理想の就活/転職のための
自己分析サイト

本ページはマイナビ社などの広告が含まれています

ロボットエンジニアに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今ロボットエンジニアの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいロボットエンジニアに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

ロボットエンジニアに向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたのロボットエンジニア適性診断結果

あなたの適性度は47%で、ロボットエンジニアの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。ロボットエンジニアを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

ロボットエンジニアに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.プログラミングが好き
2.パソコンのソフトやハードに詳しい
3.淡々とデスクワークを続けられる
4.根気強い
5.上手に休む事が得意
6.物事を冷静かつ論理的に分析できる
7.英語を話したり読むのが得意
8.チームメンバーと連携するのが得意
9.自然科学全般に興味がある
10.冷静に優先順位を付けられる
スポンサーリンク
\この診断を受けたい方はコチラ/
ロボットエンジニア適性診断を受ける(2分)

診断結果の解説

『 プログラミングが好き 』

そこそこ兼ね備えている

ロボットエンジニアには、プログラミングのスキルが高く要求されます。現場で主流のプログラミング言語に詳しい方が効率よく作業が行えます。学生時代からロボット制作の現場でよく使われている言語を学んでいた方が有利です。応用的な運用をするためには各言語の基本を知る必要があります。

『 パソコンのソフトやハードに詳しい 』

十分に兼ね備えている

ロボットを動かすためのプログラミング作業は、パソコンで行います。タイピング技術やOSの基本的な仕様、プログラミングソフトの幅広い知識などがロボットエンジニアには求められます。長時間の作業を快適に行うためには思い通りにパソコンのソフトとハードが扱えなければいけません。作業中に不具合が生じても臨機応変に対応しなければいけませんし、日常的なトラブルは自己解決できた方がスピーディに作業を済ませられます。

『 淡々とデスクワークを続けられる 』

そこそこ兼ね備えている

長時間にわたるプログラミング作業を淡々と行える姿勢、これがロボットエンジニアには要求されます。ロボットエンジニアのルーチン業務は、椅子に座ってプログラミングソフトに向き合う大変地道な作業になりやすいです。勤務中も微妙なプログラム内容の修正を繰り返したり、成果がなかなか出にくいトラブル解決の作業が終始求められる等、こういったストイックな仕事に黙々と打ち込める人が向いています。

『 根気強い 』

そこそこ兼ね備えている

ロボット制作はトラブルの連続です。プログラム内容に思わぬバグやミスが潜んでいることは日常茶飯事です。またベテランのプロ目線で正しいプログラムが設計出来たとしても、実際に現場で運用してみると全然思い通りに稼働しない等、辛い出来事は珍しくはありません。ロボットエンジニアにはトラブル続きの日々でも簡単にへこたれない根気強さが求められます。ネガティブな結果に一喜一憂しない良い意味での図太い性格も大事です。

『 上手に休む事が得意 』

そこそこ兼ね備えている

無理せずに休む事、息抜きが上手い事もまたロボットエンジニアとして求められる要素です。ロボットエンジニアの仕事をコンスタントに続けるためにはグロッキーになる前に、自分で見切りをつけて休息を取らなければいけません。休日や平日のプライベートな時間は、あえて仕事の失敗や苦労を忘れることができる、切り替えの上手さがあった方が良いでしょう。

スポンサーリンク

『 物事を冷静かつ論理的に分析できる 』

そこそこ兼ね備えている

ロボットエンジニアは現場で起きたトラブルの原因を、論理的に分析しなければなりません。客観的な視点から、一体何が原因で問題が生じたのか、どの部品に課題が潜んでいるのか、どうすれば今後のミスは予防出来るのか、そもそもバグの有無はあったのか等、感情的にならずロジカルに物事を整理して原因究明が出来る姿勢が求められます。

『 英語を話したり読むのが得意 』

あまり兼ね備えていない

英語力があれば海外のロボットエンジニアとコミュニケーションが交わせます。欧米諸国やアジア諸国で流行っている技術、国内ではあまり見聞きしないノウハウ等がいち早くキャッチできます。海外のロボットエンジニアが集うSNSやコミュニティ等も言語は英語がメインで使われており、日本国内で働く場合でも英語力はあった方が情報収集や独学が進めやすいです。

