理想の就活/転職のための
自己分析サイト

本ページはマイナビ社などの広告が含まれています

生活相談員に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今生活相談員の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい生活相談員に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

生活相談員に向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたの生活相談員適性診断結果

あなたの適性度は56%で、生活相談員の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。生活相談員を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

生活相談員に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.個人よりチームワークを大切にする
2.他人への思いやりがある
3.介護業界の最新の事情に詳しい
4.運転スキルがある
5.想像力豊か
6.周りの人へのフォローが上手い
7.事務作業が得意
8.テキパキ動ける
9.勉強熱心
10.苦情に真摯に対応できる
スポンサーリンク
\この診断を受けたい方はコチラ/
生活相談員適性診断を受ける(2分)

診断結果の解説

『 個人よりチームワークを大切にする 』

十分に兼ね備えている

生活相談員は、有料老人ホームや特別養護老人ホームといった規模が大きい介護施設に配置されています。そのため、本来の業務である利用者や家族の相談対応はもちろん、仕事上で介護職員や看護師、理学療法士といった様々な職種のスタッフと協力しながら仕事をこなしていくことが期待されます。また、施設の入居に関する手続きを取る際はケアマネジャーや事務職員と関わる場面も多くなり、人当たりが良い人が好まれる傾向があります。

『 他人への思いやりがある 』

兼ね備えていない

生活相談員は、仕事柄心身ともに様々な問題を抱えている人や、経済的に困窮している人と対応する機会が多くあります。例えば、特別養護老人ホームや介護老人保健施設といった要介護度が高い人が多くいる現場においては、利用者とコミュニケーションを取るのが難しくなることもありますが、その都度相手の立場になって思いやりを持って相談に乗ることが大切です。

『 介護業界の最新の事情に詳しい 』

だいぶ兼ね備えている

生活相談員は、直接介護保険料の請求など事務作業に携わることは少ないですが、様々な介護保険サービスの内容や利用方法について利用者や家族に分かりやすく説明をすることが望まれます。そのため、介護従事者向けのセミナーや講演会に参加をしたり、市区町村の福祉課の担当者とコンタクトを取ったりして、介護業界の最新の事情をインプットしておく必要があります。なお、介護保険法をはじめとした介護事業に直接かかわる法律の改正は不定期に行われるため、知識が時代遅れにならないようにしなければなりません。

『 運転スキルがある 』

そこそこ兼ね備えている

生活相談員が働く介護施設の中には、専属の運転手がいないところや、時間帯によって職種に関係なく手の空いたスタッフが送迎を担当するところもあります。一般的に、生活相談員は介護職員や看護師など現場のスタッフと比べてデスクワークがメインとなりますが、率先して送迎を担当できる人は周りの同僚や利用者から信頼されることがあります。また、介護車両の運転を担当する際は、事故防止のために昇降リフトや手すりなどの使い方をきちんと覚えておくことが重要です。

『 想像力豊か 』

十分に兼ね備えている

生活相談員が担当する業務は施設ごとに違いがありますが、スタッフと利用者との距離が近い施設では、介護職員だけでなく全てのスタッフがレクリエーションの企画や運営に携わっているところも少なくありません。そのため、普段から想像力や企画力が優れている人や、レクリエーション活動中に個々の利用者のサポートを円滑に行える人は高く評価されています。

スポンサーリンク

『 周りの人へのフォローが上手い 』

兼ね備えていない

生活相談員は、入職をして間もない新入職員に対して施設の案内や、主に担当する業務について丁寧に説明をする役目もあります。各地の介護施設では若手のスタッフの離職率が高い状況にありますが、生活相談員が中心となり長く定着できるよう仕事に関する悩み相談を受け付けたり、職場内で他のスタッフと上手くやれるようにフォローしたりすることも重要です。また、時には歓送迎会や親睦会の幹事をするなど、職場のコミュニケーション活性化に向けて努力をする人が好まれます。

『 事務作業が得意 』

あまり兼ね備えていない

生活相談員は、勤務先の規模の大きさや人員配置によりますが、新人から中堅、管理職など様々な立場のスタッフの研修に携わることがあります。特に、事務員の数が少ない施設では、生活相談員が職員研修のスケジュール調整をしたり、研修のテーマや方法を考えたりすることもあり、それぞれのスタッフの立場で有意義な研修を受けられるようサポートが必要です。

