理想の就活/転職のための
自己分析サイト

本ページはマイナビ社などの広告が含まれています

テーブルコーディネーターに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今テーブルコーディネーターの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいテーブルコーディネーターに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

テーブルコーディネーターに向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたのテーブルコーディネーター適性診断結果

あなたの適性度は30%で、今の時点ではテーブルコーディネーターの仕事に向いているとは言えないようです。テーブルコーディネーターを目指したい場合は、まず診断結果の詳細を読み込んで必要な資質を理解するようにしましょう。自分に足りない部分がわかったら、あとは一つづつ克服していけるよう努力あるのみです。

テーブルコーディネーターに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.料理の知識が豊富
2.優れた色彩感覚や色彩知識がある
3.テーブルマナーの正しい知識がある
4.冠婚葬祭・行事・イベントに詳しい
5.食文化への理解が深い
6.花の知識がある
7.優れた企画力を持っている
8.情報発信をする力がある
9.コミュニケーション能力が高い
10.遊び心がある
スポンサーリンク
\この診断を受けたい方はコチラ/
テーブルコーディネーター適性診断を受ける(2分)

診断結果の解説

『 料理の知識が豊富 』

兼ね備えていない

テーブルコーディネーターは、食事空間を演出する仕事です。直接調理をするわけではありませんが、料理に携わる仕事のひとつであるテーブルコーディネーターにも、幅広い料理の知識が求められます。テーブルセッティングによって、同じ料理でも美味しそうに見えたり、あまり美味しくなさそうに見えたりするものです。料理への知識をもとにして食卓を美しくセッティングし、料理を引き立てる力が、テーブルコーディネーターには必要となります。

『 優れた色彩感覚や色彩知識がある 』

そこそこ兼ね備えている

食卓のカラーコーディネートは、テーブルについた人の印象を大きく左右するものです。これから食事を始めようとする人の食欲を増進し、食事を楽しんでもらえるような色使いのテーブルセッティングをすることが、テーブルコーディネーターには求められます。色彩に関する知識を身に付けていれば、食欲を減退させる可能性のある色を避けたり、穏やかな気分で過ごせる色を取り入れたり、といった判断がしやすくなります。色彩感覚を磨き、色彩に関する知識を深めることが、テーブルコーディネーターとしての活躍にもつながるでしょう。

『 テーブルマナーの正しい知識がある 』

だいぶ兼ね備えている

テーブルマナーに関する知識は、テーブルコーディネーターに不可欠なものです。タブーとされるマナーを避けて、快適に食事ができる空間を作り上げられるようにして下さい。カトラリーを正しい位置に配置しておけば、お客さんがどれを使えばよいか迷うことなく、スムーズに食事をしてもらえます。テーブルナプキンの畳み方に工夫をすれば、食卓についた人の心を和ませることができ、食事への期待も高まることでしょう。

『 冠婚葬祭・行事・イベントに詳しい 』

あまり兼ね備えていない

テーブルコーディネーターは、日常的なテーブルセッティングの提案をすることもあれば、ハレの日にふさわしいテーブルセッティングの提案を依頼されることもある仕事です。誕生日や結婚式といった行事に関する知識を身に付けておくと、その場にふさわしいテーブルセッティングを提案しやすくなります。お正月やひな祭り、端午の節句といった、日本で古くから受け継がれてきた行事に関する知識を深めておくことも大切です。クリスマスやハロウィンといった海外のイベントについての知識も、役立つシーンがあります。

『 食文化への理解が深い 』

兼ね備えていない

食文化への深い理解力は、テーブルコーディネーターの仕事を支えてくれるものです。日本の食文化を中心に、諸外国の食文化への知識も幅広く身に付けておくと、多様なテーブルコーディネートの依頼に応えられるようになります。常日頃からアンテナを張って、食文化についての情報収取をするように心掛けましょう。食文化への理解を深めるには、決して堅苦しく考える必要はありません。テレビを観たり、ネットサーフィンをしたりすることで、食文化の知識に触れることもできます。

スポンサーリンク

『 花の知識がある 』

あまり兼ね備えていない

卓上を華やかに演出するには、お花は欠かせない存在です。テーブルコーディネーターは、フラワーコーディネートの技術を生かせる仕事でもあります。必ずしも資格が必要なわけではありませんが、フラワーデザインについての知識や技術を身に付け、テーブルセッティングに取り入れるようにして下さい。季節の花々に関する知識があれば、その季節ならではのテーブルセッティングが可能となります。花言葉に関する知識を生かした演出をするのも素敵です。また、お花の種類によっては、テーブルフラワーには向かないものもあります。卓上に載せるのにふさわしい花の種類について正しい知識を持っておくことも大切です。

