理想の就活/転職のための
自己分析サイト

スタジオミュージシャン適性診断|あなたは向いている人?向いてない人?

あなたは今スタジオミュージシャンの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいスタジオミュージシャンに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたのスタジオミュージシャン適性診断結果

あなたの適性度は56%で、スタジオミュージシャンの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。スタジオミュージシャンを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

スタジオミュージシャンに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.楽器を弾くのが好きで得意
2.自分自身で作曲や作詞ができる
3.人の要望に沿うのが苦でない
4.長時間待つことが苦でない
5.人前に出ての演奏はあまり得意でない
6.自身の演奏を聴いてもらいたい気持ちが強い
7.とにかく音楽が好き
8.コミュニケーション能力がある
9.譜面が読める
10.幅広い演奏ができる
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 楽器を弾くのが好きで得意 』

あまり兼ね備えていない

スタジオミュージシャンに向いている人は楽器を演奏するのが好きな人です。ギターやベース、ドラムなど自分自身が演奏するのが好きで仕方ないという人程、スタジオミュージシャンは向いています。何をする時でも楽器を側に置いておきたい、それだけは誰にも負けないと思えるような楽器があればより強みになります。

『 自分自身で作曲や作詞ができる 』

あまり兼ね備えていない

スタジオミュージシャンは誰かの作詞や作曲した曲を演奏するだけが役割ではありません。自分自身でも作詞や作曲をした経験があったり、アレンジしたことがある人はよりスタジオミュージシャンに向いていると言えるでしょう。演奏しながら自分ならこんな感じにする、こんなアレンジを加えたらどうかと提案することができる人もアーティストから重宝されます。

『 人の要望に沿うのが苦でない 』

そこそこ兼ね備えている

スタジオミュージシャンは自分自身で何かを作りだすというよりも、アーティストの希望に沿って演奏することが求められます。こんなニュアンスでお願いしますと言われたことに対して、その通りこなすことが求められます。またその希望になるまで何度も弾き直しを求められることも少なくありません。その為、根気よくアーティストに付き合える人も好まれます。

『 長時間待つことが苦でない 』

だいぶ兼ね備えている

スタジオミュージシャンはアーティストの都合によって何時間も拘束されることがあります。待ち時間も長いことが多いので、待つことが苦手な人にはおすすめできません。アーティストの入り時間が押してしまったり、アーティストが納得するまで終わらなかったりと時間に余裕がないと対応することができないのです。

『 人前に出ての演奏はあまり得意でない 』

十分に兼ね備えている

腕はあるものの、人前の演奏に抵抗がある人もスタジオミュージシャンに向いています。演奏力は高くても人前に出ると実力の半分以下になってしまうようなタイプの人は、スタジオなどの録音に適している為、重宝されることがあります。演奏力が高いと有名アーティストのサポートができることも多く、スタジオで録音する際には呼ばれることも多いようです。

スポンサーリンク

『 自身の演奏を聴いてもらいたい気持ちが強い 』

そこそこ兼ね備えている

スタジオミュージシャンは日陰の人ではありません。自分の演奏が様々な形となって世の中に流れる仕事です。人の前で演奏しなくても、音源化された楽曲はCMやライブ音源などとして様々な場所で使用されることが多く、自分の演奏を聴くことができます。自分の演奏を人に聴いてもらいたい、どんな形でも届けたいといった人にスタジオミュージシャンは向いています。街中やテレビの中、動画の広告など様々な場所で自分自身の演奏が流れることは自信にも繋がります。

『 とにかく音楽が好き 』

そこそこ兼ね備えている

音楽が好きで生活の一部になっている人もスタジオミュージシャンに向いています。好きなことというのは、仕事にしても何にしてもやる気が違うものです。好きなことは一日中考えていても苦に思わないなんて人も少なくありません。音楽好きな人の中には、幅広い音楽知識を持っている人も多いようです。この音楽知識はスタジオミュージシャンにとっては有利になります。アレンジのアドバイスを求められた時などに的確に伝えることができるとアーティストにとっては有難い存在になるでしょう。

『 コミュニケーション能力がある 』

だいぶ兼ね備えている

スタジオミュージシャンは演奏ができればそれでおしまいというわけではありません。他の楽器とのセッションやアーティストとの調整、スタッフなどへの対応など様々な場面でコミュニケーションが求められます。コミュニケーションができることによって、より良い作品を作り出すことができるのです。何度もリテイクが繰り返されると場の雰囲気が悪くなることも多く、そのような場面でもしっかり盛り上げてくれたり、声を掛け合ってくれる人であれば雰囲気良く取り組むことができるでしょう。

『 譜面が読める 』

そこそこ兼ね備えている

譜面が読めることはスタジオミュージシャンにとって必要不可欠な要素です。演奏をする際に譜面ではなく、耳コピでという人もいますが、あまり好まれません。基本的な知識をもっておくことが大切です。譜面にはアーティストによって指示された内容がしっかり書かれていることが多いので、譜面は読めるようにしておきましょう。

『 幅広い演奏ができる 』

あまり兼ね備えていない

アーティストがスタジオミュージシャンに求める音楽ジャンルは様々です。ロックやパンク、R&Bなど幅広い音楽に対応できる演奏力が求められます。どんなジャンルの曲であってもチャレンジすることができること、幅広い音楽の知識とそれを演奏したことがあることは強みになるでしょう。このジャンルのみ演奏するといった専門的なものを目指すことも可能ですが、最初は幅広く対応できる対応力が求められるシーンが多いので、様々なジャンルに挑戦しておくことが大切です。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのスタジオミュージシャン適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0

おすすめコンテンツ

おすすめコンテンツ

  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る