理想の就活/転職のための
自己分析サイト

本ページはマイナビ社などの広告が含まれています

ラジオディレクターに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今ラジオディレクターの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいラジオディレクターに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

ラジオディレクターに向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたのラジオディレクター適性診断結果

あなたの適性度は58%で、ラジオディレクターの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。ラジオディレクターを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

ラジオディレクターに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.エンタメへの興味が強い
2.コミュニケーション能力が高い
3.度胸がある
4.自分の意見を主張できる
5.順応力がある
6.調整力がある
7.流行に敏感
8.昔の時代の知識が豊富
9.放送に関する知識がある
10.相手の立場で物事を考えられる
スポンサーリンク
\この診断を受けたい方はコチラ/
ラジオディレクター適性診断を受ける(2分)

診断結果の解説

『 エンタメへの興味が強い 』

そこそこ兼ね備えている

ラジオというメディアの中には、様々なジャンルの番組が存在します。AMの深夜放送のようにおしゃべりがメインの番組であっても、合間に流れる音楽は重要な要素です。番組の構成もディレクターの仕事なので、エンタメの知識がある人のほうがいいでしょう。映画や舞台が公開されるタイミングでは、番宣番組も作る必要があります。その時には、映画や音楽についての知識が求められます。あまりエンタメが得意でない場合も、自分なりにアンテナを張っておくとラジオディレクターの仕事がスムーズになるはずです。

『 コミュニケーション能力が高い 』

十分に兼ね備えている

ラジオは少人数で制作されていますが、それでもスポンサーやパーソナリティーなど少なくない人とコミュニケーションを取る必要があります。つつがなく番組を進行していくためには、人間関係を良好に保っていく必要があるでしょう。そのため人見知りであったり交渉事に苦手意識がある場合はディレクターの仕事は難しいかもしれません。ただコミュニケーション能力は場数を踏めば熟達してくる場合もあります。話すことなどに苦手意識があっても、相手と意思疎通する意思があれば関係も良好に保てるでしょう。

『 度胸がある 』

あまり兼ね備えていない

ラジオ番組には台本がありますが、あらかじめ決まっているのはCM読みやスポンサーの告知など限られたものです。初めから決まっている要素は少なく、多くはその場の雰囲気で話すことを決めていきます。その新鮮な内容がラジオの魅力だとも言えます。ラジオ番組には生放送のものもあり、その場合はどう話が転がっていくかわからないので、ラジオディレクターにはどうあっても番組を成功させてやるという度胸が要求されます。上手く行かないときは上手くいくよう助言するのもディレクターの仕事です。パーソナリティーの話が脱線しすぎることもあるので、枠の中に収める必要も出てくるでしょう。

『 自分の意見を主張できる 』

そこそこ兼ね備えている

仕事中にパーソナリティーやスタッフと、番組の方向性で衝突してしまうこともあります。そういった時に相手の言い分を聞いて譲歩することも必要ですが、譲歩しすぎてしまうと番組の根幹が揺らいでしまいます。しっかりと自分のビジョンを持ち、相手を納得させることができる能力が求められます。数字が良くないときや、スポンサーから横槍が入ることもしばしばあります。そういった時にしくじった部分だけ取り替えて、面白い部分を残すためにも、ビジョンは不可欠です。

『 順応力がある 』

あまり兼ね備えていない

ラジオ局の多くは、朝や昼に帯番組を持っています。そういった帯番組はその時々の事柄を新鮮なうちに取り上げるために、生放送であることが基本です。生放送が予期せぬトラブルやアクシデントに見舞われることは、日常茶飯事だと言えます。ゲストやパーソナリティーが来ないといった状況で、ラジオディレクターが慌てふためいてしまったらスタッフにも恐怖が伝染してしまうでしょう。そうなってしまったら番組も成り立たなくなってしまいます。ですからディレクターには、どんな状況でも対応できる順応力が求められます。テロや災害など不測の事態が起きた時にも落ち着いて対処できる人が、この仕事に向いています。

スポンサーリンク

『 調整力がある 』

そこそこ兼ね備えている

ラジオ番組の現場では、多くの人が知恵を出し合ってより良い番組を作ろうと日々努力しています。当然話し合ううちに熱くなって意見がぶつかりあうことも多いです。そういった時にラジオディレクターは全員の意見を集約して、1つにまとめ上げることが求められます。その際には、一人一人の意見をしっかり聞き不満が出ないようにしなければなりません。納得させたり顔が立つようにするには、調整力が不可欠です。

