理想の就活/転職のための
自己分析サイト

不動産営業に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今不動産営業の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい不動産営業に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたの不動産営業適性診断結果

あなたの適性度は56%で、不動産営業の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。不動産営業を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

不動産営業に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.フットワークが軽い
2.ストレスに強い
3.コミュニケーション能力が高い
4.交渉術に長けている
5.向上心がある
6.稼ぐ意欲が高い
7.マメである
8.人の話を素直に聞ける
9.知的好奇心が高い
10.清潔感がある
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 フットワークが軽い 』

あまり兼ね備えていない

不動産営業を行う上でフットワークの軽さは外せません。担当地域の土地勘を養う、現場に何度も足を運ぶなどその場に出向いてこそ仕事が成り立つといっても良いでしょう。自分の足で情報を集め人脈をつくる、そんな積み重ねが仕事の成果につながることも多いです。動きが鈍い人、体力のない人は向いていない職業です。

『 ストレスに強い 』

あまり兼ね備えていない

不動産営業の仕事は大きなプレッシャーがあり、かなりストレスがかかります。土地や建物はそう簡単に売れるものではないので常に結果を出すのは困難ですし、色々と無理難題を持ちかけるお客さんもいます。成果が出せない日々が続けば上司から責められることもあるでしょう。そんな中でノルマを気にしながら働くには、困難であっても立ち向かっていくタフな精神力が必要です。たとえ嫌なことがあってもクヨクヨしない、すぐに気持ちを切り替えて明るく対応する、そんな前向きな姿勢と自己肯定感が求められます。深刻に考えすぎないで上手にストレス発散ができるスキルも重要なポイントでしょう。

『 コミュニケーション能力が高い 』

そこそこ兼ね備えている

土地の所有者や家のオーナー、マイホームを計画中の人など、様々な人を相手にする不動産営業。コミュニケーションが苦手な人には不向きな仕事です。相手の立場で考える配慮や思いやりなどを発揮してこそ契約などの可能性が広がります。また物件の魅力を顧客に伝える能力や購入を迷っている人を後押しするような強引さなども必要とされるでしょう。広い意味でのコミュニケーション能力が試される職種といえます。基本的に人と接することが好きな外交的な人が向いています。

『 交渉術に長けている 』

だいぶ兼ね備えている

不動産営業は売主や買主の間に入って契約を取りまとめることも多いです。お互いの合意可能なポイントを考え、細かく利益を調整することもあります。双方が納得できる方向に持っていくような力量やスムーズに交渉するためのスキルが求められます。言葉の使い方1つで交渉が上手くいくこともダメになることもあるので、交渉時の話術も重要になります。相手の心理状態を考えながら言葉を選ぶような配慮が必要なこともあるでしょう。このような交渉能力に長けている人が不動産営業には向いています。

『 向上心がある 』

十分に兼ね備えている

不動産営業にとって不動産に関する専門知識は必要不可欠です。建築基準法や宅建法、民法など押さえておくべき法律もあります。これらは日々アップデートされるものなので日頃の情報収集がかかせません。正確な知識なしには顧客の信頼を得ることはできません。できれば宅地建物取引士の免許取得を目指して効率よく知識を身につけると良いでしょう。

スポンサーリンク

『 稼ぐ意欲が高い 』

そこそこ兼ね備えている

不動産営業は成果に応じて報酬があります。売り上げが上がれば上がるほど稼げる職業だといえるでしょう。売り上げノルマを前向きにとらえて「とにかく売り上げを上げて稼ぎたい」と明確に考えられる人ほど向いているといえます。具体的な金額を目標に頑張る方がストレスに負けずポジティブに働けるかもしれません。成果を上げた時の達成感も格別だといえるでしょう。逆に、常にノルマを精神的な負担と捉え抱え込んでしまう人には向いていません。自分自身の目的意識をはっきり持っている人は、不動産営業に適性ありだといえます。

『 マメである 』

そこそこ兼ね備えている

マメに顧客とコンタクトを取ることは不動産営業には大切なことです。お客さんが連絡しても中々返事が来ないようでは信頼関係が築けません。同じ物件を何社かで取り扱っているような場合には、連絡の遅れから他社に契約を取られてしまうことも十分あり得ます。顧客の要望に適切に早く対応することが求められます。スピーディにマメな対応をしてこそ成果を上げることができるでしょう。

『 人の話を素直に聞ける 』

だいぶ兼ね備えている

上司や同僚からのアドバイスを素直に聞けることも不動産営業には必要です。経験不足は誰にもあることなのでそれを補うのが他人からのアドバイスです。ちょっとしたコツを覚えることが仕事の成果につながるケースは多いでしょう。

『 知的好奇心が高い 』

そこそこ兼ね備えている

サッカーや野球などのスポーツや社会情勢など、様々なことに興味を持てる人は不動産営業には向いています。顧客と共通の話題で盛り上がったり、新鮮な話題で周囲を楽しませたりして場の雰囲気を明るくすることができます。

『 清潔感がある 』

あまり兼ね備えていない

不動産営業は顧客訪問などで家に入ることもあるので当然ですが清潔感が求められます。特に新築物件などでは汚れた靴や靴下などは厳禁。不潔な恰好やだらしない服装では中には入れません。特におしゃれである必要はありませんが、人と接する職業なので常に好感度のある清潔な服装であるべきです。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの不動産営業適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0

おすすめコンテンツ

おすすめコンテンツ

ピックアップ職業適性診断

  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る