理想の就活/転職のための
自己分析サイト

本ページはマイナビ社などの広告が含まれています

宅地建物取引士に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今宅地建物取引士の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい宅地建物取引士に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

宅地建物取引士に向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたの宅地建物取引士適性診断結果

あなたの適性度は55%で、宅地建物取引士の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。宅地建物取引士を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

宅地建物取引士に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.常に学ぶ意欲を持ち続けている
2.社交的で誰とでも上手く話せる
3.集中力がありミスをしない
4.週末や祝日の勤務が苦でない
5.口が固く秘密を守れる
6.物事の取捨選択を上手くできる
7.体調を崩さずキープできる
8.物件を見ることが好き
9.経済や流行への関心が高い
10.フットワークが軽い
スポンサーリンク
\この診断を受けたい方はコチラ/
宅地建物取引士適性診断を受ける(2分)

診断結果の解説

『 常に学ぶ意欲を持ち続けている 』

そこそこ兼ね備えている

不動産関係の法律は毎年のように改定されています。人によっては宅地建物取引士の資格を取得した時と現在とでは、法律の内容が大きく変わっていたというケースもあります。不動産取引は大きな金額のお金が動くことも少なくないので、古い知識のままで仕事に就いていたら重大なトラブルに見舞われる可能性は否定できません。法律は常に変わるものとの認識を持ち、最新の情報や法律の改定内容を学ぶ意欲を持ち続けることが大切です。

『 社交的で誰とでも上手く話せる 』

兼ね備えていない

宅地建物取引士は仕事の性質上、様々な人と接することになります。物件の入居や売買を促すセールストークも仕事の一部であり、優れた営業成績を達するには顧客との良好な関係の構築は欠かせません。常に明るい態度で接し、簡潔で分かりやすく説明できる表現力が必要になります。また、誰であっても分け隔てなく接する、質の高いコミュニケーション能力も優れた宅地建物取引士の必須スキルと言えるでしょう。

『 集中力がありミスをしない 』

あまり兼ね備えていない

不動産取引は高額なお金が動くことも多いので手続きは慎重に行わなければいけません。特に役所へ提出する書類の作成についてはふりがなや漢字の形など、些細な事柄であってもミスがあればその書類は無効扱いになります。手間をかけないために仕事には集中し、ミスをしないことが肝心です。大金が動く不動産取引はどのような理由であってもミスがあれば、仲介した不動産業者の社会的信用が著しく下がることになります。そのような事態を避けるためにも仕事には全力で取り組み、些細なミスもしないことが大切です。

『 週末や祝日の勤務が苦でない 』

そこそこ兼ね備えている

不動産関係の仕事は土日や祝日などの休日でも普通に行われます。顧客の多くは休日を利用して諸々の手続きを行うことから、顧客の都合を優先しなければいけません。見方を変えれば、土日や祝日は絶対に休みたいと考える人に宅地建物取引士の仕事はできないと言えるでしょう。

『 口が固く秘密を守れる 』

そこそこ兼ね備えている

接客業ではどのような理由であれ、顧客に関する情報を口外するのはご法度とされています。不動産業界はこの傾向が顕著であり、些細な事柄であっても顧客情報を外部に漏らしたために解雇された事例もあります。業務上知り得た情報を安易に口外するのは社会的な信用を大きく損なう行為です。特に不動産取引は大金が動くこともあるので、個人の責任に留まらず、会社全体の責任問題に発展する可能性は否定できません。例え家族など身近な相手でも、顧客情報など仕事で知った情報は口外しないのが社会人のマナーになります。

スポンサーリンク

『 物事の取捨選択を上手くできる 』

だいぶ兼ね備えている

宅地建物取引士は仕事の性質上、様々な情報に接します。不動産物件や顧客、同業他社や不動産関係の法律の改定など内容は多岐にわたります。限られた時間の中でどの情報が現在の仕事に必要かを判断できる、取捨選択の正しさも優れた宅地建物取引士に求められるスキルでしょう。

『 体調を崩さずキープできる 』

十分に兼ね備えている

宅地建物取引士は激務になることが多く、顧客の都合を優先するために休日の返上や長時間勤務になることも珍しくありません。顧客を第一に考えるのは接客業の基本ですが、一方で自身の心身を労ることも大切です。多忙な中で休むのは容易ではありませんが、まずは自分自身が健やかになることを考える必要があります。自分の心身を労ることができて初めて、顧客が望む物件を紹介できると言っても過言ではありません。一流の宅地建物取引士は常に健やかであり、顧客に対して明るく朗らかな態度で接することができます。

