理想の就活/転職のための
自己分析サイト

本ページはマイナビ社などの広告が含まれています

アパレル店員に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今アパレル店員の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいアパレル店員に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

アパレル店員に向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたのアパレル店員適性診断結果

あなたの適性度は47%で、アパレル店員の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。アパレル店員を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

アパレル店員に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.ファッションやオシャレが好き
2.コミュニケーション能力が高い
3.流行に敏感
4.自社ブランド愛を持てる
5.体力がある
6.精神的にタフ
7.向上心が高い
8.細かい作業が苦でない
9.臨機応変な対応ができる
10.積極的に物事に取り組める
スポンサーリンク
\この診断を受けたい方はコチラ/
アパレル店員適性診断を受ける(2分)

診断結果の解説

『 ファッションやオシャレが好き 』

十分に兼ね備えている

前提として、服やおしゃれに興味があるということはアパレル店員になるにあたっての必須条件です。アパレル店員を志望する人の多くが、好きであることが大きな動機となっているのではないでしょうか。自分でおしゃれについて探究した経験がなければ、お客さまのコーディネートもできません。ですから、日々自分でもおしゃれや服に気を遣って自分磨きをしましょう。ただし、より多くのお客さまとお話ができるように、自分が好きなファッションばかりではなく、様々なジャンルのファッションを押さえておく努力も大切です。

『 コミュニケーション能力が高い 』

そこそこ兼ね備えている

アパレル店員は、「この服かわいいですよね」「良かったらご試着ください」など、服を選んでいるお客さまに声をかけます。似合う服を提案してくれたり、フレンドリーにお話ししてくれる店員から買いたいと感じるお客さまは多いでしょう。そのため、アパレル店員の対応は、売上にも関わってきます。中には、とっつきにくいお客さまや服を購入するか長い間迷われるお客さまもいますから、どのようにして声をかけるかは難しいところですよね。そのような時に、怖気付くことなく明るく声をかけお客さまと打ち解けることができるような人がアパレル店員に向いていると言えるでしょう。

『 流行に敏感 』

そこそこ兼ね備えている

ファッションのトレンドは年ごと、季節ごとに常に変わりゆくものです。勿論流行の服は売れやすい傾向にありますから、今年はどんな服が流行りなのかを、お客さまに伝え、提案できるようになることが大切です。多くのアパレル店員が、SNSや雑誌などで常に流行のファッションに関する情報を集めています。

『 自社ブランド愛を持てる 』

兼ね備えていない

やはり、自社の服を売り込む上では、ブランドに対する愛が強い人には叶いません。自社ブランドのどこが魅力的であるか、他のブランドと比べてどこが特徴的なのかを把握して、お客さまとの会話の中に織り交ぜることができると売上にもつなげることができるでしょう。アパレル店員を志望する場合は、まずは自分が好きなブランドの店舗に応募してみるのも手ですね。

『 体力がある 』

兼ね備えていない

アパレルは、立ち仕事です。何時間も続けて立ち、店舗内をまわり、お客さま対応をします。また、洋服がたくさん入った段ボールを持ち上げて在庫整理をしたりもするので、力仕事が多い業種でもあります。また、セールの時期はより忙しく、長時間労働や連勤になったりすることもあります。忍耐がないと相当厳しい場合もありますから、体力に自信がある人の方が向いていると言えます。

スポンサーリンク

『 精神的にタフ 』

あまり兼ね備えていない

精神的なタフさも必要になってきます。なぜなら、アパレル店員にはノルマが課せられるからです。店舗によっては、個人ノルマも存在し、その人自身の売上で評価されるところもあります。お客さまに服を売り込むことができればやりがいを感じることができますが、裏を返せば結果が出なかった場合に落ち込んでしまうこともあるでしょう。そんな中でもめげずに、どこが悪かったのか、どのようにすれば売り上げが上がるのかを内省することができる人が向いているでしょう。また、お客さまからのクレームや、強く当たられてしまった時に、気持ちを切り替えて次の業務に励むことができる精神も必要です。

『 向上心が高い 』

そこそこ兼ね備えている

アパレル店員は、上述したようにファッションのトレンドをチェックしたり、うまくいかなかったときにどのようにすれば売り上げが上がるのかを常に考えるなど努力が必要な場面が多いです。「コミュニケーション能力」「ファッションに関する知識」「自分磨き」はいずれも、向上心がないと得られないものです。売り上げを獲得するために、日々勉強できる向上心と素直さを持つ人が向いていると言えるでしょう。

