理想の就活/転職のための
自己分析サイト

サウンドクリエイター適性診断|あなたは向いている人?向いてない人?

あなたは今サウンドクリエイターの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいサウンドクリエイターに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたのサウンドクリエイター適性診断結果

あなたの適性度は56%で、サウンドクリエイターの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。サウンドクリエイターを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

サウンドクリエイターに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.音楽的なセンスがある
2.幅広い音楽の知識を身に付けている
3.作曲や編曲が得意
4.デジタル機器の操作が好き
5.読解力がある
6.並外れた集中力や忍耐力を持っている
7.創造力がある
8.トレンドに敏感
9.コミュニケーション能力に長けている
10.音楽への愛を持ち続けられる
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 音楽的なセンスがある 』

あまり兼ね備えていない

ドラマや映画、ゲームなどのBGMや効果音を生み出すサウンドクリエイターには、音楽的なセンスが不可欠です。音楽のリズムを解し、人々に愛され、支持される音楽とは何かを考えられる人は、サウンドクリエイターに向いていると言えるでしょう。日頃から音楽を聴いて、センスに磨きをかけることが大切です。

『 幅広い音楽の知識を身に付けている 』

あまり兼ね備えていない

音楽を職業とするにあたっては、楽譜が読める、楽器の種類や音色について知っている、音楽理論が理解できる、といった基本的な音楽の知識が求められます。ジャンルを問わず、幅広い音楽に関する知識を持っていると、多種多様なサウンドクリエイトの依頼に応用できます。また、ピアノをはじめとするキーボードを演奏できる技術があれば、打ち込み作業を効率よく進めることができるので、有利です。

『 作曲や編曲が得意 』

そこそこ兼ね備えている

どれほど音楽関連の知識や経験を持っていても、自分で新しくサウンドを生み出す力がなければ、サウンドクリエイターとしての仕事はこなせません。クライアントから依頼された趣旨に合う曲を作ったり、使用されるシーンに応じて編曲したりするには、作曲や編曲について学び、経験を積んでおくことが必要となります。

『 デジタル機器の操作が好き 』

だいぶ兼ね備えている

サウンドクリエイターの主な仕事は、DTMの略称で知られるデスクトップミュージックを作ることであり、その作業はパソコンを使って行われます。アナログでも作曲はできますが、サウンドクリエイターとして活躍するためには、電子楽器での演奏や、デジタル機器の操作を抵抗なくこなせることが不可欠です。デジタルでの作業を快適にスムーズにこなせることが、成功への鍵となるでしょう。

『 読解力がある 』

十分に兼ね備えている

サウンドクリエイターの仕事は、クライアントからの依頼に応じてこなすものです。依頼されたゲームやドラマの内容がどのようなものかを深く理解し、登場人物の心の動きなどについても、きちんと理解しておくことが大切です。作品に対する読解力、文脈を正しく理解できる力があれば、サウンドクリエイターとしての強みとなることでしょう。

スポンサーリンク

『 並外れた集中力や忍耐力を持っている 』

そこそこ兼ね備えている

サウンドクリエイターは華やかなイメージもある職業ですが、デスクトップミュージックを作る作業では、音色を選択したり、パートごとの音量を調整したり、といった細かな作業を地道に続ける必要があります。根気強く集中して作業に取り組める力を持っていると、サウンドクリエイターとして活躍しやすいでしょう。また、幅広い依頼内容や納期に合わせて音楽を作る仕事をするにあたっては、忍耐力が求められます。自身の好みとは異なる趣旨の曲作りを依頼されたり、短い期間に数多くの曲を作らなければならなかったりといった状況に置かれても、忍耐強く乗り越えられる力を付けておくことが大切です。

『 創造力がある 』

そこそこ兼ね備えている

サウンドクリエイターは、オリジナリティや創造力が役立つ職業です。人々の心を惹きつける印象的なメロディーを創造すること、感情や情景に寄り添う音楽を作ることは決して簡単なことではありません。サウンドクリエイターとは、誰にでもできる仕事ではないからこそのやりがいや誇りを感じられる職業でもあるのです。

『 トレンドに敏感 』

だいぶ兼ね備えている

映画やドラマ、ゲームで使用される音楽を作るにあたっては、時代や人々が求めているものが何かを理解しておくことが重要です。常にアンテナを立てて、トレンドに敏感である姿勢を持ち続けることは、サウンドクリエイターとして支持されることにつながります。音楽を中心に、カルチャー全般への興味関心を高め、サウンド作りのヒントにするとよいでしょう。流行に合わせて柔軟に幅広い音楽を生み出すことは、サウンドクリエイターとして成長することにもつながります。

『 コミュニケーション能力に長けている 』

そこそこ兼ね備えている

一人で音楽を作る作業をこなす時間が長いサウンドクリエイターの仕事ですが、実は、人との関わりが深い仕事でもあります。仕事を依頼してくれるクライアントをはじめ、ディレクターやプロデューサーとコミュニケーションを取ることが、依頼内容に合う音楽を完成させる上で不可欠となります。どのようなサウンドが望まれているかを把握するためのヒアリング力や、進捗状況を適切に報告する能力など幅広い面でのコミュニケーション能力が求められます。

『 音楽への愛を持ち続けられる 』

あまり兼ね備えていない

サウンドクリエイターは、クリエイティブで楽しい仕事である一方で、忙しい時期でも納期に間に合うように曲作りをこなすことを求められる仕事でもあります。精神的、体力的に辛いと感じる時期であっても、音楽への愛を持ち続け、乗り切ろうと思える人こそがサウンドクリエイターに向いていると言えるでしょう。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのサウンドクリエイター適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0

おすすめコンテンツ

おすすめコンテンツ

  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る