『 優れた企画力を持っている 』

兼ね備えていない

テーブルコーディネーターは、型にはまった仕事をこなすのではなく、依頼に合わせて企画をすることが求められる仕事です。自分の持つ知識や経験を余すことなく生かし、依頼者の意図を汲んだ企画をできる能力を持つ人は、テーブルコーディネーターの適性がある人だと言えます。最初から自分で企画をするのは、簡単なことではありません。アシスタントとして経験を積んだ後に、独り立ちする人も多い業界です。

『 情報発信をする力がある 』

十分に兼ね備えている

アイディアを練って完成させたテーブルセッティングについて的確に情報発信をする力も、テーブルコーディネーターが備えておくべき大切な能力です。どれほどセンスよく食事空間をデザインできても、その魅力を伝える力がなくては、テーブルコーディネーターの仕事は成立しません。

『 コミュニケーション能力が高い 』

兼ね備えていない

様々な依頼を受けて仕事をするテーブルコーディネーターは、高いコミュニケーション能力が必要な仕事でもあります。依頼者と適切にコンタクトを取り、テーブルセッティングのコンセプトをしっかり理解しておくことは、高く評価されるテーブルセッティングをする上で大切なことです。

『 遊び心がある 』

兼ね備えていない

テーブルセッティングは、コーディネーターのセンスによって大きく印象が変わるものです。食事をする人の緊張を解きほぐし、楽しく過ごせる空間を目指す上では、遊び心を生かすことが重要となります。テーブルマナーなどの基本的なルールは守った上で、遊び心を感じさせる空間作りを心掛け、リラックスして食事ができる空間に仕上げて下さい。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのテーブルコーディネーター適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

1位 マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

2位 doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

3位 リクルートエージェント

└業界最大手で転職支援実績No.1

\この診断を受けたい方はコチラ/
テーブルコーディネーター適性診断を受ける(2分)

この適正診断テストでわかること

  • テーブルコーディネーターに向いているか向いていないか
  • テーブルコーディネーターの職業適性度
  • テーブルコーディネーターに必要な10の資質
  • 解説でテーブルコーディネーターに必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか

テーブルコーディネーターとは?

テーブルコーディネーターは、結婚式やパーティのテーブルの飾り付けをするのが仕事です。

華やかなイベントでは、食事が始まる前のテーブルセッティングも演出の一つ。

会場装飾やこの後運ばれてくる料理、会の演出にマッチしたコーディネートを行って食事空間を演出します。

クライアントやお客さまを喜ばせるには、事前のプランニングがとても大切。

クライアントが望むテイストを聞き出したり、トレンドや客層などから提案をしたりします。

実際のコーディネートでは、テーブルウェアや食器だけではなく、小物や花器など数多くのアイテムをセレクト、セッティングしていくのです。

テーブルコーディネーターになるには?

テーブルコーディネーターになるために必要な資格はありません。

現職のテーブルコーディネーターの元でアシスタントとして働くという方法も考えられますが、募集は少なく狭き門です。

そのため、テーブルコーディネーターとして働くためには、レストランサービス技能士やブライダルコーディネート技能士といった資格を取得し、結婚式場やホテルに就職するのが現実的だと言えるでしょう。

この他にも、フラワーデザイナー資格や色彩検定、食空間プランナーなど、テーブルコーディネーターに関係する資格を取得し勤務先にアピールすることで、コーディネーターとして働ける可能性は高まるでしょう。

テーブルコーディネーターの給料・年収

テーブルコーディネーターの年収を示す公的な資料はありません。

基本的にテーブルコーディネートを担当するのは旅館やホテルの従業員、ウエディングプランナーが多いので、これらの職業を参考にすると、年収は350~450万円程度と考えられます。

人数は少ないですが、ホテルや結婚式場に勤務せずフリーランスとして働いているテーブルコーディネーターもおり、年収は仕事の件数によって大きく上下します。

また、近年住空間の演出やインテリアに人気が集まっていることから、テーブルコーディネートの講師として一般にコーディネートを教えて生計を立てている人もいます。

テーブルコーディネーターの就職・転職先(求人)

テーブルコーディネーターの活躍する場所としては、ブライダル会社やホテル、レストランなどが挙げられます。

テーブルコーディネーターという職種そのもので募集している企業は少なく、バンケットスタッフやウエディングプランナーが担当しているという企業が多くなっています。

テーブルコーディネーターとして今後特に活躍が見込めるのはブライダル業界でしょう。

一般的な結婚式だけではなく、プチ婚、シルバー婚、マタニティウエディングなど、「自分達だけの結婚式」志向が高まっている昨今、テーブルコーディネートにも個性を出したいというニーズが高まることが考えられるからです。

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0