理想の就活/転職のための
自己分析サイト

特別支援学校教諭に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今特別支援学校教諭の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい特別支援学校教諭に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたの特別支援学校教諭適性診断結果

あなたの適性度は49%で、特別支援学校教諭の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。特別支援学校教諭を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

特別支援学校教諭に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.思いやりがある
2.想定外の出来事も楽しめる
3.根気強い
4.柔軟に物事を考えられる
5.臨機応変に対応できる
6.立ち直りが早い
7.コミュニケーション能力が高い
8.常に学ぶ意欲がある
9.体力がある
10.聞き上手
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 思いやりがある 』

そこそこ兼ね備えている

子供が好きで教師を目指すという人も多いですが、特別支援学校教諭は単に子供好きという理由だけで勤まる仕事ではありません。特別支援学校に通う子供は同じような失敗を何度も繰り返したり、1つのことを理解するのに時間がかかります。自分の思い通りにならないからと言って厳しく指導するのは逆効果で、信頼関係が築けなくなる恐れがあります。子供がどんな失敗をしようとも、すぐに怒ったりせず温かい心で接することが出来る人が現場では求められています。

『 想定外の出来事も楽しめる 』

そこそこ兼ね備えている

特別支援教育を受ける子供には個別に指導計画を立てます。少しずつでも成長していけるよう、計画に合わせて指導していく訳ですが、なかなか思い通りにはならないものです。「何とか成長させなければ」という思いが強いほど不安やイライラが募りますが、責めたところで何も解決しません。子供の教育は想定外のことが起こるのも当然とゆったりと構え、子供達の突拍子もない言動を楽しめるような人ならストレスなく仕事を続けられる可能性が高いです。

『 根気強い 』

そこそこ兼ね備えている

同じ失敗を繰り返す子には、何度も丁寧に教えていかなければいけません。また一つ一つの動作が遅い子には急かさず、出来るまでゆっくり見守ります。傍から見るともどかしく感じるかもしれませんが、とにかく粘り強い指導が必要な現場です。そのため、なかなか結果が出なくても気長に待てる、根気強い人に向いている仕事と言えます。

『 柔軟に物事を考えられる 』

兼ね備えていない

指導歴が長くなると、ある程度子供のタイプに合わせた指導法を確立できるかもしれません。自分の直観や経験値を活かしていくことはもちろん大切ですが、狭い枠組みに当てはめてしまうのは要注意です。子供によって特性は異なり、良かれと思って行った指導でも合わないケースはあるため、「こうあるべき」という考え方にこだわりすぎず、その時々に応じて自分の見方や考え方を変えられる力も必要な要素となります。

『 臨機応変に対応できる 』

十分に兼ね備えている

特別支援学校に通っている子供は様々な心身の特性があり、時に体調が悪くなったり、パニックを起こすこともあります。こんな時に教師が慌てふためくと、さらに手がつけられなくなるかもしれません。場合によっては命を落とす危険性もあります。色々な出来事が起こり得る現場だからこそ、どんな時も臨機応変に対応できる人材は重宝されます。

スポンサーリンク

『 立ち直りが早い 』

そこそこ兼ね備えている

仕事をしている中で失敗したり、人から注意されて落ち込む日もあるかもしれません。もちろん反省すべき点はしっかり反省する必要がありますが、いつまでもクヨクヨと落ち込んでいては仕事に支障をきたします。特に特別支援学校は毎日様々なトラブルが起こると予想され、仕事に集中していなければ、大きな事故に繋がる恐れもあります。そのため良い意味で立ち直りが早く、常にポジティブな考え方が出来る人に適正があると言えます。

『 コミュニケーション能力が高い 』

兼ね備えていない

特別支援学校教諭は子供だけではなく、その子供の保護者や外部の支援機関との関わりもあります。そしてお互いに情報を共有していくためには、密なコミュニケーションが欠かせません。人と連携を取り合うことも大事な業務の一つであるため、どんな相手とでも会話が苦にならない、コミュニケーション能力に長けている人が求められます。

『 常に学ぶ意欲がある 』

十分に兼ね備えている

医療は日々進歩していますが、それに伴って身体障害や知的障害の治療法、療育法も変化しています。教師になっただけで満足していては進歩がなく、いつまでも古い考え方しか出来ません。安全で正しい指導を行うためにも、常に最新の情報にアップデートしていく必要があるのです。もちろん働きながら勉強していく事は容易ではありません。しかし向上心があり、学習意欲が高い人なら苦にはならず、ごく自然に自分自身を高めていくための努力が出来るのです。

『 体力がある 』

そこそこ兼ね備えている

体が不自由な子供にはトイレ介助や着替え介助を行います。また知的障害を抱えている子の中には、あちこち動き回ったり突然走り出す子もいますが、放置しておく訳にはいきません。事故を起こさないためにも、教師も一緒になって走って後を追いかけます。障害によって対応も違ってきますが、いずれにしろ傍で見守る教師にはそれなりの体力が必要になってきます。

『 聞き上手 』

あまり兼ね備えていない

時には障害を抱える子の保護者から相談を受ける機会もあります。学校での普段の様子を見た上でのアドバイスになるため、保護者が求めているような答えを導き出せないかもしれません。それでも保護者にとっては、心の中に溜めていたものを吐き出せるだけでも、気持ちはスッキリするものです。しっかり相手に向き合って、最後まで話を聞くことが出来る人は、保護者や家族から頼られる存在になるかもしれません。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの特別支援学校教諭適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る