理想の就活/転職のための
自己分析サイト

本ページはマイナビ社などの広告が含まれています

作詞家に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今作詞家の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい作詞家に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

作詞家に向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたの作詞家適性診断結果

あなたの適性度は46%で、作詞家の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。作詞家を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

作詞家に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.相手の意図を読み取るのが得意
2.何事も柔軟に対応できる
3.最新の流行をわかっている
4.ボキャブラリーが豊富
5.音楽的な知識やセンスがある
6.人生経験が豊富
7.交渉力がある
8.考えることが苦にならない
9.金銭感覚がしっかりしている
10.精神的に強い
スポンサーリンク
\この診断を受けたい方はコチラ/
作詞家適性診断を受ける(2分)

診断結果の解説

『 相手の意図を読み取るのが得意 』

だいぶ兼ね備えている

作詞家はクライアントから要望があって初めて成り立つ仕事です。クライアントが何を求めているかを知ることから仕事が始まります。その点が自分発信で作品を作る詩人と違うところです。自分で構想を練る作品もありますが、作詞家の仕事の多くは依頼を受ける形で始まります。ですから作詞家には、相手が何を求めているかを素早く掴む勘の良さが求められるのです。作詞家の仕事の中でもっとも有名なのは、作曲家が作った曲に詞をつけることでしょう。曲の意図や目論見がわからなければ、良い詞をつけることは難しいでしょう。

『 何事も柔軟に対応できる 』

そこそこ兼ね備えている

作詞の仕事には相手の意図を読み取る力だけでなく、柔軟な対応力も求められます。作詞家もアーティストですから自分の中にも強い理想を持っている人が多いです。時には自分の受けた仕事が自分の感性や理想と合わないことも出てきてしまうでしょう。そういった時に、自分の考えと周囲の考えに折り合いをつける必要があります。

『 最新の流行をわかっている 』

兼ね備えていない

人の心を打つ歌詞を書くためには、生活者がどんな考えを持っているのかを掴んでいなければなりません。生活者の心情を知るためには世の中の動きに対してアンテナを張り、常に情報収集を行っていく必要があります。このアンテナは偏っていてはいけません。自分の興味があるないに関わらず、すべての分野に網を張る必要があるのです。小学生男子間の流行と高齢女性の余暇の過ごし方の両方に対して、同じくらいの知識を持っておく必要があります。そういった努力の積み重ねが、いい歌詞につながっていくのです。

『 ボキャブラリーが豊富 』

だいぶ兼ね備えている

作詞家にとって言葉は、仕事をして行く上で大切な武器になります。しかしただ多くの言葉を知っているだけではいけません。作詞をする際に大事なことは、幅広い階層の人間に刺さる言葉を選んでくることです。同じ内容の言葉であっても、より届きやすい方を選ばなければなりません。たくさんの言葉を覚えるだけでなく、その中から作詞に使える言葉を選別しなければならないのです。

『 音楽的な知識やセンスがある 』

あまり兼ね備えていない

作曲家の意図を汲むためには、ある程度の音楽知識が必要になってきます。現代人の多くは、音楽が身近な生活を送っています。ですから自然と音楽センスを身に着けている人が多いです。しかし作詞を仕事とするためには、感性だけでなく音楽の歴史や用語に通じていなければなりません。直接その知識が問われるような事はないかもしれませんが、そういった知識を前提として判断や言葉選びをしていく必要があります。

スポンサーリンク

『 人生経験が豊富 』

そこそこ兼ね備えている

語彙が豊富であったり、言葉選びにセンスがあれば作詞家になることはできるかもしれません。しかし大ヒット作を生み出すためにはそれだけでは足りないでしょう。言葉を自分のもととするためには、ある程度の人生経験が必要になってきます。豊富な経験を持つことで、言葉の1つ1つに重みや味わいが出てくるのです。経験を積むことで歌詞の中の登場人物にも奥行きが出てきます。

『 交渉力がある 』

そこそこ兼ね備えている

作詞家は自室にこもっていて完結する仕事ではありません。書くという作業は一人でもできますが、クライアントや企業の担当者など多くの人と会う必要があります。作詞家の仕事を円滑に進めていくためには、ある程度の交渉力は必要です。

