種です。

ツアーガイドの給料・年収

ツアーガイドの平均年収は国内担当か海外担当か、バスツアーガイドかフライトツアーガイドかといったさまざまな点で違いがあります。

ツアーガイド全体についてのまとまった統計データはありませんが、求人サイトや派遣会社などによる情報を基にすると350万円~400万円くらいが平均年収です。

ツアーガイドの給料制度は勤め先によって違うので注意した方が良いでしょう。

正社員であれば基本給が定められているのは同じです。

ただ、手当やインセンティブとして担当したツアーの件数や日数によって追加報酬を受けられることも多いので、働いて活躍するほど年収が上がる職場もあります。

ツアーガイドの就職・転職先(求人)

ツアーガイドの働き先としては旅行会社とバス会社が主流です。

ツアーを企画運営するのは旅行会社がほとんどで、自社で企画したツアーを滞りなく進められるようにツアーガイドを雇用していることが多くなっています。

一方で、バス会社としては旅行会社から依頼を受けてツアーに対応する際にツアーガイドを出せると有利なので人材を確保しているのが一般的です。

どちらもツアーに参加する際の所属先が違うだけで、ツアー中に担う役割には違いがありません。

ツアーガイドはツアーの企画をする旅行会社でもツアーを担うバス会社でも活躍できるのが魅力です。

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0