理想の就活/転職のための
自己分析サイト

ローディーに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今ローディーの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいローディーに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

ローディーに向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたのローディー適性診断結果

あなたの適性度は58%で、ローディーの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。ローディーを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

ローディーに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.音楽が好き
2.楽器に詳しい
3.コミュニケーション能力がある
4.向上心がある
5.筋力がある
6.不規則な生活に対応できる
7.体力がある
8.自己管理ができる
9.丁寧な作業ができる
10.気遣いができる
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 音楽が好き 』

兼ね備えていない

ローディーの仕事をする場合、音楽が中心の生活となります。そのため、音楽が好きな人がローディーに向いています。好きな音楽に携われるということがモチベーションとなって、前向きに働くことができるでしょう。また、ローディーの契約相手となるアーティストは、音楽が好きな人がほとんどです。ローディーはアーティストと信頼関係を結ぶことが大事なので、同じ音楽好き同士であった方が良いです。

『 楽器に詳しい 』

十分に兼ね備えている

ローディーの仕事には、楽器のメンテナンスやセッティングも含まれています。ギターの弦やドラムのヘッド部分を交換したり、チューニングを行ったりしなければなりません。また、楽器をスピーカーと繋ぐ配線作業も、ローディーの仕事です。そういった仕事をこなすためには、楽器に関する知識が必要です。よって、楽器の演奏経験がある、楽器について調べるのが好きなどの理由で、楽器の扱いに詳しい人がローディーに向いています。

『 コミュニケーション能力がある 』

そこそこ兼ね備えている

ローディーは、アーティストのサポートを行うのが仕事です。そして、充実したサポートをするためには、アーティストとコミュニケーションを取る必要があります。どのようなサポートが必要なのかは、コミュニケーションなしでは把握できません。ただ、アーティストには、癖のある性格をしている人が多いです。そのため、どのような人が相手であっても、しっかりコミュニケーションを取れるという人が、ローディーに向いています。また、ローディーは、スタジオやイベント会場のスタッフと連携しながら作業をすることも多いです。その際にも、コミュニケーションが必要となります。

『 向上心がある 』

十分に兼ね備えている

ローディーは、充実したアーティストのサポートを行うために、学ばなければならないことがたくさんあります。より良い音を出す配線の方法を他のローディーから学んだり、アーティストが気持ち良く演奏するためのサポート方法を覚えたりすることで、ローディーとしてスキルアップできます。そうして、高いスキルを身に付けたローディーであれば、多くのアーティストから必要とされるでしょう。そのため、スキルアップをしようとする、向上心のある人がローディーに向いています。

『 筋力がある 』

十分に兼ね備えている

ローディーは、楽器の運搬も仕事のひとつです。アーティストが演奏する会場に着いたら、トラックから楽器をひと通り下ろさなければなりません。その楽器の中には、大型のドラムも含まれています。また、アーティストによっては、自前の大型スピーカーを持ち運ぶ人もいます。よって、ドラムやスピーカーを運ぶことができる筋力がある人が、ローディーに向いています。楽器の調整ができても、器材の運搬ができる筋力がなければ、ローディーとして働くのは難しいです。

スポンサーリンク

『 不規則な生活に対応できる 』

十分に兼ね備えている

ローディーの生活スケジュールは、契約するアーティストによって決まります。アーティストが全国ツアーをするのであれば、それに付き添うことになります。そして、勤務時間は、ライブのスケジュールに左右されます。夜にライブをする場合、深夜に片付けの作業をすることも珍しくありません。そのように、働く曜日も時間帯も不規則です。よって、不規則な生活でも特に問題ないという人が、ローディーに向いています。規則正しい生活をしたいという人は、ローディー向きではありません。

『 体力がある 』

だいぶ兼ね備えている

ローディーは、やらなければならないことが多いです。ライブの前後には、準備と片付けを行います。そして、アーティストが演奏している間も、交換用の楽器を用意したり、トラブルが起こっていないかを確かめたりしなければなりません。さらに、移動時には、器材を運搬するトラックをローディーが運転することも多いです。そのようなハードスケジュールに耐えられる、体力のある人がローディーに向いています。

『 自己管理ができる 』

そこそこ兼ね備えている

ローディーの仕事は、不規則である上に内容がハードです。しかし、それで身体を壊してしまったら、アーティストに迷惑がかかってしまいます。場合によっては、アーティストが十分なパフォーマンスをできなくなる恐れがあります。そのため、ローディーは身体を壊さないよう、自己管理ができなければなりません。よって、普段から健康のために自己管理をしているという人が、ローディーに向いています。

『 丁寧な作業ができる 』

あまり兼ね備えていない

ローディーが仕事として運搬したり、メンテナンスしたりする楽器は、アーティストにとって非常に大切なものです。そのため、ぞんざいに扱ってはいけません。もし、楽器の扱いが雑であれば、アーティストとのトラブルに発展する恐れがあります。最悪の場合、仕事を失うことになりかねません。したがって、常に丁寧な作業ができる人が、ローディーに向いています。

『 気遣いができる 』

あまり兼ね備えていない

ローディーがスタジオやイベント会場で準備をする場合、他のスタッフに迷惑をかけないことが基本です。そのため、周囲に気を遣いながら作業ができる人が、ローディーに向いています。また、アーティストが困っている時には、さりげなくサポートできることも大切です。そのためにも、気遣いができなければなりません。細かな気遣いができると、アーティストとの信頼関係も生まれやすいでしょう。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのローディー適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

この適正診断テストでわかること

  • ローディーに向いているか向いていないか
  • ローディーの職業適性度
  • ローディーに必要な10の資質
  • 解説でローディーに必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか
アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る