『 考えることが苦にならない 』

そこそこ兼ね備えている

作詞は数百文字で成り立つ作品が多いですが、その分一つの言葉にかかるカロリーは多くなってきます。一つの言葉が出てくるために何時間も待たなければならないこともあるのです。普段から考えることが好きでアイデアを形にしたいという人が、作詞家に向いていると言えるでしょう。

『 金銭感覚がしっかりしている 』

だいぶ兼ね備えている

事務所に所属している作詞家も存在しますが、多くの作詞家はフリーランスで仕事をしています。フリーランスの仕事は浮き沈みがあるため、長く仕事をしていくには真っ当な金銭間隔が不可欠です。収入以上に支出が多い場合は、すぐに支出を減らしていかなければなりません。そういった細かな振る舞いができないと、フリーランスとして働いていくのは難しいでしょう。仮に仕事がなくなった場合には、すぐに生活のランクを落とす必要があります。

『 精神的に強い 』

兼ね備えていない

作詞家に関わらずクリエイターは、スランプというものとうまく付き合っていかなくてはなりません。スランプの原因は多種多様で、こうすれば治るという方法は発見されていません。専門家に相談することもできますが、多くの場合自分の力で乗り越えていかなければなりません。スランプの時期でも締切はやってくるので、不調なときであっても作品を完成にこぎつける必要があります。自分の中で現実と折り合いをつける、精神的なタフさが求められるでしょう。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの作詞家適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

1位 マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

2位 doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

3位 リクルートエージェント

└業界最大手で転職支援実績No.1

\この診断を受けたい方はコチラ/
作詞家適性診断を受ける(2分)

この適正診断テストでわかること

  • 作詞家に向いているか向いていないか
  • 作詞家の職業適性度
  • 作詞家に必要な10の資質
  • 解説で作詞家に必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか

作詞家とは?

作詞家は文筆業の一種で、歌詞になる言葉を創作する人です。

歌詞を作って収入を得る人を作詞家と呼びますが、専業の作詞家に限らず、歌手や作曲家、作家など他の仕事と兼任する人も少なくありません。

特に歌唱と関係のある仕事に従事している人が作詞家として活動するケースが多く、歌手の意向を汲んだフレーズを作ってくれると好意的に評価される傾向にあります。

作詞家の仕事はセンスと表現力が重視される仕事であることから、文章の作成が得意などある程度の条件がある事実は否定できません。

売れっ子の作詞家が作家など他の文筆業に就くこともあります。

作詞家になるには?

作詞家になるための資格や免許はありませんが、歌手に歌ってもらうことで初めて仕事として成り立つことから、芸能界との繋がりが重視されるのも事実です。

初心者がいきなり作詞家になるのは現実的ではありません。

普通は芸能関係の会社に就職し、作詞家や音楽事務所の社員などと繋がりを持って仕事を得る形になります。

作詞家の弟子になって働きながら技法を磨くのが一般的な方法と言えるでしょう。

変則的な方法として、すでに知名度が高いタレントなどが作詞家に転身することもあります。

詩人や作家などの文筆業の専門家が副業として作詞に携わるのも珍しいことではありません。

作詞家の給料・年収

作詞家の収入は創作した歌詞の印税が主です。

芸能事務所の契約内容によって違いはありますが、大抵は歌がヒットするほど作詞家の印税も増えると言えるでしょう。

作詞家の平均的な年収は約100万円から数千万円と非常に大きな開きがありますが、これは歌の売れ行きが影響しているためです。

また、作詞家は小説やエッセイなど、他の分野の創作活動で収入を得ることもあります。

芸能関係のニュースでコメントするなど、タレント活動も作詞家の収入源のひとつです。

知名度が高い作詞家が作詞以外の活動で多くの収入を得ることも珍しくありません。

作詞家の就職・転職先(求人)

作詞家は音楽事務所や芸能プロダクション、テレビ局などに雇用されるのが一般的です。

雇用形態は人によって違いがあり、社員待遇であったり個人事業主としての業務提携であるなど様々です。

フリーランスで活躍する作詞家は売れっ子になるほど収入が多くなりますが、一方で会社運営の雑務もこなす必要があるので多忙と言えるでしょう。

作詞家が芸能関係のスクールで講師を勤めたり、若手の志望者を募って教育するケースもあります。

芸能プロダクションを立ち上げて自ら歌手をプロデュースするなど、作詞家と経営者の二足のわらじを履いて活動する人も少なくありません。

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0