『 チームメンバーと連携するのが得意 』

兼ね備えていない

現代のロボットエンジニアの仕事は、基本的にチームで進められます。所属する組織によって、チームの人数は変わりますが、勤務中は他の人々と綿密にコミュニケーションを交わしながら作業する事になります。世代や考え方の違うチームメンバーとも落ち着いて会話が出来る姿勢、簡潔に要点を伝えられる話し方、他人の助言を素直に受け入れられる柔軟さ等が必要です。

『 自然科学全般に興味がある 』

そこそこ兼ね備えている

ロボットエンジニアの分野において近年注目されているものと言えば、自然のメカニズムです。空を飛ぶロボットは、同じく空を飛ぶ生き物の動作や体の仕組みにヒントを得ています。海を泳ぐロボットもまた同様で、機械やIT技術だけではなく、これからのロボットエンジニアは昆虫や魚介類、サバンナを生きる動物たちの動きに関心を持たなければいけません。自然のメカニズムを分析し、ロボット制作の現場にいかにして応用するか、分野を超えて知識と技術を運用するフレキシブルなスタンスが求められています。

『 冷静に優先順位を付けられる 』

そこそこ兼ね備えている

冷静沈着に物事を判断できるスタンスが、ロボットエンジニアには必要です。常に予算と時間が潤沢にあるとは限りません。限られた時間配分と費用の中で、いかに最適解を導き出せるか、そのためにはどの点へ重点的にリソースを充てられるか、反対にどの要素は妥協すべきか、バイアスに流されず客観的な視点で優先順位をつけなければいけません。目先の成果にこだわらず、損して得取れの精神を体現できる良い意味での強かさも要ります。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのロボットエンジニア適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

1位 マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

2位 doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

3位 リクルートエージェント

└業界最大手で転職支援実績No.1

\この診断を受けたい方はコチラ/
ロボットエンジニア適性診断を受ける(2分)

この適正診断テストでわかること

  • ロボットエンジニアに向いているか向いていないか
  • ロボットエンジニアの職業適性度
  • ロボットエンジニアに必要な10の資質
  • 解説でロボットエンジニアに必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか

ロボットエンジニアとは?

ロボットエンジニアとは産業用ロボットや家庭用ロボットの設計や開発、テストや品質管理、運用や保守などを担当する専門エンジニアです。

ロボットエンジニアはロボットの開発目的に合わせて、具体的なロボットの構造を考案して設計しています。

そして、設計したロボットを組み立てていき、ロボットが機能するために必要なプログラムを作成して組み込みます。

試作したロボットのテストをして当初のコンセプトに合った動作をすることを確認し、製品として完成させるのがロボットエンジニアの役割です。

ユーザーの現場に赴いて保守点検をしたり、運用をしたりするのも仕事になっています。

ロボットエンジニアになるには?

ロボットエンジニアになるにはロボットの設計や開発に必要な機械工学や情報工学の専門スキルが必要です。

特に資格は必要ありませんが、大学や大学院などで専門分野を専攻した人がロボットエンジニアになっているのが一般的です。

ロボットエンジニアは一人で開発することはあまり多くありません。

機械工学に強いエンジニアが本体の設計と構築を担当し、プログラミングができるエンジニアがプログラムを作成して組み込みます。

ロボットの開発に必要な工学的な知識と技術を一つでも身に付ければロボットエンジニアとして働くことが可能です。

ロボットエンジニアの給料・年収

ロボットエンジニアの年収は求人メディアの公開情報や一般募集されている求人情報を参考にすると、400万円~1000万円程度です。

年収レンジの広いのがロボットエンジニアの特徴で、スキルが高いスペシャリストやジェネラリストが高く評価されています。

ロボットエンジニアとしてスキルを持っていて経験を積んだ人の場合には平均年収にすると800万円前後です。

ロボットは産業で活発に使用されるようになっただけでなく、家庭でも活用されています。

企業にとって開発するメリットが大きいことから、ロボットエンジニアの需要が伸びているのが現状です。

ロボットエンジニアの就職・転職先(求人)

ロボットエンジニアの就職先・転職先はロボットの開発・製造・販売を手掛けているメーカーや商社です。

機械工業の分野の会社が主ですが、産業用機械だけでなく家電製品についてもロボット化が進められているので多様なジャンルの製品を取り扱っている現場で働くことができます。

ロボットエンジニアはシステム開発会社で募集されていることもあります。

機械メーカーとの共同開発をしたり、業務委託を受けたりしてプログラミングや組み込みを担当していることがあるからです。

エンジニアとしてのスキルによって活躍できる職場が違うので注意しましょう。

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0