理想の就活/転職のための
自己分析サイト

中小企業診断士に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今中小企業診断士の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい中小企業診断士に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたの中小企業診断士適性診断結果

あなたの適性度は38%で、中小企業診断士の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。中小企業診断士を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

中小企業診断士に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.中小企業を育てたい気持ちがある
2.コミュニケーションスキルがある
3.経営についての理解がある
4.俯瞰的な見方ができる
5.調査能力が高い
6.話を聞いて要望を引き出せる
7.戦略を考える力がある
8.本質を見る力がある
9.金融の知識がある
10.相手の信念を尊重できる
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 中小企業を育てたい気持ちがある 』

あまり兼ね備えていない

中小企業診断士は中小企業を育てていきたいという気持ちを持っている人にうってつけの職種です。中小企業診断士は中小企業のコンサルタントやアドバイザーとして活躍しています。基本的には中小企業が抱えている課題を解決するために何をする必要があるかを提案するのが仕事です。日本には優れた力を持っている中小企業がたくさんありますが、経営で苦労していることは少なくありません。親身になって中小企業を育てたいと考えている人は中小企業診断士に適しています。

『 コミュニケーションスキルがある 』

そこそこ兼ね備えている

コミュニケーションスキルがある人は中小企業診断士に適しています。中小企業診断士は中小企業の経営者や管理職の人とコミュニケーションを取り、何を実現したいのかを理解して提案していくことが求められるからです。「この人なら信用できる」と思ってもらえる関係を築くことが中小企業診断士にとっては欠かせません。コミュニケーションは信頼関係を築き上げる基本なので、中小企業診断士にとって重要なスキルです。

『 経営についての理解がある 』

兼ね備えていない

経営に興味関心があって理解を持っている人は中小企業診断士として活躍できます。中小企業診断士は企業経営者のコンサルティングをするのが主な仕事だからです。経営者の視点を理解できていなければ納得してもらえるコンサルティングはできません。基本的な企業経営についての知識やノウハウがあることでコンサルタントとして信頼してもらえるようになります。

『 俯瞰的な見方ができる 』

兼ね備えていない

俯瞰的に物事を見られる人は中小企業診断士に向いています。中小企業診断士は第三者の立場として企業経営の評価をしたり、課題点を指摘したり、課題の解決策を提案したりすることが求められます。事業状況を俯瞰して、何が課題なのかを明確な形で指摘し、具体的な解決プランを提案できると企業を成長させられるでしょう。俯瞰力がある人はあまり多くはないので、中小企業診断士として活躍できる素養になります。

『 調査能力が高い 』

兼ね備えていない

調査能力に自信がある人は中小企業診断士として活躍できます。中小企業診断士はクライアントの中小企業の経営をより良い方向に向かせるようにコンサルティングやアドバイスをすることが必要です。競合他社の状況やターゲットとしているユーザーの様子、市場の現状や今後の展望などを調査するスキルは欠かせません。調査を通して得られた情報を根拠にすればクライアントも納得して次のアクションを起こせます。

スポンサーリンク

『 話を聞いて要望を引き出せる 』

そこそこ兼ね備えている

ヒアリングをするのが得意な人は中小企業診断士に向いています。中小企業診断士はクライアントの悩みを解決するのが最も重要だからです。まずはクライアントが何を問題として認識しているのか、経営状況はどうなのかといったことを聞き出す必要があります。ヒアリングスキルがある人なら短時間で経営課題が何かを見出すことができるでしょう。クライアントがどのような企業にしていきたいのかもわかります。方向性がわかれば解決策も考えやすいので、ヒアリングスキルがあるのは中小企業診断士にとって大切です。

『 戦略を考える力がある 』

十分に兼ね備えている

戦略立案をする力がある人は中小企業診断士として成功できます。クライアントに具体的な課題解決の戦略を提案するのが中小企業診断士の仕事です。論理的でわかりやすく、実施可能な戦略を立てて提案するスキルは中小企業診断士にとって欠かせません。ただクライアントの話を聞いているだけでは活躍できません。戦略を立てて提案できると中小企業診断士としての人材価値が上がります。

『 本質を見る力がある 』

そこそこ兼ね備えている

本質を見抜いて理解する力があると中小企業診断士として重宝されます。中小企業の価値は自社で正しく理解できているとは限りません。事業説明を受けて、クライアントが理解できていない本質的な魅力を指摘できると信頼されます。

『 金融の知識がある 』

そこそこ兼ね備えている

ファイナンスの知識があるのは中小企業診断士になって成果を出すには重要です。中小企業では資金繰りに苦労していることが多いからです。融資以外にもファクタリングなどの資金調達の方法を知っていて提案できると喜ばれます。ファイナンスについて幅広い見識があると中小企業診断士として活躍しやすくなります。

『 相手の信念を尊重できる 』

あまり兼ね備えていない

中小企業診断士は信念を持って精力的に取り組める人に向いています。中小企業は経営者が強い信念を持っていることが多く、その考え方を理解してコンサルティングをすることが欠かせません。経営者の信念を自分の信念として捉えて考える力があると、大切なパートナーとして認めてもらえます。理解力があるのは中小企業診断士として中小企業を支えていくための基本的な能力です。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの中小企業診断士適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る