理想の就活/転職のための
自己分析サイト

セールスエンジニアに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今セールスエンジニアの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいセールスエンジニアに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたのセールスエンジニア適性診断結果

あなたの適性度は52%で、セールスエンジニアの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。セールスエンジニアを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

セールスエンジニアに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.人と話すのが好き
2.聞き上手で話を引き出すのが得意
3.人から信頼されるのが得意
4.好奇心が強く情報感度が高い
5.知識欲が旺盛で勉強が好き
6.立ち直りが早くストレスに強い
7.課題解決能力が高い
8.時には妥協もできる現実主義
9.広い視野を持ち全体を見渡せる
10.アクティブに外を飛び回るのが好き
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 人と話すのが好き 』

そこそこ兼ね備えている

セールスエンジニアは「エンジニア」と付いてはいますが開発業務を行うことはなく、エンジニアの専門知識を持った営業職というのが実際のところです。その仕事は客先に出向いてクライアントと商談をするのが主になるので、人と話すことが好きで得意な人が向いています。技術的な説明を知識のない人にもわかるようにする、相手の話をよく聞いて課題を見つけ出すといったコミュニケーションスキルがセールスエンジニアには必須です。

『 聞き上手で話を引き出すのが得意 』

そこそこ兼ね備えている

セールスエンジニアの仕事で重要なのは、クライアントがどのような課題を抱え、どんな要望を持っているのかを的確に理解することです。先方はもちろん説明のうまい人ばかりとは限りませんし、問題点を今一つ明確にできていない場合もあります。そんな中、相手からできるだけ率直な話を引き出し、なおかつどこに話のポイントがあるのかを見極め整理するのはセールスエンジニアの腕の見せ所です。

『 人から信頼されるのが得意 』

そこそこ兼ね備えている

商談に始まり実際のシステム導入、そしてアフターフォローと、クライアントと長いお付き合いになるのがセールスエンジニアの特徴です。商談だけを担当する営業とは違い、長期的に良好な関係を築いていく必要があります。それには単にコミュニケーション能力が高いというだけでなく、相手の立場に立って物事を考えたり、困りごとを的確に見抜いたりする力も必要です。相手のことを理解し、トラブルにもスピーディーに対応できればその信頼度はさらに増していくでしょう。

『 好奇心が強く情報感度が高い 』

十分に兼ね備えている

IT業界ではほとんどの職種で情報感度の高さが求められます。ITの世界は進歩が速いため、古い知識で満足しているようではじきに対応できなくなってしまうからです。セールスエンジニアの場合も例外ではなく、クライアントに対しより良い提案をするためには知識のアップデートが欠かせません。好奇心が強く新しい情報に興味があり、常にアンテナを張ることが苦にならないような人はセールスエンジニアに向いているといえるでしょう。

『 知識欲が旺盛で勉強が好き 』

だいぶ兼ね備えている

セールスエンジニアの場合、新しい情報に単に興味を持つだけでなく、そのことに精通して自身の知識・スキルとする必要があります。新しい技術を熟知していなければ、それを導入する提案はできないからです。時には勤務時間外に自ら本を買うなどして勉強する必要が生じることもありますが、そうしたことが苦でなくむしろ率先してできるようでなくては、セールスエンジニアとしてやっていくのは難しいかもしれません。

スポンサーリンク

『 立ち直りが早くストレスに強い 』

あまり兼ね備えていない

セールスエンジニアは、営業職の一種ともいえます。その仕事は人と関わるのが主で、様々な人の利害関係に翻弄されることもありますから、精神的にはなかなかハードな一面もあります。決まりかけていた契約が破談になる、無理難題を押し付けられる、あるいはクレームを言われるといったことも少なくありません。こうしたことにいちいち落ち込み、それを引きずるようではセールスエンジニアは務まりません。落ち込んでもすぐに立ち直れるタフさを持ち、ストレスに強い人がセールスエンジニアには向いています。

『 課題解決能力が高い 』

そこそこ兼ね備えている

セールスエンジニアが通常の営業職と異なるのは、ITの専門的な知識があるということです。様々な問題を抱えたクライアントに対し、技術的な提案ができるのがセールスエンジニアの強みであり存在価値であるといえます。ただ単に知識があるというだけでなく、その知識を背景にクライアントの課題を理解し、どんな技術を使ってそれを解決するかという提案をするのがセールスエンジニアに期待される役目なのです。

『 時には妥協もできる現実主義 』

あまり兼ね備えていない

理想を言えばこうしたいけど様々な事情から完璧にはできない、という事態も時には起こり得ます。そんなときに、現状許される条件の中で最適解を見出す、ということもセールスエンジニアには求められます。そのため、常に0か100かで物事を考える人には厳しいかもしれません。あくまで現実的な視点を持ち、必要とあらば妥協もできる柔軟性がセールスエンジニアには必要です。

『 広い視野を持ち全体を見渡せる 』

十分に兼ね備えている

セールスエンジニアがクライアントから話を聞き、提案をしたらそれを実際に形にするのは社内のエンジニアです。従って、セールスエンジニアはクライアントと社内エンジニアの橋渡し役をも担うことになります。その際、クライアントの意向と社内エンジニアの考えに齟齬が生じることもあります。そんなとき右往左往するのではなく、高い視点から全体を見て冷静に判断し、うまくとりまとめていくのもセールスエンジニアの大事な仕事です。

『 アクティブに外を飛び回るのが好き 』

そこそこ兼ね備えている

通常エンジニアといえばPCに張り付いて作業をする、というイメージが強いかもしれません。ITは好きだし知識もあるけれど、そういったワークスタイルにはなじめないという人も中にはいるでしょう。ITに関わりながらもアクティブに働きたい、という人には客先を飛び回るセールスエンジニアはまさに適職です。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのセールスエンジニア適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る