『 物件を見ることが好き 』

十分に兼ね備えている

不動産の仕事に従事している以上、地域の不動産事情に詳しいのは最低限の常識と言えるでしょう。不動産屋が地域の事情に疎いと仕事にならないので、宅地建物取引士の資格を取得して満足するのではなく、むしろ取得してからさらに勉強を重ねる必要があります。常に最新の情報を得られるようアンテナを張り、わずかな情報も見逃さない根気を持つことが大切です。

『 経済や流行への関心が高い 』

十分に兼ね備えている

不動産物件は高額な物が多いため、売買などの取り引きは景気に影響されます。また、住宅物件については流行や価値観の変化によって需要が変わるのも事実です。戸建てやマンション、分譲や賃貸などの事柄についてはその時々の流行などで市場価値が大きく変わります。売り時や買い時などのタイミングを逃さないためには経済の動きや流行についても詳しくなることが外せない条件です。

『 フットワークが軽い 』

そこそこ兼ね備えている

宅地建物取引士は不動産関係の法律の改定や地域の物件事情、市場での需要の変化など様々な事柄について日々、学び続ける必要があります。同業他社に遅れをとらないためにはフットワークの軽さが必須です。冷静かつ慎重な判断も大切ですが、動くべき時には速やかに動くことが満足できる結果を得る秘訣でしょう。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの宅地建物取引士適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

1位 マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

2位 doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

3位 リクルートエージェント

└業界最大手で転職支援実績No.1

\この診断を受けたい方はコチラ/
宅地建物取引士適性診断を受ける(2分)

この適正診断テストでわかること

  • 宅地建物取引士に向いているか向いていないか
  • 宅地建物取引士の職業適性度
  • 宅地建物取引士に必要な10の資質
  • 解説で宅地建物取引士に必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか

宅地建物取引士とは?

宅地建物取引士とは、土地や建物といった不動産の取引を公正且つ円滑にできるよう、売り主や買い主の間に立って契約を取りまとめる仕事です。

高額な取引となる不動産の売買では、法律や権利関係が複雑なため、一般の人には難しい内容が多く、時に不利な契約を強いられる場合もあります。

その為、宅地建物取引士が分かりやすく説明し、契約を公正・円滑に進めます。

宅地建物取引士にしかできない「独占業務」と言うものがあります。

契約時に「重要事項説明書」の内容を説明し記名・調印、そして契約書に記名・調印することです。

独占業務以外では、その不動産を販売するための、広報や宣伝活動も行います。

また不動産売買だけではなく、貸し借りの仲介をする場合もあります。

宅地建物取引士になるには?

宅地建物取引士になるためには、「宅地建物取引士資格試験」と言う、宅地建物取引業法で定められた国家資格を取得しなければなりません。

以前は「宅地建物取引主任者」と呼ばれていましたが、今では宅地建物取引士と呼ばれるようになりました。

宅地建物取引業者は、事業所ごとに宅地建物取引士を置かなくてはなりません。

ですので取引業者にとって無くてはならない存在なのです。

宅地建物取引士資格試験に合格した後、各都道府県知事に資格登録をし、「宅地建物取引士証」の交付を受けられます。

しかしそれには、2年以上の実務経験が必要です。

宅地建物取引士の給料・年収

複数の調査から宅地建物取引士の平均年収は、約450万円前後です。

平均的な会社員より若干高めに設定されています。

キャリアアップを図れば役職によっても大きく変わることもあります。

厚生労働省の調査では、主任クラスが約460万円から始まり、係長、課長とアップして、部長クラスでは約840万円というデータもあります。

また、独立してフリーランスとして、売買を請け負っている場合には、歩合での収入になり、売り上げを上げれば上げるほど、高額な収入を得られます。

不動産関係の企業以外でも一般企業の資産運用担当や、金融機関の貸付担当等と、活躍の場は幅広くあり、その企業によっては収入も大きく変わってきます。

宅地建物取引士の就職・転職先(求人)

宅地建物取引士の就職先は、不動産業界が主流となりますが、そのなかでも様々な業態の企業があります。

例えば「不動産仲介会社」や「不動産管理会社」、「不動産ディベロッパー」、「ハウスメーカー」等です。

他には金融業界もあります。

不動産を担保に融資を行う機会があるため必要となります。

近年よく聞く「リバースモーゲージ」と言う、不動産に担保を設けて、融資を受けた人の死後に不動産を売却するというローンがありますが、不動産の評価をするうえで、なくはならないポジションとなります。

宅地建物取引士は、国家資格取得者で、法律にも詳しいこともあり、また人の暮らしに無くてはならない仕事ですから、将来も明るい職業と言えるでしょう。

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0