『 テキパキ動ける 』

あまり兼ね備えていない

生活相談員は、人員不足の施設で介護職員を兼任することがあり、食事や排泄、入浴など身体介助を任される場面もあります。利用者の負担がないように身体介助を行うには基本的な介護の知識や技術が求められるため、生活相談員の業務の傍ら積極的に現場に顔を出したり、自主的に職場の内外での研修会に参加をしたりするのも有効です。

『 勉強熱心 』

十分に兼ね備えている

生活相談員は、現場で一定の相談援助の経験を積んで介護施設の施設長や事務長など責任のあるポジションに就くこともあります。相談援助に関するスキルだけでなく、施設のマネジメントや人材育成に関するスキルがある人は管理職候補として各地の施設で重宝されています。また、生活相談員に期待されるスキルは施設ごとに違いがあるため、将来を見据えて就職前に自分に向いている職場を見極めなければなりません。

『 苦情に真摯に対応できる 』

十分に兼ね備えている

生活相談員は、提供している介護サービスについて利用者や家族からの苦情を受け付けたり、苦情の内容を職員間で共有して改善に努めたりする役割があります。そのため、施設内に苦情の相談窓口を設けるだけでなく、個々の利用者に日ごろからアンケートやヒアリングを行って問題を早期に把握するなど真摯に対応できる人が向いています。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの生活相談員適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

1位 マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

2位 doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

3位 リクルートエージェント

└業界最大手で転職支援実績No.1

\この診断を受けたい方はコチラ/
生活相談員適性診断を受ける(2分)

この適正診断テストでわかること

  • 生活相談員に向いているか向いていないか
  • 生活相談員の職業適性度
  • 生活相談員に必要な10の資質
  • 解説で生活相談員に必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか

生活相談員とは?

生活相談員とはソーシャルワーカーとも呼ばれ、介護福祉施設と利用者、また利用者家族の間に入ってサポートする役割を担っています。

ケアマネージャーに似た職業ですが、ケアプラン作成などの業務は行いません。

介護施設の入退所手続きや充実した介護サービスを提供するための環境整備、利用者とその家族からの相談対応、施設や関係各所への連絡・調整、さらに介護職員やケアマネージャーのサポートなどが主な業務内容となっています。

施設によっては介護職員との兼務を任されることもありますが、いわゆる介護サービスの窓口として、介護サービスの質の向上に努めています。

生活相談員になるには?

厚生労働省令や社会福祉法では、生活相談員になるには精神保健福祉士か社会福祉士、社会福祉主事の中のいずれか一つの資格を持っていることが条件になっています。

ただし独自の要件を定めている自治体もあり、何か資格を保有していても自治体が求める要件を満たしていなければ生活相談員になることは出来ません。

逆に「介護保険施設か通所系サービス事業所において、常勤で2年以上の介護業務経験がある」など、一定の実務経験を要件としている自治体なら、無資格でも生活相談員になることが可能となります。

自治体によって差が大きいため、生活相談員を目指す際は、まずはしっかり要件を確認しておかなければいけません。

生活相談員の給料・年収

複数の調査によると、生活相談員の平均年収は320~400万円あたりになります。

ちなみに初任給は16~19万円程度で、少し低めに感じるかもしれません。

ただし生活相談員は勤続年数が長くなればなるほど、その働きぶりが評価される仕事でもあるため、就職したばかりの20代前半は280万円程度であった年収でも、30代には350万円、40代では400万円を超えるまでになっていきます。

また勤務する職場によっても収入面では差が生じ、例えば24時間体制の介護施設で介護業務を兼務する場合は、深夜勤務手当が加算されるため、収入も高くなる傾向にあります。

生活相談員の就職・転職先(求人)

生活相談員が活躍できる場所といえば、主にデイサービスや特別養護老人ホーム、介護付き有料老人ホーム、介護老人保健施設などが挙げられます。

運営方針や施設形態によって働き方も様々で、デイサービスで他の介護士と一緒に介護業務に携わることもあれば、老人ホームにおいて入居者の面接をしたり、現場スタッフの相談に応じるなど重要なポジションを任される事もあります。

また転職先としては介護系施設が多くなりますが、様々な職場での業務を経験する事で生活相談員としてのスキルも向上します。

介護支援専門員の資格を取得したい時や施設長を目指す際も有利になるかもしれません。

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0