理想の就活/転職のための
自己分析サイト

テラー(金融機関窓口業務)に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今テラー(金融機関窓口業務)の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいテラー(金融機関窓口業務)に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

テラー(金融機関窓口業務)に向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたのテラー(金融機関窓口業務)適性診断結果

あなたの適性度は44%で、テラー(金融機関窓口業務)の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。テラー(金融機関窓口業務)を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

テラー(金融機関窓口業務)に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.どんなときも笑顔で応対できる
2.几帳面な性格
3.人から見て美しい所作ができる
4.人と話すのが好き
5.身だしなみがきちんとしている
6.クレームにも動じず冷静に対処できる
7.数字に強い
8.忙しくても淡々と仕事をこなせる
9.コミュニケーションを取るのが得意
10.わかりやすい説明ができる
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 どんなときも笑顔で応対できる 』

そこそこ兼ね備えている

テラー(金融機関窓口業務)は、金融機関の窓口で直接お客様と接する仕事です。窓口での手続きの最中、笑顔なしで淡々と対応してしまえば、クレームが入ってしまう可能性が高いです。人間誰しも気分の浮き沈みはあるものですが、業務を行っている間は「仕事中」とはっきり割り切り、どんなときでも営業スマイルを作ることができる人が向いています。

『 几帳面な性格 』

そこそこ兼ね備えている

銀行は、多額のお金を取り扱う場です。お客様からお預かりしたお金を取り扱う以上、できるだけミスがないようにしなければなりません。大雑把な性格の持ち主よりは、細かいことに注意を払って確実に作業を完了させることができる几帳面な性格の方のほうがテラー(金融機関窓口業務)には向いています。

『 人から見て美しい所作ができる 』

あまり兼ね備えていない

金融機関の窓口業務では、お客様と受け渡しを行う通帳や現金を入れるトレイの出すタイミングや出し方などの所作がとても大切です。また、お札を数える仕草、書類の出し方など一つ一つの所作が注目されます。丁寧で美しい所作を行うテラー(金融機関窓口業務)は、見る人の目を惹き付けるだけでなくお客様に安心感を与えることができます。

『 人と話すのが好き 』

あまり兼ね備えていない

テラー(金融機関窓口業務)は老若男女様々な方と話す機会があります。自分が担当している馴染みの顧客以外にも一般で来店される方も多くいます。人と話すのが好きで、初対面の方と話すことに苦手意識が無い方の方が向いています。また、金融機関には様々な方が訪れるため、お客様の立場にあった柔軟な対応をすることが求められます。

『 身だしなみがきちんとしている 』

兼ね備えていない

シワや汚れがない制服を着ている、派手はアクセサリーをつけていない、爪が伸びすぎていない、メイクが濃すぎないなど、身だしなみがきちんとしている人は、仕事もきちんとしている印象を与えることができます。テラー(金融機関窓口業務)は金融機関の顔とも言える存在なので、清潔感がとても大切です。お客様に安心感を与え、この人にならお金を預けても安心と思ってもらう必要があります。

スポンサーリンク

『 クレームにも動じず冷静に対処できる 』

そこそこ兼ね備えている

お金を取り扱う金融機関では、クレームは日常茶飯事に起こります。テラー(金融機関窓口業務)がクレーム対応をする機会が多いため、お客様のお怒りの言葉を冷静に対処できるスキルとメンタルが必要になります。また、明らかに金融機関側の不手際が原因のクレームもありますが、中にはお客様が勘違いしているだけのこともあります。クレームの原因をしっかりと見極め、しっかりと説明することが求められます。最初からクレームに動じずに対応できるという方は少ないかもしれませんが、テラー(金融機関窓口業務)の経験を積むうちにメンタルが鍛えられます。

『 数字に強い 』

そこそこ兼ね備えている

窓口が開いている時間帯のテラー(金融機関窓口業務)の仕事は、入出金のお札や小銭を数える作業が主ですが、金融機関の窓口がしまったあとは現金勘定が合っているかの確認作業を行っています。計算が苦手な人でも作業自体は回数をこなせば慣れるので、テラー(金融機関窓口業務)に向いていないということではありませんが、金融機関の業務は数字を常に扱っているため数字に強いほうが有利です。

『 忙しくても淡々と仕事をこなせる 』

十分に兼ね備えている

所作が美しくゆったりとした動作のテラー(金融機関窓口業務)は、周囲にゆとりを与える存在です。しかし、窓口が開いている時間帯、閉まっている時間帯に関わらず、テラー(金融機関窓口業務)は常に忙しく業務を行っています。業務の忙しさに振り回されることなく、物事を順序づけて淡々と仕事をこなしていくことができる人は、お金を預けてもいいという安心感を感じさせてくれるため、テラー(金融機関窓口業務)に向いています。

『 コミュニケーションを取るのが得意 』

そこそこ兼ね備えている

いくら仕事ができる人でも、1人でテラー(金融機関窓口業務)を行っているわけではありません。ミスを防ぐためにお金の入出金作業や通帳記入などを行うときには自分以外の他の行員に確認してもらってからお客様へお返しするというルールをほとんどの銀行が設けています。周囲のスタッフとの連携をスムーズに取れる人の方がテラー(金融機関窓口業務)に向いているといえます。

『 わかりやすい説明ができる 』

あまり兼ね備えていない

テラー(金融機関窓口業務)の仕事は、出入金の管理や通帳の記帳だけではありません。金融機関がなにかキャンペーンなどを行っているときは、窓口に訪れたお客様にキャンペーンの説明をしなければなりません。お客様によって年齢や性別、パーソナリティが異なるため、お客様に合わせて説明する必要があります。また、お客様によってははっきり自分の要望を口に出す方もいますが、はっきりとは言わない方もいます。言葉の裏に隠された意図を正確に読む力を持っている方はテラー(金融機関窓口業務)に向いています。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのテラー(金融機関窓口業務)適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

この適正診断テストでわかること

  • テラー(金融機関窓口業務)に向いているか向いていないか
  • テラー(金融機関窓口業務)の職業適性度
  • テラー(金融機関窓口業務)に必要な10の資質
  • 解説でテラー(金融機関窓口業務)に必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか
アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る