理想の就活/転職のための
自己分析サイト

スタントマンに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今スタントマンの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいスタントマンに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたのスタントマン適性診断結果

あなたの適性度は42%で、スタントマンの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。スタントマンを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

スタントマンに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.身体が丈夫
2.体力がある
3.度胸がある
4.反射神経が優れている
5.集中力がある
6.向上心がある
7.目立たなくても気にならない
8.演技ができる
9.常に自己管理ができる
10.コミュニケーション能力がある
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 身体が丈夫 』

兼ね備えていない

スタントマンは、高いところから落下したり、高速で走っている車から飛び降りたりするなど、危険なアクションをすることが多いです。そのようなアクションをしても、大きなケガをすることなく働き続けるためには、身体が頑丈でなければなりません。そのため、生まれつき身体が丈夫だという人が、スタントマンに向いています。些細なことで大きなケガをしてしまう人は、スタントマンには向いていないでしょう。

『 体力がある 』

そこそこ兼ね備えている

スタントマンの仕事は基本的に、肉体労働です。少ない休み時間で、1日中身体を動かし続けることも多いです。そして、撮影スタントマンは、何度もリテイクをして、最高の映像を仕上げられるように頑張り続ける必要があります。疲れたからといって、アクションのパフォーマンスが下がってしまってはいけません。そのため、長時間身体を動かし続けられるほどの体力がある人が、スタントマンに向いています。

『 度胸がある 』

十分に兼ね備えている

スタントマンは、俳優の代わりに、危険なアクションを担当するのが仕事です。そのため、臆病にならずに、危険なアクションをこなすことができる度胸のある人が、スタントマンに向いています。高所恐怖症で高いところは足がすくんでしまう、いざという時に一歩が踏み出せないような度胸がない人は、スタントマンには向いていません。

『 反射神経が優れている 』

あまり兼ね備えていない

スタントマンの仕事では、予想外のできごとが発生することが多いです。それが、大きなアクシデントに繋がる恐れがあります。そのアクシデントを防ぐために重要なのは、一瞬の判断です。スタントマンが自らの判断で瞬時に対応すると、予想外のできごとがあったとしても、些細なアクシデントで済ませることができます。そのため、考える前に身体が反応するような、優れた反射神経の持ち主が、スタントマンに向いています。

『 集中力がある 』

そこそこ兼ね備えている

スタントマンの仕事は、危険と隣り合わせです。そして、少しでも気を抜くと、大きなケガに繋がるどころか、命を落とすことになりかねません。そのため、危険な現場であっても、集中力を維持できる人が、スタントマン向きと言えるでしょう。集中力が続かない、色々なものに目移りしてしまうという人は、スタントマンには向いていません。

スポンサーリンク

『 向上心がある 』

そこそこ兼ね備えている

スタントマンとして働く場合、最初は比較的簡単なアクションを担当することになります。そして、キャリアを積むと共に、より難易度の高いアクションへと挑まなければなりません。その高難易度のアクションをするためには、トレーニングをしたり、正しい身体の使い方を勉強したりする必要があります。したがって、トレーニングや勉強を欠かさない、向上心のある人が、スタントマンに向いていると言えるでしょう。

『 目立たなくても気にならない 』

そこそこ兼ね備えている

スタントマンは、あくまでも俳優の代役というポジションです。つまり、スポットライトが当たって、大勢の人から称賛されるような、華々しい仕事ではありません。そのため、自分自身は特に目立たなくても構わないという人が、スタントマンに向いています。自分の名前を大勢の人に知ってもらいたい、数多くの人から認められたいという人は、スタントマンは避けておいた方が良いでしょう。

『 演技ができる 』

あまり兼ね備えていない

スタントマンとして働くためには、演技力も必要です。あくまでも俳優の代役として、危険なアクションだけを担当する仕事ですが、俳優と同じ役を演じなければなりません。そのため、アクションはできるけれども、演技は全くできないという人では、スタントマンとして活躍するのは難しいでしょう。様々な役になりきることができる人が、スタントマンに向いています。

『 常に自己管理ができる 』

あまり兼ね備えていない

スタントマンは、身体が資本の仕事です。身体の調子が悪くなると、仕事をすることができないので、常に体調に気を遣わなければなりません。また、常に安定したパフォーマンスを実現するために、継続的なトレーニングを行う必要があります。そのような、仕事のための自己管理ができる人が、スタントマンに向いています。自分を大切にできず、自己管理が疎かになってしまう人は、スタントマン向きではありません。

『 コミュニケーション能力がある 』

そこそこ兼ね備えている

スタントマンの仕事は、ひとりで行うものではありません。監督やカメラマン、安全管理を行うスタッフなどと連携して、チームで映像を作り上げていきます。そのため、チームの人たちとしっかりやり取りができる、コミュニケーション能力が必要となります。もし、コミュニケーションが疎かになると、自らを危険にさらすことになりかねません。そのため、人と会話をするのが苦手という人は、スタントマン向きではないです。どのような人が相手でも、必要最低限のコミュニケーションを取れる人が、スタントマンに合っています。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのスタントマン適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る