『 流行に敏感 』

十分に兼ね備えている

ラジオの生放送では、日々社会で起こることを取り上げていきます。そういった新しいことを取り上げる番組を作るためには、自分たちも流行に敏感である必要があります。たとえ自分が流行に興味がなくても、ファッション雑誌に目を通したり若いスタッフに話しを聞いたりするなどの努力はしておいたほうがいいでしょう。

『 昔の時代の知識が豊富 』

そこそこ兼ね備えている

ラジオの視聴者は中高生や親世代だけではありません。高齢層も視聴者であるので、新しいことだけでなく古いことも知っておく必要があります。古いことに関する知識を持っておくことで、番組に深みが出てくるというメリットもあります。ラジオディレクターなら物事の成り立ちや経緯に対して、常に興味を持っておいた方がいいでしょう。

『 放送に関する知識がある 』

十分に兼ね備えている

ラジオディレクターになるためには特別の資格は必要ありませんが、放送設備や編集に関する知識はあったほうがいいです。放送業界関連の専門学校もあるので、そういった場所で学んできた知識はディレクターの仕事に役立ちます。専門的な勉強をしていなくても、大学で放送サークルに加入していたなどの経験もラジオディレクターのしごとに役立ちます。

『 相手の立場で物事を考えられる 』

そこそこ兼ね備えている

ラジオは視聴者であるリスナーあってのものです。リスナーが楽しめる番組を作れなければ、番組を存続させることは難しいでしょう。ラジオはパーソナリティーが一方的に話すだけでなく、リスナーからの手紙やメールを読むことで成りたつメディアです。手紙やメールは番組の生命線のようなものなので、ラジオディレクターにはリスナーの気持ちがわかる人が向いています。自分がかつてリスナーだった経験があるなら、適性があると言えるでしょう。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのラジオディレクター適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

1位 マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

2位 doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

3位 リクルートエージェント

└業界最大手で転職支援実績No.1

\この診断を受けたい方はコチラ/
ラジオディレクター適性診断を受ける(2分)

この適正診断テストでわかること

  • ラジオディレクターに向いているか向いていないか
  • ラジオディレクターの職業適性度
  • ラジオディレクターに必要な10の資質
  • 解説でラジオディレクターに必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか

ラジオディレクターとは?

ラジオディレクターとはラジオ番組の制作をするときにチームメンバーの全体統括をして進捗管理をする職種です。

ラジオ番組の制作では企画をして全体の流れを詳細に詰めていき、必要な出演者を手配します。

番組によっては台本や音楽、効果音などを用意するなどの準備も必要です。

ラジオディレクターはこのような一連の流れを把握し、ラジオ番組で使用するすべてのものを間違いなく整えられるように手配の指示を出します。

そして、収録のときに現場を指揮し、予定の時間で番組を終えられるように監督するのもラジオディレクターの役割です。

ラジオディレクターになるには?

ラジオディレクターになるにはラジオ番組の制作をしている制作会社や放送局に就職して、現場で制作の経験を積む必要があります。

現場でさまざまな作業を経験して全体を見通すノウハウを身に付けていき、リーダーとして活躍できると認められるとラジオディレクターに抜擢されます。

ラジオディレクターには特に資格は必要がなく、特別なスキルを求められるわけでもありません。

全体を俯瞰する力やチームメンバーから慕われるカリスマ性があることが重要です。

ラジオディレクターになりたい人はコミュニケーションやマネジメントについて学んでおくと有利になるでしょう。

ラジオディレクターの給料・年収

ラジオディレクターの年収はさまざまな求人サイトや転職サイトの情報から総合的に見るとかなり幅が広くなっています。

平均年収としては400万円~500万円くらいですが、年収の幅は300万円弱~1000万円くらいです。

ラジオディレクターとしての経験の豊富さや、手掛けたラジオ番組の視聴率などによって給料が変わることが多くなっています。

人気のラジオ番組のディレクターとして有名になると年収が上がっていくでしょう。

ラジオ放送局にとっては広告収入を得るのが重要なので、聴いてもらえる番組を制作するという視点で働いていくのが大切です。

ラジオディレクターの就職・転職先(求人)

ラジオディレクターの就職先・転職先として最も多いのはラジオ番組の放送局です。

ラジオ番組は自社で制作して放送していることが多いので、ラジオディレクターが最も活躍できる現場です。

一部の番組については外部に委託して制作していたり、他社が制作した番組を放送していたりする場合があります。

ラジオ制作会社もラジオディレクターが働ける職場の候補です。

テレビやインターネットの普及によってラジオ番組を聴く人が減ってきていますが、需要がなくなっているわけではありません。

オンラインでラジオを聴けるサービスもあるので、今後もラジオディレクターは活躍していくことができるでしょう。

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0