理想の就活/転職のための
自己分析サイト

寿司職人に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今寿司職人の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい寿司職人に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

寿司職人に向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたの寿司職人適性診断結果

あなたの適性度は39%で、寿司職人の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。寿司職人を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

寿司職人に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.料理が好き
2.長時間の単純作業に耐えられる
3.手先が器用
4.魚に関する知識がある
5.食材の特性に対する知識がある
6.伝統を重んじる心を持っている
7.トレンドに敏感
8.相手の要望を掴むのが得意
9.グローバルな視野を持っている
10.おもてなしの心を持っている
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 料理が好き 』

そこそこ兼ね備えている

料理界で働く人間である寿司職人にとっては、食への好奇心が旺盛であること、料理が好きであることがまず大切な条件です。料理に対する飽くなき探求心、より美味しいものを求める心が、料理人としての向上にもつながります。寿司を好む人には、味にうるさい食通も多いため、そういった人達をも満足させられるだけの技や知識が必要です。休日には食べ歩きをするなど、他の料理人が作った美食にも積極的に触れて、料理に対する感度を上げることが求められます。食べることに対してあまり興味がないタイプの人には向かない職業だと言えるでしょう。

『 長時間の単純作業に耐えられる 』

兼ね備えていない

料理人の世界は修業が厳しいと言われますが、寿司職人もその例外ではありません。働き始めてすぐに寿司を握れるわけではなく、最初は食材の下拵えや食器洗いといった地味な作業を任されるものです。そういった単純作業を苦とせず、自分のステップアップのために必要な作業だと前向きに考えられるタイプの人は、寿司職人としての適性があります。一人前の職人になるための基礎固めをしっかりできる努力家の人であれば、寿司職人として活躍できるようになるでしょう。

『 手先が器用 』

十分に兼ね備えている

寿司職人には、手先の器用さが不可欠です。ネタを切る、シャリを握るといった寿司職人ならではの作業は、手先を使った微妙な調整が求められます。ネタを切る時に分厚すぎると食べづらくなり、薄過ぎると魚の旨味を感じにくくなります。シャリに関しても、強く握れば固くなりますし、握りが弱すぎれば食べる前に崩れてしまいかねません。長年の勘や経験を巧みに生かして、お客さんに美味しいと感じてもらえる料理に仕上げることが大切です。

『 魚に関する知識がある 』

そこそこ兼ね備えている

寿司のネタは、魚が中心です。寿司職人は、それぞれの魚の特性について正しく理解することが求められます。特に、魚の旬に関しては詳しく知っておく必要があります。寿司屋を訪れるお客さんのなかには、その季節ならではの魚に出合えることを楽しみに来店する人も数多くいます。旬を先取りした魚を紹介したり、旬の時期ならではの脂ののった魚を提供したりするように心掛けることが必要です。実際に味わって食感や香りの特徴を掴んでおくことが大事です。

『 食材の特性に対する知識がある 』

そこそこ兼ね備えている

魚はもちろんのこと、寿司職人は他の食材に対しても豊富な知識を身につける必要があります。シャリに使う米の銘柄選びは、寿司職人にとって大切な仕事のひとつです。また、伝統的な寿司ネタにこだわらない創作系の寿司も好まれる時代のなかで、寿司職人は肉や野菜を使った寿司に挑戦する姿勢も求められています。食材の特性を理解して従来は使われなかったような食材も寿司に巧みに取り入れることにより、寿司を愛好する人の層をさらに広げることが大切です。

スポンサーリンク

『 伝統を重んじる心を持っている 』

あまり兼ね備えていない

日本で古くから愛されてきた和食のひとつである寿司に携わる寿司職人には、伝統を重んじる心が不可欠です。寿司に限らず、日本の伝統文化や伝統工芸などに興味を持ち、造詣を深めることが求められます。和食器に関する知識は、寿司職人の仕事に直接的に役立つものです。どのような器に寿司を盛り付けるかによって、味の印象にも差が生じますので、適した器で提供することが大切です。

『 トレンドに敏感 』

十分に兼ね備えている

寿司職人は伝統を大事にする一方で、トレンドに対して敏感であることも必要です。SNSが隆盛するなかで寿司にも見た目の華やかさを求める人が増えてきています。また、健康志向が高まるなかでカロリーを気にする人も増えてきています。従来とは異なる盛り付けにしたり、カロリー表記をしたり、といったトレンドを取り入れたサービス提供を心掛けることも、寿司職人にとって大切な仕事です。

『 相手の要望を掴むのが得意 』

兼ね備えていない

回転寿司や持ち帰り寿司で寿司を気軽に楽しむ人も増え、人々が寿司に求める価値観も多様化しています。人々がどのようなスタイルで寿司を楽しみたいのか、どんな味が好まれるかについて察知することは、寿司職人にとって大切なことです。寿司職人を目指す人は時代の動向を知り、顧客ニーズに柔軟に対応できる力を身につけておく必要があるでしょう。中食需要が高まるなかで、テイクアウトの寿司のあり方について考えることも求められています。

『 グローバルな視野を持っている 』

兼ね備えていない

日本を訪れる外国人観光客のなかには、「寿司が食べたい」と考えている人が数多くみられます。今や国内のみならず、国外にも寿司店が増えていて、寿司は和食を代表する人気グルメとなっています。寿司職人は、伝統を受け継ぐことに留まらず、寿司のあり方について広い視野で考える姿勢が求められる時代に突入していると言えるでしょう。グローバルな視野を持って、寿司の魅力を発信してゆくことが大切です。

『 おもてなしの心を持っている 』

あまり兼ね備えていない

寿司職人には、おもてなしの心が不可欠です。寿司を食べに来てくれる人に、美味しい料理が味わえる心地よく過ごせる空間を提供しようという広い心を持ってもてなすことが求められます。なかには、職人との会話を楽しみにお店を訪れるお客さんもいるでしょう。寿司を握る技術の向上と共に、接客技術を磨くことも必要な職業と言えます。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの寿司職人適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

この適正診断テストでわかること

  • 寿司職人に向いているか向いていないか
  • 寿司職人の職業適性度
  • 寿司職人に必要な10の資質
  • 解説で寿司職人に必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか
アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る