理想の就活/転職のための
自己分析サイト

スポーツエージェントに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今スポーツエージェントの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいスポーツエージェントに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたのスポーツエージェント適性診断結果

あなたの適性度は51%で、スポーツエージェントの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。スポーツエージェントを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

スポーツエージェントに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.交渉することが得意
2.度胸がある
3.語学力がある
4.勉強が得意
5.コミュニケーション能力がある
6.リサーチと分析が得意
7.スケジュールの管理や調整が得意
8.体力がある
9.忍耐力がある
10.約束を守れる
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 交渉することが得意 』

そこそこ兼ね備えている

スポーツエージェントは、アスリートの代わりに交渉をして、より条件の良い契約を結ぶのが主な仕事です。その相手は、スポーツチームまたはスポンサーです。アスリートの収入額や待遇は、スポーツエージェントにかかっています。そのため、契約金額を引き上げたり、アスリートが希望する待遇を実現したりするために、交渉力が必要です。したがって、言葉を駆使して状況を有利に進めたり、相手を納得させたりするのが得意という、交渉力のある人がスポーツエージェントに向いています。

『 度胸がある 』

そこそこ兼ね備えている

スポーツエージェントの交渉相手となる、スポーツチームあるいはスポンサーは、手強いことが多いです。あの手この手を使って、なるべく安い金額で契約を結ぼうとしたり、アスリートが望まない待遇を押し付けてきたりすることはよくあります。そういったスポーツチームやスポンサーを相手に、物怖じすることなく交渉をしなければなりません。そのため、度胸が必要です。スポーツチームやスポンサーの交渉担当がどのような人であっても、アスリートのためにしっかりと意見を言える、条件が良くない場合は断固拒否ができる、度胸のある人がスポーツエージェントに向いています。

『 語学力がある 』

だいぶ兼ね備えている

スポーツエージェントは、海外で活躍することが非常に多いです。日本から海外に進出するアスリートの代わりに、外国語で交渉をする形です。よって、野球であれば英語、サッカーだとスペイン語やポルトガルという風に、外国語が話せる必要があります。したがって、語学力のある人が、スポーツエージェントに向いています。

『 勉強が得意 』

そこそこ兼ね備えている

スポーツエージェントとして働くためには、学ばなければならないことが数多くあります。担当するアスリートのスポーツに関することはもちろん、労働関係の法律についても詳しくなければなりません。海外で活躍するのであれば、外国の法律についても熟知する必要があります。そのため、あらゆることを勉強するのが得意な人が、スポーツエージェントに向いています。

『 コミュニケーション能力がある 』

あまり兼ね備えていない

スポーツエージェントとして、スポーツチームやスポンサーと交渉するためには、コミュニケーション能力が必要です。また、アスリートと信頼関係を結ぶためにも、コミュニケーション能力が欠かせません。アスリートから信頼されなければ、途中で契約を解除されたり、スポーツエージェントとしての評判が悪くなったりしてしまう恐れがあります。そのため、幅広い人と打ち解けて、信頼を得ることができる、高いコミュニケーション能力を持っている人が、スポーツエージェントに向いています。人に対する好き嫌いが激しく、仕事をする相手は選びたいという人は、スポーツエージェント向きではありません。

スポンサーリンク

『 リサーチと分析が得意 』

兼ね備えていない

スポーツエージェントが交渉を有利に進めるためには、その年のスポーツ事情や、契約金の相場など、あらゆる情報を取得しなければなりません。そして、その情報を分析した上で、どのように交渉を進めるのかを決めたり、交渉に必要な資料を作ったりします。したがって、リサーチと分析が得意な人が、スポーツエージェントに向いています。

『 スケジュールの管理や調整が得意 』

十分に兼ね備えている

スポーツエージェントは、交渉の他に、アスリートのスケジュールの管理や調整も仕事になる場合があります。特にスポーツとは直接関係ない、イベントへの出席やメディアの取材などのスケジュールは、スポーツエージェントが管理と調整を行うことが多いです。そのため、スケジュール管理や調整が得意という人が、スポーツエージェントに向いています。自分自身のスケジュール管理でも手一杯という人は、スポーツエージェント向きではありません。

『 体力がある 』

だいぶ兼ね備えている

スポーツエージェントの仕事は、スポーツチームやスポンサーと、ただ会話をして交渉するだけではありません。交渉を有利に進めるために、様々な準備が必要となります。交渉に欠かせない資料の作成や、競合エージェントの交渉状況のリサーチなど、やらなければならないことは山ほどあります。さらに、いざ交渉が始まったら、交渉相手のところに何度も足を運ばなければなりません。そのような、ハードな準備や交渉に耐えられる、体力がある人がスポーツエージェントに向いています。体力がなく、すぐに疲れてしまう人は、スポーツエージェントとして働くのは難しいかもしれません。

『 忍耐力がある 』

兼ね備えていない

スポーツエージェントが行う交渉は、一筋縄ではいかないことが多いです。スポーツチームやスポンサーと、粘り強くやり取りを続けていく必要があります。そのため、地道な交渉に耐えられる、忍耐力のある人が、スポーツエージェントに向いています。また、順調に進めていたはずの交渉が、急に白紙になることも珍しくありません。それでも心が折れることのない、強い忍耐力が必要です。

『 約束を守れる 』

そこそこ兼ね備えている

スポーツエージェントは、担当するアスリートから信頼されなければなりません。そのためには、アスリートとの約束をしっかりと守る必要があります。アスリートを裏切って、勝手に交渉内容を変更したり、アスリートの機密情報を漏らしたりすることは、絶対にしてはいけません。また、スポーツチームやスポンサーと順調に交渉を進めるためには、時間の約束を守る必要があります。万が一、スポーツエージェントが時間の約束を破って、交渉が決裂すると、アスリートの人生を大きく変えてしまうことになりかねません。したがって、あらゆる約束をしっかり守れる、誠実な人が、スポーツエージェントに向いています。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのスポーツエージェント適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る