理想の就活/転職のための
自己分析サイト

本ページはマイナビ社などの広告が含まれています

スポーツプロモーターに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今スポーツプロモーターの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいスポーツプロモーターに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

スポーツプロモーターに向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたのスポーツプロモーター適性診断結果

あなたの適性度は34%で、スポーツプロモーターの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。スポーツプロモーターを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

スポーツプロモーターに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.企画力がある
2.相手を説得するのが得意
3.人の管理や調整が得意
4.スポーツビジネスの知識がある
5.リーダーシップがある
6.根気強い
7.語学が堪能
8.トラブルにも冷静に対応できる
9.好奇心旺盛で興味の幅が広い
10.SNSで発信するのが得意
スポンサーリンク
\この診断を受けたい方はコチラ/
スポーツプロモーター適性診断を受ける(2分)

診断結果の解説

『 企画力がある 』

兼ね備えていない

スポーツプロモーターはお客さんが喜ぶようなスポーツイベントを企画する必要があります。そのため、誰も思いつかず、それでいて実現可能な企画を考えられるというスキルが求められます。こうした魅力的なイベントを企画する力がある人はスポーツプロモーターに向いています。しかしこの、誰も思いつかず、実現可能な企画というのを考案するのは意外と難しいです。誰も思いつかない企画だけであれば突拍子のない事を言えば良いだけなので割合簡単なのですが、実際にイベントとして成り立つかという所を両立させるのがスポーツプロモーターの腕の見せ所です。

『 相手を説得するのが得意 』

あまり兼ね備えていない

いくら素晴らしいスポーツイベントを思いついたとしても、実現につなげるには企画をしっかりとまとめて、関係者やクライアントにその魅力を伝える必要があります。そのため、スポーツプロモーターには自分の考えをしっかりと相手に伝えられるプレゼンテーション能力が求められます。中にはこうした能力を持っていないから諦めてしまうという人もいるかもしれませんが、この能力は鍛える事も出来るので、興味がある人はプレゼンテーション力を磨いておくと良いです。

『 人の管理や調整が得意 』

兼ね備えていない

自分が企画したイベントをプレゼンして、関係者やクライアントも納得したら、イベント実現に向けて動き出します。スポーツプロモーターは企画通りにイベントが開催できるように、仕事全体を管理して進捗状態や、場合によっては調整も行います。例えばイベントに必要な物資が不足しないように管理したり、作業が遅れないようにスケジュールを管理するのも仕事です。また最悪イベントが企画通りにいかなかった場合はどうするかという事も対策として考えておく必要があります。こうした事が得意という人はスポーツプロモーターに向いています。

『 スポーツビジネスの知識がある 』

そこそこ兼ね備えている

スポーツプロモーターはスポーツイベントを企画する為、様々な競技について知っておく必要があります。スポーツ競技に対して沢山知識があれば、この競技はこうすると盛り上がると分かるので幅広くスポーツの知識を持っている人はスポーツプロモーター向きです。しかし、ただスポーツに詳しいというだけではスポーツプロモーターの仕事は務まりません。イベントは沢山の人を盛り上げるお祭りみたいなものですが、興行はあくまでビジネスでもあるので、スポーツビジネスについても知識が必要です。そのため、大学でこうしたスポーツビジネスについて勉強している人はスポーツプロモーターを目指しても良いです。

『 リーダーシップがある 』

兼ね備えていない

スポーツプロモーターはスポーツイベントのリーダーみたいな存在です。そのため、トップがはっきり物事を決められずに右往左往していたら、周りの人は本当に大丈夫かと不安になってしまいます。そこでスポーツプロモーターには大きな目的を設定し、そしてそれを確実に実行していく力が必要です。このようにスポーツプロモーターは周りを引っ張っていかなければならないので、自分が先頭に立って積極的に動いていくというリーダーシップも求められます。学生時代に学級委員や生徒会長をやっていた人とか、部活の部長等をやっていた人はリーダシップがある可能性が高いので、スポーツプロモーターを目指しても良いです。

スポンサーリンク

『 根気強い 』

だいぶ兼ね備えている

スポーツイベントというと華やかなイメージを持っている人が多いです。実際イベント当日は沢山の人が集まり、盛り上がるので華やかに思えますが、実際そこに至るまでは非常に地味な作業が続きます。関係者やクライアントと何回も打ち合わせをして、色々な調整をしていかなければなりません。こうした作業はとても地味で、面倒な事も多いので、根気強い人でなければ務まりません。

『 語学が堪能 』

そこそこ兼ね備えている

スポーツイベントを盛り上げるなら、海外の選手も参加してもらう必要があります。そうなると当然海外の選手と交渉する事になりますが、この時にスポーツプロモーターが英語が話せないという事では話になりません。もちろん通訳を付けるという手もありますが、通訳を付けて相手と交渉するのと直接交渉するのでは相手の理解度も異なります。何より、直接話せなければこちらの情熱も伝わりにくいです。そのため、語学が堪能な人はスポーツプロモーターに向いています。

