理想の就活/転職のための
自己分析サイト

本ページはマイナビ社などの広告が含まれています

サービス提供責任者に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今サービス提供責任者の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいサービス提供責任者に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

サービス提供責任者に向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたのサービス提供責任者適性診断結果

あなたの適性度は48%で、サービス提供責任者の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。サービス提供責任者を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

サービス提供責任者に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.人の役に立つ仕事をしたい
2.コミュニケーション力がある
3.臨機応変、柔軟に対応できる
4.人をマネジメントする事が得意
5.細かい雑務の継続が苦手ではない
6.介護業界でキャリアアップしたい
7.計画を立てるのが得意
8.人の成長を喜べる
9.向上心がある
10.要領良く何でも器用にこなせる
スポンサーリンク
\この診断を受けたい方はコチラ/
サービス提供責任者適性診断を受ける(2分)

診断結果の解説

『 人の役に立つ仕事をしたい 』

兼ね備えていない

サービス提供責任者は、訪問介護事業所の利用者に合ったサービスが提供できるよう、さまざまなサポートを行う仕事です。弱い立場の人を助ける介護関係の仕事なので、人の役に立ちたいという気持ちがある人に向いています。よい仕事ができれば、利用者やそのご家族に加え、共に働くヘルパーなどからも感謝されるので、やりがいを感じられるに違いありません。

『 コミュニケーション力がある 』

だいぶ兼ね備えている

サービス提供責任者は、利用者・利用者の家族・ヘルパー・ケアマネージャーなど、いろいろな立場の人と関わりがあります。特に、利用者やその家族の中には、訪問介護サービスに不安を持っていたり、疑問を持つ方もいます。そのような方たちの思いをくみ上げるようにヒアリングすることがサービス提供責任者に求められています。苦手意識を持つ人とも話ができる、人の懐に入っていけるといったコミュニケーション能力の高い方は、サービス提供責任者に向いていると考えられます。

『 臨機応変、柔軟に対応できる 』

十分に兼ね備えている

サービス提供責任者は、関係機関と連携するなど、立場が違う人たちと協同していくことが強く求められます。意見が異なったり、こちらが望む対応が期待できないこともあるため、自分のやり方を貫くというよりも、その場その場で柔軟に対応できる人が向いているといえます。介護の現場は、突然、事態が変わるということが多くあります。実際、訪問介護を受ける方の状況は日夜変わっていきますし、介護サービスを提供するスタッフの事情も変化していくので、連携や調整をスムーズに行える人が適任といえます。

『 人をマネジメントする事が得意 』

だいぶ兼ね備えている

サービス提供責任者は「責任者」と名がつくように、マネジメントに関する業務のウェートが高い仕事です。直接介護に携わるというよりも、良いサービスを提供するために、現場で働く人を束ねる力が求められます。時には、自分で動いてしまった方が早いと考える場面も出てくるかもしれませんが、スタッフを信じて任せる、スタッフのやる気を引き出す能力が必要になってきます。

『 細かい雑務の継続が苦手ではない 』

兼ね備えていない

サービス提供責任者は、訪問介護サービスを提供するうえで、縁の下の力持ち的な存在です。実際にサービスの提供に至るまでには、利用者から申し込みや相談を受けて面談などを実施し、その情報をもとに担当者の意見を確認する作業を行います。訪問介護計画書の作成も、サービス提供責任者の仕事です。それとともに、サービス提供手順書を作成し、訪問介護に同行したり、利用者へのモニタリングを行うこともします。さらに、ヘルパーなどの研修や指導にも携わるなど、いろいろなタイプの仕事を行う必要があります。介護士として働いていた方がサービス提供責任者になると、介護以外の雑務が多いと感じることが多いため、そのような業務を苦手にしない人が向いています。

スポンサーリンク

『 介護業界でキャリアアップしたい 』

だいぶ兼ね備えている

サービス提供責任者は、これからも介護業界に携わり、上を目指したい方に適任といえます。介護福祉士など、現場で活躍する人がサービス提供責任者になることはめずらしくありません。実際、直接的に介護に携わる仕事をしているものの、もっと責任ある仕事がしたいという上昇志向を持つ方が、サービス提供責任者になったケースは多々あります。介護の仕事は好きだが、年齢的に体力が心配なので、将来的なキャリア形成を考えて、サービス提供責任者を目指す方もいます

