理想の就活/転職のための
自己分析サイト

本ページはマイナビ社などの広告が含まれています

科学者に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今科学者の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい科学者に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

科学者に向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたの科学者適性診断結果

あなたの適性度は58%で、科学者の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。科学者を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

科学者に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.論理的に考えることが得意
2.新しいものに柔軟に対応できる
3.やるべき事を自分で考えて生み出せる
4.好奇心旺盛
5.興味のあることはとことん追求できる
6.精神的に打たれ強い
7.自分を客観視できる
8.英語が得意
9.コミュニケーション能力が高い
10.忍耐強く継続力がある
スポンサーリンク
\この診断を受けたい方はコチラ/
科学者適性診断を受ける(2分)

診断結果の解説

『 論理的に考えることが得意 』

そこそこ兼ね備えている

科学者は研究施設や民間企業に所属し、研究や調査を行うのが仕事です。延々と実験を行い独創的なアイディアで新しいものを探し出す仕事のようなイメージがありますが、科学者になるために一番大切な適性は論理的な思考ができるか否か、という点にあります。科学者の仕事は研究を行い、その内容を論文にまとめることの繰り返しです。研究内容を人に分かりやすく伝えるためには、論理的な思考を元に文章を書く力が求められるのです。また、論理体系を理解することは、そこから外れたものに気付く力にもなります。そこから新しい発見に繋がることも多いので、やはり論理的思考は科学者にとって大切な適性なのです。

『 新しいものに柔軟に対応できる 』

そこそこ兼ね備えている

科学者は、今ある法則に基づいて研究を行います。大切なのは研究途中で法則と異なるものを見つけたときです。「こんなことはあり得ない」「単なるイレギュラーだ」と放り出してしまうのではなく、柔軟に受け止めてなぜそれが起こったのか考える必要があるのです。今あるものに固執するのではなく、新しいものを新しいものとして受け入れられる柔軟性が必要になります。

『 やるべき事を自分で考えて生み出せる 』

十分に兼ね備えている

学校で勉強している間は、課題はテキストから与えられます。それについて考えることで課題の答えを出すという力が養われるのです。しかし大学院に進むと、自身の研究内容は自分で考える必要があります。優秀な学生だったのに途端に何をしたらいいか分からなくなり挫折してしまう、というケースも少なくありません。これは科学者として働く上でも同様です。「自分で研究テーマや問題を考えられない人は科学者には向いていない」という意見があるくらい重要な適性です。

『 好奇心旺盛 』

十分に兼ね備えている

好奇心が強いことも適性の一つです。科学者は知的好奇心が旺盛な人が多いです。身の回りで起きていることに「なぜ?」と疑問を持つことが、科学者の研究のスタート地点になるからです。たくさんの「なぜ?」を見つけることができる人は、非常に科学者向きと言えるでしょう。もちろん、学生の間だけ好奇心旺盛であればいいという訳ではありません。企業や研究施設に就職してからも知的好奇心を持ち続け、それをとっかかりにとことん突き詰めて考えることができる人に向いている職業です。

『 興味のあることはとことん追求できる 』

あまり兼ね備えていない

科学者と一口に言っても、その分野は様々です。数学、物理学、科学、生物学が大まかな分野ですが、それらが融合した新しい分野も誕生しています。医学や薬学、工学といった実生活に近い分野もあります。どんな科学者であっても専門分野を持っています。その専門分野は自分が特に興味関心を持ち、突き詰めて研究していきたいと希望した分野です。自分の興味を深めることに幸せを感じ、研究を続けられることに満足感を得られる人は科学者向きと言えます。

スポンサーリンク

『 精神的に打たれ強い 』

だいぶ兼ね備えている

取りかかっている研究が常に成功する、あるいはいつも一定の成果を生むとは限りません。どんなに優れた科学者であっても失敗はつきもの。答えが見つからないこともありますし、成果がでるまでに予想より長い時間がかかることもあります。時には長い時間と予算をかけたにも関わらず、結果が伴わないまま頓挫してしまうこともあります。こうした厳しい道のりを乗り越え、失敗を糧にできる人でなければ、科学者は務まりません。

