理想の就活/転職のための
自己分析サイト

測量士適性診断|あなたは向いている人?向いてない人?

あなたは今測量士の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい測量士に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたの測量士適性診断結果

あなたの適性度は56%で、測量士の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。測量士を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

測量士に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.正確性にこだわれる
2.外の仕事に耐えられる
3.真面目な性格
4.最新の科学技術に興味がある
5.体力がある
6.根気強い
7.協調性がある
8.数学の知識がある
9.向上心がある
10.行動力がある
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 正確性にこだわれる 』

あまり兼ね備えていない

測量士は少しの誤差も許されない仕事です。もし少しでも誤差があった場合は、仕事が失敗したことになってしまうでしょう。ですから測量士になる方には、緻密な計算力や正確に仕事を進められることが求められます。

『 外の仕事に耐えられる 』

あまり兼ね備えていない

測量士の仕事は屋外で作業を行う外業の中に含まれます。外業の仕事をしているときは何が起こるか予測できないので、迅速さや器用さなどが求められます。野外での仕事の難しさはそれだけではありません。夏なら炎天下の中で働かなければならないし、冬には凍えるような寒さの中で業務をこなす必要があります。ハブや蜂のような危険な生き物に遭遇する危険もあるので、業務は緊張感を持って行うことが必須です。そういった困難に耐えられる人が、測量士に向いていると言えるでしょう。

『 真面目な性格 』

そこそこ兼ね備えている

測量士は工事の大前提となるデータを扱う、極めて重要性の高い仕事です。広い土地を測量する場合は、何度も作業位置を変えてその場所の高さや角度、長さなどといった様々なデータを誤差もなく測定していかなくてはなりません。大変重要な作業になりますが、その仕事の内容は単調なものが多いので、小さな作業を積み上げていける真面目な性格の人が向いていると言えます。日常生活においても掃除や洗い物などを面倒くさがらずにできる人が測量士に適性があります。

『 最新の科学技術に興味がある 』

だいぶ兼ね備えている

測量士の仕事に必要となる技術も、日進月歩で高度になってきています。測量機器や測量技術は、進化・発展を遂げているのです。ドローンや3DスキャナやGPSなども、どんどん現場で用いられているようになってきています。測量士は他の職業よりも、こういった最新技術が取り入れられやすい傾向にあります。ですから技術に興味があり、新しいことにアレルギーのない人が測量士に向いています。

『 体力がある 』

十分に兼ね備えている

測量士の現場は整備された場所だけでなく、整備されていない場所や足場が不安定なところも多くあります。現場となるのが山の中や森の中である場合も考えられます。そうした厳しい環境下で重量のある測量機や三脚を担いでいかなければならないので、体力や足腰の強さが求められるでしょう。季節によっては現場に行くだけで体力を消費してしまうことも多いです。そこから正確性を求められる作業を行わなければならないので、日々体を鍛えておく必要があります。

スポンサーリンク

『 根気強い 』

そこそこ兼ね備えている

測量士が収集してきた測量データはパソコン内に集められますが、取り扱うデータ量は膨大です。取り扱われるデータは地形という性格上機械的に処理することは難しいです。発生したバグは目視でチェックして、一つ一つ取り除く必要があります。またデータの整合性を確認するためには紙のデータと突き合わせて確かめなければなりません。古い登記簿や公図のようなものは、紙で保管されていることが多いのです。資料が古すぎて文字が判読できない場合は、法務局に問い合わせなければならない事もあるでしょう。1つの測量図を完成させるには、根気強さが求められます。

『 協調性がある 』

そこそこ兼ね備えている

測量作業は基本2人から5人ほどのチームを組んで行うものなので、スタッフ同士のチームワークが重要になってきます。橋を架ける際には川の両岸を挟んで測量しなければならないので、メンバーと離れた状態で連携作業をしていかなければなりません。普段からメンバーと意思の疎通をしっかりしておくためには、協調性が不可欠です。

『 数学の知識がある 』

だいぶ兼ね備えている

測量機器は高度になっているので、計算はコンピューターが自動的に行ってくれます。測量士の仕事は基本的に機器がやってくれますが、測量技術に用いられる理論の理解には数学の知識が不可欠です。GPS技術は測量に用いられますが、完全に使いこなすには基線解析を理解しなければなりません。他の測量技術を理解するためには、ベクトルなどの基礎的な数学の知識も求められます。数学の知識だけでなく空間認識能力なども、測量士の仕事には必要です。

『 向上心がある 』

そこそこ兼ね備えている

測量技術にとどまらず様々な技術は日々進歩しています。そういった新しい技術を獲得するためには、好奇心や向上心が必要です。日本測量協会では専門技術の講習会やセミナーなど、知識を学ぶための機会を設けています。そういった機会を上手く活用しましょう。

『 行動力がある 』

あまり兼ね備えていない

測量士の資格は測量会社だけでなく、建設会社・官公庁の土木課・上下水道課などの職場でも求められます。その仕事の内容は多岐にわたり、専門機器を使用した測量だけでなくデータの分析や修正、加工、変換等のデスクワークなども行います。数多くの仕事をこなさなければならないので、行動力がある人のほうが測量士に向いているでしょう。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの測量士適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0

おすすめコンテンツ

おすすめコンテンツ

  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る