理想の就活/転職のための
自己分析サイト

管理栄養士に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今管理栄養士の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい管理栄養士に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたの管理栄養士適性診断結果

あなたの適性度は48%で、管理栄養士の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。管理栄養士を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

管理栄養士に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.食べる事と料理が好き
2.健康への興味が高い
3.人と接するのが好き
4.相手の気持ちに寄り添える
5.生物と化学の勉強が得意
6.細かい作業が好きで苦にならない
7.向上心があって勉強熱心
8.責任感が強くリーダーを務められる
9.場の空気を読みつつ自己主張できる
10.健康管理が得意で体調を崩さない
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 食べる事と料理が好き 』

兼ね備えていない

管理栄養士は、栄養のプロとして食事などのアドバイスをするのが仕事です。従ってまずは食に興味があることが第一条件となります。食べることそのものが好き、というのも良いでしょう。また、料理をする場面も多いので、食べるだけでなく作ることも好きという人は管理栄養士に向いているといえます。料理のスキルはもちろんですが、おいしく見せるための盛り付けのテクニックなども知っているとなおよいでしょう。

『 健康への興味が高い 』

だいぶ兼ね備えている

管理栄養士は様々な人から栄養に関する相談を受けたり、あるいはスポーツ選手や病気療養中の患者さんに対して最適なメニューを考える、という仕事も多く行います。スポーツ選手がより強靭な肉体を作るためには、あるいは病気の人が体をよくするためにはどうしたらよいか、栄養学の観点からアプローチするのが仕事ですから、「健康」への興味は欠かせないといえるでしょう。

『 人と接するのが好き 』

だいぶ兼ね備えている

病気を抱えた人への栄養指導や保育園・幼稚園などでの食育指導など、管理栄養士の仕事には人と接する場面も多くあります。そのため、人と接することが好きな人の方が管理栄養士には向いているといえるでしょう。また、栄養に関する専門知識を人々の健康増進に活かすのも管理栄養士の重要な役割です。病気の人や高齢の人が健康状態を向上させるための役に立ちたい、困っている人を助けたい、という思いは管理栄養士にとって大きなモチベーションとなります。

『 相手の気持ちに寄り添える 』

そこそこ兼ね備えている

先ほど解説したように、管理栄養士には幅広い活躍の場があり、様々な年齢層や健康状態の人たちと接する機会が多くあります。子供に話すときと大人に話すとき、あるいは高齢者に話すときとでは当然接し方は変わってくるでしょう。相手の状態を見て何を知りたがっているのか、何に困っているのかを察し、わかりやすく説明することが大切です。独りよがりでなく、相手本位のコミュニケーションができる人こそが管理栄養士には向いています。

『 生物と化学の勉強が得意 』

だいぶ兼ね備えている

管理栄養士の国家試験には栄養学に関する複数の科目に加え、人体の構造・機能と疾病について問うものもあります。食べ物が人体に取り込まれてどのように利用され、どんな栄養素が人体にどのような影響を与えるのか、管理栄養士は知っておかなくてはならないのです。栄養素に関しては化学、身体への影響については生物の知識が必要になります。文系の人でも管理栄養士を目指すことはできますが、元々生物や化学が得意な人の方が勉強を進めるうえでは有利になるでしょう。

スポンサーリンク

『 細かい作業が好きで苦にならない 』

だいぶ兼ね備えている

栄養価を計算したり使用する食材の量を決めたりするのに始まり、予算の管理や在庫管理など管理栄養士には細かな仕事がたくさんあります。決められた栄養価基準をきちんと満たすような献立作りや、予算内での食材の調達などはなかなか頭と神経を使う仕事です。特に給食を担当する場合はこうした仕事が日々の業務となりますから、細かい作業が苦手な人よりは得意な人の方が適しているといえるでしょう。

『 向上心があって勉強熱心 』

あまり兼ね備えていない

もっと喜ばれるメニューを作りたい、もっといろんな人の役に立ちたいと願い、そのために勉強を惜しまない人は管理栄養士に向いています。単に栄養を満たすだけでなく食の喜びを味わってもらうためには、旬の食材を取り入れたり味付けや盛り付けに工夫をするといった努力が必要です。食のトレンドも取り入れることができればなおよいでしょう。そのためには資格を取るだけで満足せず、自主的に勉強を続けることが大切です。

『 責任感が強くリーダーを務められる 』

兼ね備えていない

管理栄養士を一人しか置かない、という職場も少なくないため、仕事に対する責任感は必須の条件といえます。さらに現場の調理師さんたちには管理栄養士が様々な指示を出すため、皆がきちんとついてきてくれるようなリーダーシップを発揮することも求められます。リーダーシップというと気が重いと感じる人もいるかもしれませんが、まずはチームワークがきちんととれること、そのうえで徐々に慣れていけば大丈夫です。

『 場の空気を読みつつ自己主張できる 』

兼ね備えていない

調理師だけでなく、職場が病院なら医師や看護師、学校なら教師など、管理栄養士は異なる職種の人たちと協力して仕事を進めていく必要があります。従って、協調性があるというのは管理栄養士にとって重要な点です。また、単に協調するだけでなく、時にははっきり意見を言うことが必要な場面もあります。現場には管理栄養士の立場でなくてはわかりえないこともあり、それをきちんと伝えるのは患者さんや子供たちを食中毒などの事故から守るためにも大切なことです。

『 健康管理が得意で体調を崩さない 』

十分に兼ね備えている

人々に栄養指導をする管理栄養士が健康でなかったら説得力がありません。まず自分の健康管理がきちんとできていることが大切です。また、管理栄養士はデスクワークばかりではなく、調理の仕事もします。現場では立ちっぱなしで作業をしたり、重い食材や道具を運んだりと体力も必要になります。従って、体力に自信があるということも管理栄養士には必要です。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの管理栄養士適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る