『 トラブルにも冷静に対応できる 』

兼ね備えていない

どんな仕事も、自分の思い通り進むという事はほとんどありません。必ず何かしらのトラブルは起きます。それはスポーツイベント開催でも同じです。仮に何かしらのトラブルが起きたら、スポーツプロモーターは焦らず、柔軟にそして冷静に対応しなければなりません。このどんなトラブルにも動じず、冷静に対応出来る精神力の強さがスポーツプロモーターには求められます。肝が据わっているような人には向いているでしょう。

『 好奇心旺盛で興味の幅が広い 』

だいぶ兼ね備えている

知的好奇心が強い人もスポーツプロモーターに向いています。スポーツだけでなく世の中で流行っているものに対して興味や関心を持って、もっと知りたいと思う気持ちがあれば様々な事を吸収する事が出来、それがイベントにも生きて来るので、自分は知的好奇心が強いという人はスポーツプロモーターを目指してみてはどうでしょう。

『 SNSで発信するのが得意 』

兼ね備えていない

今世の中は何が流行っているのか、何が求められているのか、それを知るにはマーケティングを行う事が重要です。マーケティングを行う上でSNSは欠かせません。SNSで様々な事を分析する事で、消費者が求めている事や、自分が行おうとしているスポーツイベントの規模を決める事も出来ます。つまりパソコンやスマホ、タブレット等を使いこなし色々な情報を集める事が得意な人は向いていますが、逆にこうした事が苦手なアナログ人間はスポーツプロモーターに向いていません。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのスポーツプロモーター適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

1位 マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

2位 doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

3位 リクルートエージェント

└業界最大手で転職支援実績No.1

\この診断を受けたい方はコチラ/
スポーツプロモーター適性診断を受ける(2分)

この適正診断テストでわかること

  • スポーツプロモーターに向いているか向いていないか
  • スポーツプロモーターの職業適性度
  • スポーツプロモーターに必要な10の資質
  • 解説でスポーツプロモーターに必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか

スポーツプロモーターとは?

スポーツプロモーターは、スポーツに関係するイベントの企画や準備、当日の設営、進行など運営全般を行う仕事です。

イベント内容を立案したら、スケジュールや予算を考えながら各所に手配を行い準備を進めていきます。

会場や準備物の手配だけでなく、イベント開催の許可を取ったり関係者へ交渉を行う役割も担います。

そのため企画力や管理能力だけでなく、高いプレゼンテーション力やコミュニケーション力も必要とされます。

企画するイベントはスポーツ関連中心となるため、もちろん競技に対する知識も身につけておかなければなりません。

どうすればスポーツイベントを成功させることができるのかを、さまざまな角度から考えることが求められる仕事です。

スポーツプロモーターになるには?

スポーツプロモーターになるために必ず取得しなければならない資格や学歴はありませんが、そのぶん自ら能力を証明することができなければなりません。

業務内容は多岐に渡り多くのノウハウが求められるため、スポーツビジネスを学ぶことができる大学や専門学校を選択すると効率よく知識を身に付けることができるでしょう。

その後イベント会社や広告代理店に就職するという流れが一般的とされています。

独学で目指すことも不可能ではありませんが、経営学かスポーツに関する学科を出ている方がスポーツプロモーターとしての業務に携われる確率は高くなるでしょう。

スポーツプロモーターの給料・年収

いくつかのデータから平均すると、スポーツプロモーターの年収は400万円前後となります。

とくにイベント開催の仕事が安定して回ってくる大手のイベント会社や広告代理店に就職することができれば、基本的には収入も安定したものとなるでしょう。

会社の規模により異なりますが、イベント会社や広告代理店に勤めた場合初任給は20~25万円程度が相場とされています。

その後自らが企画したイベントを成功させていけば大きな仕事を任されるようになり、実力次第で高収入を目指せる職業です。

億単位の金額が動くような大きな仕事に関わる限られたスポーツプロモーターとなることができれば、収入も相当な金額となるでしょう。

スポーツプロモーターの就職・転職先(求人)

スポーツプロモーターとして働くには、イベント会社や広告代理店に就職するのが一般的とされています。

そこで経験を積み実力が認められれば、より大きなイベントも任されることとなるでしょう。

努力次第で世界的なスポーツイベントのプロモーションに携わることも夢ではありません。

ひとつひとつのイベントを通して業界でのネットワークが広がり、スポーツチームの運営会社に直接雇用されたというパターンもあります。

さまざまなスポーツでプロ化やリーグ発足が注目されており、スポーツプロモーターの活躍の場は今後も広がっていくことが見込まれます。

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0