『 計画を立てるのが得意 』

そこそこ兼ね備えている

自分で訪問介護計画を立て、それを実行して良い結果を引き出せたことにやりがいを感じるサービス提供責任者は多くいます。自分の立てた計画により、利用者の生活が良い方向にいくかどうかが決まることもあります。利用者の立場に立ったち密な計画が立てられるかどうかが、サービスの質を左右するといっても過言ではありません。

『 人の成長を喜べる 』

そこそこ兼ね備えている

サービス提供責任者は、自分では介護現場に立たないものの、ヘルパーなどの研修を行ったり、仕事をしていくうえでの相談にのったりします。新たにヘルパーとして働く人が成長していく姿を間近で見られるのも、サービス提供責任者の特権といえます。人の成長を、心から素直に喜べる人は、サービス提供責任者に適任です。

『 向上心がある 』

そこそこ兼ね備えている

よりよいサービス提供のためには、どんなことができるのか、考えながら業務にあたることがサービス提供責任者に求められています。サービス提供責任者は、単に決められた仕事を手順通りにこなすというよりも、いつもプラスアルファを考えていくとともに、働く側に配慮したシステム構築も必要です。人を相手にする仕事なので、「これで十分」という限界はありません。サービスの質という面で上昇志向がある人は、サービス提供責任者に向いています。

『 要領良く何でも器用にこなせる 』

兼ね備えていない

サービス提供責任者は相対的に業務量が多いため、仕事の質とともにスピードが求められます。どの仕事でも、そつなくこなすためには器用さが求められるでしょう。人と接する仕事には時間をかけ、事務作業などを効率よく行える人は、サービス提供責任者として活躍できるでしょう。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのサービス提供責任者適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

1位 マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

2位 doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

3位 リクルートエージェント

└業界最大手で転職支援実績No.1

\この診断を受けたい方はコチラ/
サービス提供責任者適性診断を受ける(2分)

この適正診断テストでわかること

  • サービス提供責任者に向いているか向いていないか
  • サービス提供責任者の職業適性度
  • サービス提供責任者に必要な10の資質
  • 解説でサービス提供責任者に必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか

サービス提供責任者とは?

サービス提供責任者とは在宅介護の仕事において利用者に提供するサービスやケア内容などを作成し、実施までのコーディネート業務を行う総括的な役割を担っています。

定期的にモニタリングを行い変化していく利用者の現状を常に正確に把握しておかなければなりません。

介護を行う職員への情報共有はもちろんケアマネージャーや関わる事業所、利用者家族との間に立ち伝達や相談にのることも大切な職務です。

訪問介護事業所には利用者の数に応じて定められている人数のサービス提供責任者が配置されます。

訪問介護事業所は施設に併設されていることが多く、就職先はさまざまです。

サービス提供責任者になるには?

サービス提供責任者になるためには介護福祉士の資格、または介護福祉士実務者研修を終了していることが必要となります。

介護福祉士は国家資格で国家試験に合格することで取得できます。

介護福祉士実務者研修とは、3年以上の実務経験に加えて介護福祉士の国家試験を受験する前に受講が必要な講座です。

介護福祉士実務者研修の受講は無資格でも受けられますが、持っている資格によって受講期間が変わる場合があります。

受講を終えることで介護福祉士の受験資格を得られるのですが、サービス提供責任者には研修を修了していればなることができます。

サービス提供責任者の給料・年収

厚生労働省の令和3年度介護従事者処遇状況等調査結果によるとサービス提供責任者の平均年収は330万円から450万円程度となっていました。

平均給料月額は21万8000円~33万8000円程とのことです。

またこの金額は介護職員と比較すると平均3万円程度多い額となります。

複数のサイトを見ると、介護福祉士の資格を所有しているサービス提供責任者と介護福祉士実務者研修終了のサービス提供責任者とでは最大で5万円程度、平均給料の金額差があるようです。

楽な仕事ではありませんが、サービス提供責任者には基本的に夜勤がないため介護職というくくりの中で考えると満足度は高いかもしれません。

サービス提供責任者の就職・転職先(求人)

サービス提供責任者の就職・転職先としては主に訪問介護事業所となります。

訪問介護事業所は特別養護老人ホーム、老人保健施設、グループホーム、有料老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅、デイサービスなど、さまざまな施設に併設されていることが多いです。

働く先によって規模も担当する人数も大きく変わります。

また、その就業先によって主な業務内容も変わってきますし、自身が介護に携わることもあります。

いずれの施設の場合でも、あくまで訪問介護事業所に所属するサービス提供責任者であり、施設全体の責任者ではありません。

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0