理想の就活/転職のための
自己分析サイト

本ページはマイナビ社などの広告が含まれています

営業事務に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今営業事務の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい営業事務に
向いているかわかります。

20問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

営業事務に向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたの営業事務適性診断結果

あなたの適性度は60%で、営業事務の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。営業事務を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

営業事務に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.責任感が強い
2.臨機応変に対応できる
3.コミュニケーション能力がある
4.計画性を持って行動できる
5.チームワークを大切にできる
6.マルチタスクを効率良くこなせる
7.パソコンが得意
8.集中力がある
9.人をサポートするのが好き
10.冷静な判断力がある
↓事務職の転職ならマイナビがオススメ↓
\この診断を受けたい方はコチラ/
営業事務適性診断を受ける(2分)

診断結果の解説

『 責任感が強い 』

だいぶ兼ね備えている

営業事務は、責任が強くなければこなすことはできません。顧客と厚い信頼関係を結ぶことも重要視されており、小さなミスを犯してしまうと相手からの信用を失うこともあるでしょう。そのため、責任感が強く、ミスが起きないように注意しながら仕事を進める力があることも営業事務として活躍する条件と言えます。どんな小さな仕事であっても手を抜かず、顧客の立場に立って仕事を進めることができるなど、責任感のある人は顧客はもちろん、上司からの信用も得られます。

『 臨機応変に対応できる 』

そこそこ兼ね備えている

さまざまな物事を決まった型にはめることなく臨機応変に対応できる人は、営業事務に向いています。営業事務の仕事は、毎日決まったルーティンで進められることばかりではありません。急遽、お客様との打ち合わせが入ることもあり、突然の予定にも適切に対処できる力が必要です。そのため、マニュアル通りの型にはまりすぎた考えで行動してしまう人は、営業事務の仕事を円滑にこなすことが困難になりがちです。状況に合わせて臨機応変に対応できる力を身につける必要があるでしょう。

『 コミュニケーション能力がある 』

あまり兼ね備えていない

コミュニケーション能力があることも営業事務に欠かせない資質です。営業事務は、ほかの職種と比べても人と接することが多く、さらに積極的に会話をしなければいけません。自社の従業員はもちろんのこと、社外の人や顧客とのやりとりも適切に行う必要があります。人と話すことが苦手という人や一人でコツコツと仕事がしたいという人は、コミュニケーション能力が求められる営業事務の仕事は不向きと言えます。

『 計画性を持って行動できる 』

だいぶ兼ね備えている

営業事務の業務を円滑に進めるためには、計画性を持って行動しなければいけません。電話対応や顧客の獲得に向けて行動するほか、書類作成など営業事務がこなさなければならない業務は数多くあります。計画性がなく行き当たりばったりで仕事をこなそうとすると、良い成果を出すことはできません。スピーディーに、そして効率良く業務をこなしながら成果を得たい営業事務の仕事は計画を立てることが得意な人に向いています。

『 チームワークを大切にできる 』

あまり兼ね備えていない

営業事務は一人で業務を進めることが多いと思っている人もいるかもしれません。しかし、営業事務は、チームワークでこなす業務も多く、仲間とともに協力しながら成果を出していきます。また、上司や同僚と情報を共有し、共に目標を達成します。そのため、一人で黙々と仕事をすることが好きという人は、営業事務の仕事で成果を出すことは難しいでしょう。

スポンサーリンク

『 マルチタスクを効率良くこなせる 』

そこそこ兼ね備えている

多くの業務を抱え効率良くタスクをこなせることも営業事務が求められるスキルの一つです。複数の仕事を同時に抱えることも多く、すべての業務を円滑に進めるためには効率化を図らなければいけません。効率の良い仕事の流れや優先すべき業務など、営業事務の業務を円滑に進めるために必要なことをすぐに見つけられる人は営業事務のエキスパートとして活躍できる力があります。

『 パソコンが得意 』

そこそこ兼ね備えている

営業事務の仕事の一つに書類作成があります。Wordで文章を作成することやPowerPointを使って資料を作成するなど、さまざまなパソコンスキルを身につけていなければいけません。営業事務の求人を見てもパソコンスキルがあることを採用の条件にしている企業もあります。パソコンが苦手な人は、WordやExcelのほか、PowerPointなど、さまざまなパソコンスキルを身につけておくと安心です。

『 集中力がある 』

十分に兼ね備えている

営業事務は、時に細かいデータを使い業務を行わなければならないことがあります。もちろんミスは許されません。数字に強くデータ管理をしっかりと行うために集中力が求められます。細かい作業も多いので、コツコツと集中して仕事を取り組めることも営業事務に必要なスキルです。営業事務の業務の中には、請求書や発注書の管理などもあるので、小さなミスも見落とさない集中力を兼ね揃えておく必要があります。

『 人をサポートするのが好き 』

そこそこ兼ね備えている

営業事務は、営業部の一員として従業員同士をまとめるサポート的な存在です。お互いに働きやすいように職場環境を整えることや周囲の状況を把握して相手が求めていることを適切に対処する力がある人は、営業事務に向いていると言えます。複数人の同僚とチームを作り、仲間とともに協力して目標を達成しなければならない場では、お互いにサポートする気遣いがなければしっかりと成果を出すことはできません。

