理想の就活/転職のための
自己分析サイト

スーパーバイザーに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今スーパーバイザーの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいスーパーバイザーに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたのスーパーバイザー適性診断結果

あなたの適性度は38%で、スーパーバイザーの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。スーパーバイザーを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

スーパーバイザーに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.物事を俯瞰して見るのが得意
2.バリバリ仕事をするタイプ
3.多くの仕事を経験したい
4.人への興味が強い
5.リーダーシップがある
6.組織をマネジメントする力がある
7.コミュニケーション力がある
8.人やスケジュールの調整が得意
9.人をサポートする力に優れている
10.冷静沈着でトラブルに動じない
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 物事を俯瞰して見るのが得意 』

あまり兼ね備えていない

スーパーバイザーは、コールセンターのまとめ役となる人や飲食店などの複数店舗のまとめ役を務める職種です。上長として上に立って管理業務を行うというよりは、現場を常にチェックし、日々の業務が滞りなく進むよう、全体をまとめていくことが求められます。そのため、全体に目が行き届き、必要に応じてリーダーや店長などに指示を出すことやオペレーターの育成やサポートを行うことも必要です。報告を受けないと気付けないような観察力のない方や気付けない方は向いていません。

『 バリバリ仕事をするタイプ 』

あまり兼ね備えていない

スーパーバイザーは、統括する部門や部署のあらゆる業務に精通していなくてはなりません。コールセンターでは顧客からの問い合わせ内容すべてに応えられる知識と対応力を持ち、オペレーターのエスカレーションに答えられることが必要です。店舗統括なら取り扱う商品やサービス、接客ノウハウから店舗運営に至るまで幅広く熟知していることが求められます。業務知識が浅い方、知識の整理ができない方には向いていません。

『 多くの仕事を経験したい 』

そこそこ兼ね備えている

単に知識があるだけでなく、現場に即して知識を使いこなせ、対応できる能力が必要です。そのため、スーパーバイザーになる方はオペレーターやリーダー経験者、店舗スタッフや店長経験者など、キャリアアップしてきた方が少なくありません。知識も豊富で経験もある、その部門の生き字引のような立場です。経験があっても、表面的にしか仕事に携わってこなかったような人には向きません。

『 人への興味が強い 』

兼ね備えていない

上に立つ監督者というと、全体を取りまとめれば良いイメージですが、スーパーバイザー、特にコールセンターの場合には、一人ひとりのスタッフを把握することが求められます。オペレーターの定期評価を行い、必要な教育や研修、指導を指示する立場にもあるので、一人ひとりの性格や能力、スキルなどを把握し、適切な育成を図っていくことが必要です。一人ひとりのスタッフに興味が持てない、理解しようとしない人には向いていません。

『 リーダーシップがある 』

十分に兼ね備えている

大人数のオペレーターを抱えるコールセンターや複数の店舗を統括する管理者である以上、まとめていくリーダーシップ力も欠かせません。日々の業務が滞りなく行われる環境づくりはもちろん、月ごとの目標や期間ごとの目標を達成できるよう、導いていくことも大切です。リーダーシップを発揮できない方、大人数をまとめることやチーム運営できない方には向いていません。

スポンサーリンク

『 組織をマネジメントする力がある 』

そこそこ兼ね備えている

スーパーバイザーは、管理する部門に課せられた目標を達成させ、運営していくことが求められるため、マネジメント力も欠かせません。入電数や来店数などのデータを分析して、忙しくなる曜日や時間帯にスタッフ数を増やすなど人員配置することやシフト管理をすることも求められます。呼損やビジネス機会の喪失を抑え、顧客満足度の高い運営が求められています。管理能力が発揮できない方には向いていません。

『 コミュニケーション力がある 』

あまり兼ね備えていない

スーパーバイザーは、良き指導者、良き監督者、良きまとめ役として、時に厳しく時に優しく親身に人と接していくことが求められます。スタッフやリーダー、上司や顧客まで幅広い人と対応することになるので、コミュニケーション力の高さも欠かせません。常に冷静で、相手の立場に寄り添えるコミュニケーション力が必要です。コミュニケーション力がない方、相手の立場に配慮できない方は向いていません。

『 人やスケジュールの調整が得意 』

あまり兼ね備えていない

スーパーバイザーは、スタッフ同士、スタッフとリーダーや店長の間に入ったり、スタッフの対応に不満を持つ顧客から対応を引き継いだり、上長からの指令などを受ける立場にもあります。さまざまな人の間に入り、日々の業務の連携がスムーズにいくよう調整することや人と人とのコーディネートをする能力も必要です。調整能力がない方は向いていません。

『 人をサポートする力に優れている 』

そこそこ兼ね備えている

スーパーバイザーは、みんなに頼られる助け舟的な存在です。スタッフ同士で解決できない問題やリーダーレベルでは対応できない問題についてフォローが求められます。コールセンターにおいては、顧客の問題が解決しない時や商品やサービス、会社の方針などに不満がある時の解決役になります。オペレーターレベルでは対応できない問題を解決するのが、スーパーバイザーです。瞬時の判断ときめ細やかな配慮で、サポートできない人には向いていません。

『 冷静沈着でトラブルに動じない 』

兼ね備えていない

スーパーバイザーは、コールセンターの場合、一番前の席にオペレーターと対面で座っている場合や真ん中など見渡せる席に常駐します。スーパーバイザーがいることで、場が引き締まり、安心して業務に臨める環境が整います。いざという時に頼りになり、助けてくれる存在だからです。スーパーバイザーとしての役割をまっとうするには、常に冷静沈着で適切な判断や適切なサポートを瞬時にできる人でないといけません。何かあるとパニックになる人やイライラして荒ぶる人は向いていません。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのスーパーバイザー適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る