『 細かい作業が苦でない 』

だいぶ兼ね備えている

アパレル店員は、お客さま対応をするだけでなく、在庫整理をしたり、店舗内でもお客さまが試着した服を畳んだり、品出し・検品も大切な仕事の1つです。また、会社によっては事務処理を任せるところもあるでしょう。一見派手な職種のように思えますが、このような地道な作業をコツコツとこなす必要もあります。また、商品の扱いが雑な店員がいるところで服を買いたくはありませんよね。服など商品を丁寧に扱うことができて、地道な整理が苦にならない人は、アパレル店員に向いていると言えるでしょう。

『 臨機応変な対応ができる 』

十分に兼ね備えている

お客さまは、話しやすい人ばかりではありません。様々なタイプのお客さまに合った対応ができることは、アパレル店員として大切です。また、服を試着したお客さまを見て、正直「合わないかな…」というファッションだった場合、アイテムを1つだけでも変えて提案をしてみるなど、臨機応変な対応ができると、信頼してもらいやすくなります。

『 積極的に物事に取り組める 』

そこそこ兼ね備えている

アパレル店員は、どんなことにも積極的に取り組める人が向いています。ファッションの勉強や、お客さま対応、地道な作業など自分から行動することがスキルアップ、売上にも繋がってきます。ここで消極的になってしまうと、せっかくの成長機会を失ってしまうかもしれません。アパレル店員になりたいと思ったら「まずは行動してみる」という精神を持ってみましょう。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのアパレル店員適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

1位 マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

2位 doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

3位 リクルートエージェント

└業界最大手で転職支援実績No.1

\この診断を受けたい方はコチラ/
アパレル店員適性診断を受ける(2分)

この適正診断テストでわかること

  • アパレル店員に向いているか向いていないか
  • アパレル店員の職業適性度
  • アパレル店員に必要な10の資質
  • 解説でアパレル店員に必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか

アパレル店員とは?

アパレル店員とはどういう職業かというと、お客さんに洋服を販売するのが主な仕事です。

具体的にどういう事をするのかというと、まず接客業務です。

お客さんがどういった商品を探しているかを聞いて、商品の場所まで案内したり、商品の説明をしたりコーディネートの提案を行ったりします。

また試着室に案内したり、会計時はレジ業務を行ったりもします。

他にも商品管理を行うのもアパレル店員の重要な仕事の1つです。

商品の発注や品出しに検品、在庫の把握等商品管理全般も行います。

あとマネキンに洋服を着させる等ディスプレイ作業も行います。

そしてお店にかかってきた電話に対応するのも仕事です。

商品に関する問い合わせや、場合によってはクレームの電話もあるので、真摯に対応する必要があります。

アパレル店員になるには?

アパレル店員になるにはどうすれば良いかというと、正社員として働く場合は企業に就職するという形が多いです。

一言でアパレル店員と言っても、勤務するショップは大きな百貨店の中のテナントや大手チェーンから個人が経営する小規模なお店まで様々あるので、自分に合った所を選ぶと良いです。

アパレル店員になる為に学歴や何か特別な資格は必要ありません。

その為アパレル販売員の場合、高卒以上であれば採用されます。

しかしアパレル企業の中には新卒の採用試験で大卒以上という条件を掲げている所もあるので注意が必要です。

それから特別な資格は必要ありませんが、販売士や色彩検定等の資格を持っていると面接でアピールする事が出来るので、興味がある人は取得しておくと良いです。

アパレル店員の給料・年収

アパレル店員の平均年収はいくら位かというと、複数の調査を見てみると大体300~400万円程です。

新卒の初任給は大体17~20万円位で、年代別で平均年収を見てみると20代前半は約250万円、20代後半になると約285万円となります。

30代40代で300万円程に達し、50代以降になると再び200万円台になります。

このようにデータを見てみると決して高いとは言えませんが、勤務地や管理職であるかどうかによって額は変わって来ます。

店長やエリアマネージャーになると年収も500万円を超える事も珍しくありませんし、企業の中にはインセンティブ制度を取り入れているところもあり、目標を達成すればその分上乗せされるという事もあります。

アパレル店員の就職・転職先(求人)

アパレル店員の就職先はどういう所かというと、基本的にはアパレルを扱うショップになります。

全国展開する大手チェーン店から個人経営の小規模なお店等色々です。

転職先にはどういう所があるかというと、一般事務や営業事務として働く人もいますし、アパレル業界以外のサービス業に就く人もいます。

アパレル店員時代に培った接客スキルを活かしたいのであれば、営業職が向いています。

他にも販売員として活躍したいのなら、飲食店やデパートの販売員等の接客やサービス業も悪くありません。

接客はしたくないけれどもアパレル関係の仕事を続けたいという人は、アパレルメーカーに転職すると良いです。

アパレルメーカーでは企画やマーケティング等色々と接客ではない仕事があるので、洋服が好きだけれども接客は嫌という人にはアパレルメーカーがおすすめです。

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0