『 自分を客観視できる 』

そこそこ兼ね備えている

研究にのめり込んでしまうと、つい自分の都合のいい方向に結果を解釈してしまいがちです。また力を入れた研究であればある程、他の研究者から批判を受けたときに反発しそうになりますが、これは良くありません。科学は自分の頭の中にだけあるものではなく、自然環境と結びついているものです。自分の研究内容を客観視し、周囲からの指摘も冷静に受け止める姿勢が科学者には求められます。

『 英語が得意 』

そこそこ兼ね備えている

理系に進む人は英語が苦手だという人が多いですが、科学者は英語をはじめとする外国語ができた方が有利です。海外の科学者が書いた論文を読むにも英語が必要ですし、海外向けに論文を書くにも英語が必要になります。

『 コミュニケーション能力が高い 』

あまり兼ね備えていない

常に自分の研究と論文にだけ向き合っている職業だと思われがちですが、現代の科学者は大勢と協力しながら仕事をすることが多いため、コミュニケーション能力は必須です。特に特殊な研究装置を使うようなケースでは、職員同士の意思疎通ができていないことで失敗を招くこともあります。

『 忍耐強く継続力がある 』

そこそこ兼ね備えている

科学者は簡単になれる職業ではありません。最低でも大学院修士課程を修了する必要があるので、大学を卒業した後2年、博士課程まで修了するならそこから更に3年勉強に励む必要があります。時間がかかるのはもちろんですが、それだけ学費も必要になります。また、就職してもすぐ収入が安定することは稀です。それでも継続して努力を続けていけるかどうかも、適性の一つと言えるでしょう。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの科学者適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

1位 マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

2位 doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

3位 リクルートエージェント

└業界最大手で転職支援実績No.1

\この診断を受けたい方はコチラ/
科学者適性診断を受ける(2分)

この適正診断テストでわかること

  • 科学者に向いているか向いていないか
  • 科学者の職業適性度
  • 科学者に必要な10の資質
  • 解説で科学者に必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか

科学者とは?

科学者とは主に自然科学の分野で基礎研究や応用研究をしている人です。

自然界にある現象を理論的に解明したり、基礎研究を通して見出された科学的知見を商品やサービスなどの開発につなげられるようにしたりするのが科学者の役割です。

数学や物理学、化学や生物学などの理学研究もありますが、機械工学や情報工学などの応用性が高い工学研究もあります。

また、広い意味では人文科学や論理学なども科学者が研究する対象に含まれます。

この他にも医学や薬学、看護学や身体運動科学などのさまざまな分野があり、科学者は専門分野を選んで高度な研究をしているのが一般的です。

科学者になるには?

科学者になるには特別な資格は必要ありませんが、大学院を卒業して修士号や博士号を持っている人が働いています。

科学者は専門分野に特化した深く広い知識があり、分野によって異なる研究の進め方に則って仕事をする必要があります。

大学院の修士課程や博士課程で基本的な研究プロセスを学ぶことで研究現場で一人前として働けるようになるのが一般的です。

ただ、大卒や短大卒、専門学校卒の人も科学者になっていることがよくあります。

専門にしたい分野について最先端の知識と研究の流れを学べば、誰でも科学者になれる可能性があります。

科学者の給料・年収

科学者の年収は幅が広く、300万円~1000万円以上になっています。

求人サイトや転職サイト、各社の求人情報などから総合的に判断すると平均年収は600万円前後です。

科学者は知識や経験を活かして新しい知見を見出す研究を推進できることで高い人材価値が生まれます。

専門分野での権威と言われるくらいに実績を作り上げると年収は飛躍的に上がるのが一般的です。

また、専門としている人が少ない分野で活躍できる能力がある場合にも高い評価を受けます。

科学者になって年収を上げたい場合には専門にする分野をよく考えて選ぶことが重要でしょう。

科学者の就職・転職先(求人)

科学者は企業でも公的機関でも働いています。

就職先・転職先として多いのは基礎研究や応用研究をして独自の科学技術を生み出しているメーカーやベンチャー企業です。

また、国などが運営している研究所や大学・大学院も科学者が働いている現場です。

大学では教員として教育に従事することもありますが、研究員として基礎研究に特化して働くこともできます。

科学者は日本の科学技術を支える重要な職種として重宝されています。

専門分野を決めて究めていくと就職先・転職先の選択肢が広がるので、科学者になるなら知識をつけて強みを持って働けるようになるのが大切です。

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0