理想の就活/転職のための
自己分析サイト

テレフォンオペレーターに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今テレフォンオペレーターの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいテレフォンオペレーターに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたのテレフォンオペレーター適性診断結果

あなたの適性度は58%で、テレフォンオペレーターの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。テレフォンオペレーターを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

テレフォンオペレーターに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.コミュニケーション能力がある
2.要点をまとめるのが得意
3.敬語や電話マナーを身に着けている
4.気配り能力が高い
5.臨機応変な対応が得意
6.柔らかな物腰で話すことができる
7.一度に2つのことを同時進行できる
8.扱う商品に関して意欲的に学べる
9.受け流しが上手くメンタルが強い
10.几帳面な性格
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 コミュニケーション能力がある 』

そこそこ兼ね備えている

テレフォンオペレーターは話す内容もターゲット層もさまざまです。どんなときでも電話口の相手に対して、気持ち良く受け答えしなければなりません。お客さまの性別年齢に関わらず、コミュニケーションを上手に取ることが何より基本になります。忙しさやイライラなどをお客さまに見せてしまっては、オペレーターとして失格です。またこちら側の話ばかりでなく、お客さまの気持ちに寄り添ったり考えを聞いたりする姿勢も必要です。コミュニケーションがあることは、テレフォンオペレーターとして働くにあたって不可欠と言えます。

『 要点をまとめるのが得意 』

そこそこ兼ね備えている

電話の向こうのお客さまは何かと多忙です。電話にばかり長い時間を割いてもらうのも迷惑になってきます。そこで大切になるのが、できるだけ要点をまとめて伝える能力です。あれもこれも喋り過ぎると、何が言いたいのか相手も分かりにくいです。さらに時間もかかってイライラするお客さんもいるでしょう。勿論企業によって、テレフォンオペレーターが話すべきマニュアルはだいたい決まっていることも多いです。とは言え人間が相手なので、マニュアル通りに行くとは限りません。話が脱線したときもうまくまとめて、必要事項を伝えることが重要です。言いたいことやポイントをまとめる力が求められます。

『 敬語や電話マナーを身に着けている 』

だいぶ兼ね備えている

テレフォンオペレーターに必須とも言える能力は、電話マナー力です。敬語の使い方は勿論のこと、電話の切り方やお待たせするときのマナーなどいろいろと気を付けなければならない事項があります。それらを身に付けている人であれば、スムーズに仕事ができます。そしてお客さんからのクレームも減るでしょう。会社では電話マナーの研修もありますが、元々礼儀作法やマナーがある人はテレフォンオペレーターとして早く成長していけます。

『 気配り能力が高い 』

あまり兼ね備えていない

テレフォンオペレーターには気配りや思いやりも重要です。シニア層がターゲットの仕事も多く、その場合高齢でも聞き取りやすいように気遣いしながら話さなければなりません。相手に聞こえやすいように大きな声でゆっくりと話すなどの気配りが必要です。また分かりにくいキーワードに関しては説明を加えるなど、相手が理解できるように工夫します。気配りができる人はテレフォンオペレーターとして活躍できます。

『 臨機応変な対応が得意 』

そこそこ兼ね備えている

テレフォンオペレーターの仕事は、相手との電話の中ですべて判断して仕事を完了させなければいけません。顔は見えませんが人と接する仕事であり、何が起こるかも分からないわけです。そんな中で必要なのが、臨機応変で冷静な対応です。例えばお客さんから商品に関する難しい質問を受けることもあります。そのときにパニックになったり曖昧な嘘の回答をしたりすると、会社の信用を失ってしまいます。いざというときに、「一度電話をお切りして方法を確かめて、再度折り返しお電話させていただきます」などと適切な対応をすることが大事です。そこでどのようにするべきかは、オペレーターの判断になります。判断力や臨機応変な対応力がある人は向いています。

スポンサーリンク

『 柔らかな物腰で話すことができる 』

十分に兼ね備えている

ベテランのテレフォンオペレーターは、電話口で柔らかい穏やかな物腰で話せます。言い方がきつかったり強い口調過ぎたりすると、お客さんは不快に感じる人もいます。オペレーター側は特に怒っているつもりでなくとも、何か機嫌が悪いように感じられてしまうこともあるでしょう。そうなるとクレームが発生してしまいます。研修で電話の口調も学びますが、普段から物言いが優しい人はテレフォンオペレーターが適職と言えます。また聞きやすい声であることも適性です。

『 一度に2つのことを同時進行できる 』

そこそこ兼ね備えている

テレフォンオペレーターの仕事の多くは、電話をしながら端末に打ち込む作業があります。ただ喋れば良いわけではなく、メモを取ったりパソコンをいじったりやることはたくさんあります。つまり電話とほかの作業を同時進行する場面が多くなるのです。そして端末入力にミスがあってもいけません。同時に2つのことを進行できる人は、テレフォンオペレーターに適しています。

『 扱う商品に関して意欲的に学べる 』

十分に兼ね備えている

テレフォンオペレーターは商品を説明しなければなりません。その際に、扱う商品についての知識があることは何よりの基本です。お客さんによっては、商品についてより深く聞いてくる人もいるでしょう。そのときにあたふたしてしまっては、仕事になりません。商品知識は勿論会社から説明がありますが、学ぼうとする力がなければ頭に入らないものです。商品を学ぶ力や意欲があること、勤勉さが必要です。

『 受け流しが上手くメンタルが強い 』

そこそこ兼ね備えている

お客さんにもいろいろな人がいるので、時には理不尽なことで怒られる場合もあります。機嫌が悪いときに電話で当たられる可能性もあるでしょう。順調に会話ができないときに、いちいち落ち込んでいては仕事になりません。きついことを言われたとしても、上手に流すことができることは大切です。そして気持ちを切り替えて、次へと進む必要があります。こうした受け流す力やメンタルの強さは、テレフォンオペレーターになくてはならない能力です。

『 几帳面な性格 』

兼ね備えていない

テレフォンオペレーターは電話で自由に喋る仕事とは少し異なります。決められたマニュアル規定はきちんと守ることが基本です。電話しながら行う端末入力は、ミスしては大変です。マニュアルをきちんと読んでミスなく事務作業も行える几帳面さが欠かせません。性格が几帳面なタイプは、テレフォンオペレーター向きです。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのテレフォンオペレーター適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る