『 冷静な判断力がある 』

十分に兼ね備えている

判断力がある人は、自分の意志を持ってスピードを意識しながら業務を進めることができます。顧客獲得に向けてスピードを要する営業事務の仕事は、判断力に優れていなければいけません。相手が求めていることを即座に察知し、さらに指示を待つことなくスピーディーに行動する力が必要です。顧客からの指示を待ってしまうなど行動が遅い人は、責任感がないとみなされてしまい信用を失うこともあるので注意しましょう。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの営業事務適性診断結果シェア画像

《 事務職で評判の良い転職サービス3選 》

事務職での転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

リクルートエージェント

└業界最大手で転職支援実績No.1

\この診断を受けたい方はコチラ/
営業事務適性診断を受ける(2分)

《 営業事務適性診断の質問一覧 》

  • Q1. 任された仕事はきっちりこなす
  • Q2. 突発的なトラブルが起きても動じず冷静に対処できる
  • Q3. 相手の話を聞くのは得意だ
  • Q4. 勉強や仕事は期限内に終わらせられる
  • Q5. 一人よりチームが好きだ
  • Q6. たくさんの仕事を同時並行で進められる
  • Q7. コンピュータを扱うことに苦手意識はない
  • Q8. 長時間集中して勉強や仕事をできる
  • Q9. 困っている人を見ると助けたくなる
  • Q10. 焦って間違った判断をすることは少ない
  • Q11. 責任の重い役割は受けたくない
  • Q12. 上手くいかなくても一つのやり方に固執してしまう
  • Q13. 口下手で話をするのが苦手だ
  • Q14. 無計画の旅行が好きだ
  • Q15. 自分は一匹狼タイプだと思う
  • Q16. 要領が良いタイプではない
  • Q17. パソコンのタッチタイピングができない
  • Q18. 注意力散漫ですぐに他の事を考えてしまう
  • Q19. 目立ちたがり屋だ
  • Q20. 人に流されやすい性格だ

この適正診断テストでわかること

  • 営業事務に向いているか向いていないか
  • 営業事務の職業適性度
  • 営業事務に必要な10の資質
  • 解説で営業事務に必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか

営業事務とは?

営業事務とはどのような仕事を行うのかというと、営業部門の担当スタッフのサポートやバックアップを行うのが主な仕事の役割です。

もちろん各業界によって扱う商品やサービスが異なるので、仕事内容は異なりますが、基本的にはデスクワークが中心となります。

具体的にどのような仕事内容かというと、メールや電話対応を行ったり、取引に必要な書類を作成したり、プレゼン用や社内会議用の資料を作成する事もあります。

また書類のファイリング作業や売り上げや納品、在庫の管理以外にも、顧客の住所や電話番号といった顧客情報の管理や、契約内容や発注履歴等の案件管理も重要な仕事の1つです。

営業事務になるには?

営業事務になるにはどうすれば良いかというと、特に特別な学歴や資格は必要ありません。

何故なら営業事務の仕事で必要な能力は、入社後に実務で習得していくからです。

基本的に一定の学力以上であれば働く事が出来ますが、大企業の新卒採用では大卒以上の学歴が条件となるので、大企業での営業事務職に就きたいのであれば、大学には進学しておいた方が良いです。

また資格も不問ですが、簡単な資料を作成出来る程度のパソコンや簿記のスキル、ビジネスマナーや一般常識を学生時代に身につけておくと、就職活動でも大きなアピールをする事が出来るのでおすすめです。

営業事務の給料・年収

営業事務の平均年収を複数の調査から見てみると、大体300~400万円程です。

月に換算すると平均月収は25~33万円です。

就職したての頃の月収は大体20万円前後が相場となっています。

そして40代になると、平均年収は460万円程になり、最終的に定年間際の55~59歳になると平均年収は572万円となります。

全体の給与幅を見ても300~935万円と幅広く、勤務先や年齢、スキル等によって大きく変わって来るのが特徴です。

特に営業事務の仕事は、ボーナスや職場によって年収にばらつきがあるので一概にいくらという事は難しく、あくまで相場は平均的な数字と見ておいた方が良いです。

営業事務の就職・転職先(求人)

営業事務の就職先としては、基本的にどの企業にも営業事務の仕事はある為、大企業だけでなく中小企業も含め、あらゆる分野の企業に就職する事が出来ます。

そして営業事務として営業職として働く人のサポートやバックアップを行います。

営業事務職は事務系の中でも仕事の幅が広いので、様々なスキルが身に付きやすいです。

その為キャリアアップや転職もしやすいのが特徴です。

例えば営業事務から営業職へとシフトする事で、より給与アップが期待出来ますし、営業事務で培ったスキルを活かして、より専門性の高い事務職へ転職するという方法もあります。

その為には簿記力や語学力といったスキルも合わせて磨いておくと良いです。

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0