理想の就活/転職のための
自己分析サイト

不動産鑑定士に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今不動産鑑定士の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい不動産鑑定士に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたの不動産鑑定士適性診断結果

あなたの適性度は53%で、不動産鑑定士の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。不動産鑑定士を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

不動産鑑定士に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.責任感がある
2.論理的思考力がある
3.事務処理能力が高い
4.地道に勉強を継続できる
5.注意深く細かい作業が得意
6.調べることが好き
7.相手への思いやりがある
8.フィールドもデスクワークも好き
9.文章力がある
10.出張が好き
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 責任感がある 』

兼ね備えていない

不動産鑑定士の仕事は、不動産の価値を適切に判定するという重要な職責を担っています。国から依頼を受けて公示地価に関する鑑定評価を行ったり、地価調査や路線価格評価も行っているのです。これらの仕事は社会的に大きな影響を与えるため、不動産鑑定士は大きな責任を担っており、強い責任感がなければ務まりません。また、不動産の価格評価は多くの方々の利害に影響することが多いため、秘密を厳守できることも重要な要素となります。

『 論理的思考力がある 』

そこそこ兼ね備えている

論理的に考えることが得意な人は不動産鑑定士に向いています。対象地域や不動産の状況、経済動向や市場環境を分析し、その分析結果に基づいて不動産価格を導き出すためには論理的な思考力が要求されます。また、算出結果である鑑定評価額をどのような方法で導いたのかをわかりやすく丁寧に説明する必要があり、論理的思考力が欠かせません。

『 事務処理能力が高い 』

十分に兼ね備えている

不動産鑑定士には、高い事務処理能力も必要です。不動産鑑定において実際に現地に出向いて調査を行い、その結果を基に不動産の資産価格や評価額を算出します。その際に、複雑な計算や関数を頻繁に使用するため表計算ソフトの活用が欠かせません。さらに顧客に鑑定評価書やレポートを作成し提出しますが、そのためにはワープロソフトを使いこなせる能力が必要です。効率よく事務処理を行うためにもパソコンを使いこなせる能力が重要となります。

『 地道に勉強を継続できる 』

十分に兼ね備えている

不動産鑑定士は、不動産の鑑定や評価を行う高度な専門業であり、その鑑定評価を行うためには国家資格が必須となります。この不動産鑑定士試験の合格までには勉強時間が2,000時間とも5,000時間とも言われています。試験に合格するためには、根気強くコツコツと勉強を継続できる忍耐力が必要となるでしょう。試験に合格した後も適正な不動産鑑定を行うために、日々刻々と変化していく地域環境や社会情勢などの諸条件を考慮することが業務上欠かせません。そのため、情報収集や日々の学習を継続できる人が不動産鑑定士に向いていると言えるでしょう。

『 注意深く細かい作業が得意 』

だいぶ兼ね備えている

不動産は各々の物件ごとに異なっています。その物件を正確に判定するためには、可能な限りたくさんの情報を集めて綿密な分析を行わなければなりません。さらに不動産の鑑定評価のためには、関係法令の調査や関係者への聞き取り、複雑な計算作業など緻密な作業の連続です。評価額の算出において計算ミスを行ってしまうと信用を失ってしまいます。調査情報漏れや計算ミスを行わないような、注意深く細かい作業が得意な人が不動産鑑定士に向いています。

スポンサーリンク

『 調べることが好き 』

そこそこ兼ね備えている

不動産の鑑定は、綿密にコツコツと不動産価格の形成要因を積み上げて最終的な価格を導き出します。特に証券化対象不動産の鑑定評価は、有価証券等の目論見書に記載され投資判断を行うための開示情報とされることもあります。もしも、不正確な鑑定評価に裏付けられた有価証券などが市場に流通してしまった場合、多くの投資家などに相当な影響を及ぼす可能性があります。そのようなことが起こらないよう、精緻な作業が必須であり地道にコツコツと調べることが必要です。調べることが好きな人は不動産鑑定士に向いていると言えるでしょう。

『 相手への思いやりがある 』

十分に兼ね備えている

不動産鑑定の仕事は、不動産の価値を判定することではありますが、それだけで仕事が終わるわけではありません。鑑定を依頼された人に判定した価値をわかりやすく伝え理解してもらう必要があります。その際に相手のことを考えることが出来ないと、独りよがりな説明に終始してしまう結果になりかねません。不動産に関する用語には一般の方にはわかりづらい専門的な用語も多くあり、不動産に関することに詳しくない人には専門用語を用いて説明しても理解されにくい状況となります。思いやりを持って相手のことを考えられると、相手の理解の度合いを把握しながら不動産価値の説明を行うことができるでしょう。

『 フィールドもデスクワークも好き 』

そこそこ兼ね備えている

不動産鑑定士は、現地調査を行う必要も出てきます。調査対象の不動産はさまざまであり、町の中にあるとは限らず、中には交通の便が悪い辺鄙な場所に行くこともあります。さらには、森の中や山中に調査に向かうケースもあり、現地を訪れて調査を行うフィールドワークも多いです。調査後には、取得したデータを基に分析を行い鑑定評価書の作成といったデスクワークも行います。このように屋外の作業も得意で、事務作業も出来る人は、不動産鑑定士に向いているでしょう。

『 文章力がある 』

兼ね備えていない

論理的な思考により正確な鑑定評価額を算出することが不動産鑑定士には求められます。さらに不動産に対して専門家ではない依頼者に評価に関して理解してもらいやすいような文章表現を行うことも必要です。不動産鑑定評価書には、評価の額だけではなく、どのような根拠に基づいて導かれた計算なのかも記載する必要があるため秀でた文章力が必須となります。

『 出張が好き 』

兼ね備えていない

不動産鑑定士は、物件の調査のために出張が割と多い仕事です。調査する物件のボリュームによっては連泊になることもあります。出張が苦手だったり、家でないとくつろげないという人は不向きかもしれません。逆に出張が好きな人は不動産鑑定士に向いていると言えるでしょう。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの不動産鑑定士適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る