理想の就活/転職のための
自己分析サイト

舞台監督適性診断|あなたは向いている人?向いてない人?

あなたは今舞台監督の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい舞台監督に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたの舞台監督適性診断結果

あなたの適性度は56%で、舞台監督の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。舞台監督を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

舞台監督に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.創造性に溢れている
2.好奇心旺盛
3.流行に敏感
4.学び続ける姿勢がある
5.周りの人の力を上手く引き出せる
6.コミュニケーション能力が高い
7.台本を書いたり演出することが得意
8.臨機応変に動くのが得意
9.体力がある
10.とにかく人が好き
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 創造性に溢れている 』

あまり兼ね備えていない

舞台はいろいろな要素で成り立っています。役者の演技だけでは無く、音響や照明、舞台装置、ときにはお客さんの存在も含めて一つの舞台として作り上げていくのです。また、お芝居は虚構の世界。本来存在しない事象を、あたかも本物であるように舞台の上に作り上げて行きます。そのためには、舞台監督は高い創造性を持ち、何かを創っていくことに貪欲である必要があるのです。

『 好奇心旺盛 』

あまり兼ね備えていない

いろいろなことに興味を持つことも必要です。舞台ではいろいろな事象やたくさんの人間の人生を描いていくので、そのための材料になるものはいくらあっても困りません。どんなことにも興味を持ち、いろいろな場所に足を運ぶ。そこで得たものを自分の積極的に舞台作りに取り入れていく。そんな人が舞台監督に向いていると言えるでしょう。

『 流行に敏感 』

そこそこ兼ね備えている

舞台は芸術であり、芸能の一種です。流行に敏感であることはそうした業界で非常に大きな武器になります。流行にアンテナを張るためには、媒体チェックはもちろん、いろいろな属性の人と会うことが苦でない方がいいでしょう。

『 学び続ける姿勢がある 』

だいぶ兼ね備えている

舞台の材料は、取り入れなければすぐ尽きてしまうものです。仕事として継続的に舞台の仕事をしていくためには、いろいろなことを広く学ぶ必要があるのです。また、自分が手がけていない舞台を見に行ったり、ライブやコンサートなど他分野のステージを見ることも仕事に大いに役立ちます。机に向かって知識や技術を学ぶことはもちろん、フットワーク軽くいろいろなところに学びに行ける人には、舞台監督の適正があると言えるでしょう。

『 周りの人の力を上手く引き出せる 』

十分に兼ね備えている

当然ですが、舞台は一人で創り上げるものではありません。大勢の役者やスタッフが力を合わせなければいい舞台にはならないのです。一人一人が力を尽くすのはもちろんですが、そのための環境を整えたり、周囲のコンディションに目を配る必要があるでしょう。チーム内部の人間関係が上手くいっていなければそれを調整する必要もあるかもしれません。周囲の力を引き出せる舞台監督は、非常に能力が高いと評価を受けることができます。

スポンサーリンク

『 コミュニケーション能力が高い 』

そこそこ兼ね備えている

周りの力を引っ張り出すことは舞台作りにおいて非常に重要ですが、いくら舞台監督でも好き勝手にできる訳ではありません。演出家やプロデューサーの了解を得ないまま独断で介入し、かえって場を乱したり疎まれてしまうというケースも少なくないのです。こうした軋轢を生まないためにはコミュニケーション能力が欠かせません。特に舞台役者は指示を聞いてもらわなければならないので、役者やスタッフと上手く交流を持つ能力は必須と言えるでしょう。また、どう言えば相手が理解しやすいか、聞き入れやすいかを考えることも必要になります。

『 台本を書いたり演出することが得意 』

そこそこ兼ね備えている

台本が書ける、演出ができる、照明や音響のプランを出したり現場の機械を使うことができるなど、他のセクションの仕事ができる人は舞台の世界で重宝されます。実際に経験があると尚良いでしょう。全ての舞台監督に求められる素質ではありませんが、他のことができると強い存在に見られるため、信頼を得やすくなります。また他のセクションのことを知っておくと、聞きやすい指示はどんなものか、何をされると嫌なのか、などが見えてくるので仕事もしやすくなります。

『 臨機応変に動くのが得意 』

だいぶ兼ね備えている

舞台は生モノです。どれだけ入念に準備していても、いつ何が起こるか分からないのが舞台の世界なのです。考えられないようなミスが起こったり、準備期間では一度も起こらなかったアクシデントが発生するかもしれません。役者がセリフを飛ばしてしまうかもしれませんし、大道具が壊れるかもしれません。そんなとき対応するのが舞台監督の仕事です。咄嗟の判断力、提案力が物を言います。

『 体力がある 』

そこそこ兼ね備えている

舞台の世界は役者もスタッフも体力勝負です。それは舞台監督も変わりません。舞台監督は全体の統括責任者であり、全てのセクションに指示を出さなければなりません。舞台作りは本番までに如何にして仕上げるかの時間勝負。時には徹夜が続くこともあるため、頭だけではなく体もフルに使って働く必要があるのです。

『 とにかく人が好き 』

あまり兼ね備えていない

舞台は、突き詰めて言えば人間を描くものであると言えます。様々な人生を作品にしていくためには、人間に興味を持ち、人間を好きでいることが必要不可欠です。また、舞台の目的はお客さんを喜ばせることです。どうやったらお客さんに役者の演技が伝わるか、照明や音響をどう工夫すればいいかなど、人の立場に立って考える必要があります。何より閉幕後の拍手に一番の達成感を得ることができる、それが舞台監督の大切な適正だと言えるでしょう。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの舞台監督適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0

おすすめコンテンツ

おすすめコンテンツ

  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る