理想の就活/転職のための
自己分析サイト

スポーツインストラクターに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今スポーツインストラクターの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいスポーツインストラクターに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたのスポーツインストラクター適性診断結果

あなたの適性度は43%で、スポーツインストラクターの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。スポーツインストラクターを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

スポーツインストラクターに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.高いモチベーションを維持できる
2.褒め上手
3.コミュニケーション能力が高い
4.臨機応変に柔軟な対応ができる
5.運動に関する専門知識がある
6.新しい知識を学ぶ意欲が高い
7.体力がある
8.計画性を立てるのが得意
9.どんな人とも上手くやれる自信がある
10.忍耐力がある
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 高いモチベーションを維持できる 』

だいぶ兼ね備えている

スポーツインストラクターは、指導を受ける人のやる気を引き出すために、高いモチベーションを維持する必要があります。インストラクターのモチベーションは、教わっている人にも伝わります。教える人と教わる人、両方のモチベーションが低ければ、効果的なトレーニングにつながる可能性も低くなるでしょう。モチベーションの低さはトレーニングの継続を妨げる要因にもなります。教わる人がトレーニングの効果を得て、それを継続するために、必要な要素です。

『 褒め上手 』

十分に兼ね備えている

上手に褒めるスキルは、スポーツインストラクターに必要です。トレーニング中に注意する際に、否定やけなす言葉では相手のやる気を引き出しにくくなります。良い部分を褒め、注意したい部分を修正すればさらに良くなると伝えるような上手な褒め方が、スポーツインストラクターに求められます。

『 コミュニケーション能力が高い 』

あまり兼ね備えていない

スポーツジムのインストラクターに就くと、さまざまな性格の人に指導します。やる気のある人やない人、人見知りな人など、違う個性を持った人とコミュニケーションを図らなければいけません。どんな性格の人とも意思疎通ができ、効果的なトレーニングに導くために、スポーツインストラクターには高いコミュニケーション能力が必要です。

『 臨機応変に柔軟な対応ができる 』

兼ね備えていない

筋力や体力、トレーニングに対する意志には個人差があります。そのため、スポーツインストラクターは、一辺倒な指導ではなく、個人に合わせて指導内容を変えられる柔軟な対応力が必要です。トレーニングの目的やゴールも人によって違うので、フィジカルとメンタル、両方を考慮した対応力が求められるでしょう。

『 運動に関する専門知識がある 』

あまり兼ね備えていない

効果的なトレーニングには、運動生理学と機能解剖学の知識が必要です。運動生理学は運動が及ぼす身体への影響を、体系づけてまとめられた知識です。トレーニングによって筋肉が成長するメカニズム、性別によるトレーニング効果の違いなどを知ることで、過度な負担をかけない的確な指導につながります。機能解剖学は、骨格や関節の構造、筋肉のつき方と役割を体系化した学門です。ゴールとしてイメージする肉体や、目標となる運動能力を得るためには、どの筋肉を鍛えるのが効果的かを知る必要があります。機能解剖学に対する深い知識があれば、目標となる肉体や運動能力のために必要な筋肉が分かり、効果的なトレーニングの指導につながります。スポーツインストラクターに運動生理学と機能解剖学の知識があれば、ケガのリスクを抑えた効果的なトレーニングを指導できるでしょう。

スポンサーリンク

『 新しい知識を学ぶ意欲が高い 』

十分に兼ね備えている

トレーニング方法やトレーニング器具、人体のメカニズムに関する情報は、さまざまな研究によって更新され続けています。そのため、スポーツインストラクターは常に新しい情報に対してアンテナを張り、自分の知識をアップデートする必要があるのです。運動生理学や機能解剖学などの専門性の高い知識を修めていても、新たな研究結果が発表されたり、以前は良しとされていた知識がくつがえったりすることがあります。現状の知識に満足することなく、より良い指導のために知識を高める努力を怠らない姿勢が、スポーツインストラクターに求められます。

『 体力がある 』

兼ね備えていない

スポーツインストラクターには、手本となるような肉体を維持し、スタジオを使った時間制のカリキュラムを1日に何度も実施するための体力が必要です。理想的なボディを維持していなければ、指導する際の説得力に欠けます。また、スタジオを使ったカリキュラムでは、インストラクター自身が体を動かしながらトレーニングの解説をします。話しながらのトレーニングは呼吸が乱れるため、楽に実行できるほどの筋力と肺活量が必要です。指導する内容以上のトレーニングに耐えられる体力が、スポーツインストラクターに求められます。

『 計画性を立てるのが得意 』

兼ね備えていない

ゴールとなる肉体や運動能力を得るまでのトレーニングのメニューと期間をスケジュールに落とし込む、計画性が求められます。指導を受ける人にも生活があるので、計画どおりに進まない場合もあるでしょう。その場合は計画を変更し、実行できるように調節する必要があります。目標達成のためのスケジュールを作成し、実現に向けて臨機応変に修正する能力がスポーツインストラクターには必要です。

『 どんな人とも上手くやれる自信がある 』

十分に兼ね備えている

ジムの利用者からの評価は、スポーツインストラクターの収入に影響します。人気の高いインストラクターは収入面も良く、上位の役職につながるためライバルでもあります。しかし、トレーニングの指導には複数のインストラクターが関わるので、友好的な関係を築けなければ、指導の質が低くなるでしょう。ジムの利用者に質の高いトレーニングを提供するために、インストラクター同士は友好的な関係を築くことが大切です。

『 忍耐力がある 』

兼ね備えていない

トレーニングに対する取り組み方は、人それぞれです。計画的にトレーニングに励む人もいれば、トレーニングの周期が乱れ、高い負荷を嫌う人もいるでしょう。トレーニングにマジメに取り組まない人への指導を投げ出さないように、スポーツインストラクターには忍耐力が必要です。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのスポーツインストラクター適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る