理想の就活/転職のための
自己分析サイト

本ページはマイナビ社などの広告が含まれています

品質管理に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今品質管理の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい品質管理に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

品質管理に向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたの品質管理適性診断結果

あなたの適性度は45%で、品質管理の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。品質管理を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

品質管理に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.細部にこだわりを持てる
2.几帳面
3.マニュアルや手順をしっかり守る
4.物事に粘り強く取り組める
5.分析力がある
6.問題解決力がある
7.改善点の洗い出しが得意
8.責任感が強い
9.正義感が強い
10.誠実で真面目な性格
スポンサーリンク
\この診断を受けたい方はコチラ/
品質管理適性診断を受ける(2分)

診断結果の解説

『 細部にこだわりを持てる 』

そこそこ兼ね備えている

品質管理に向いている人は、日頃から、品質へのこだわりが高い人です。子どもの頃に使うものの品質や機能への興味が強かった人、学生時代から物を買う時は品質を気にしていた人に向いています。たとえば、安物のファストファッションを購入したとしても、素材の質や縫製などをチェックしてきた人です。品物の種類や価格を問わず、製品に求められる品質が備わっているか、きっちり確認できる素質があります。品質へのこだわりがなく、すぐに壊れるものでも安ければ良いと考える人には不向きです。

『 几帳面 』

そこそこ兼ね備えている

品質管理の仕事はとても細やかです。わずかなズレやわずかな異常、乱れもキャッチして取り除き、品質を保ち、改善をしていく必要があります。几帳面、神経質と言われるくらいの人のほうが向いています。見逃さないようにチェックシートにもとづく点検や手順を、細かく遂行できる人が求められます。このくらいでいいと適当に考えてしまう人、楽観的な人はあまり向いていません。

『 マニュアルや手順をしっかり守る 』

兼ね備えていない

いつも問題ないから、今日くらい飛ばしてもいいといった油断がトラブルを招きます。マニュアルや手順書など、しっかり守れる人が向いています。新商品を手に入れたら、まずは取扱説明書を隅々までしっかり読むようなタイプです。新しい製品を買った時、取扱説明書や設計図など一切見ず、とりあえず使い始め、うまく使いこなせずにいる人は向いていません。

『 物事に粘り強く取り組める 』

あまり兼ね備えていない

品質に異常が見つかった時、その原因を突き止めて改善を行わなくてはなりません。そのため、原因の追及がしっかりできることが求められます。何かが壊れた時や調子が悪い時などに、その原因を突き止めて故障やトラブルの解決を図ることができる人に向いています。日常においても、トラブルなどの原因を徹底追及するようなタイプに適した仕事です。ちょっとでも不具合が生じたら、壊れたと捨てたり、買い替えたり、すぐに修理業者に頼る人は向いていません。

『 分析力がある 』

だいぶ兼ね備えている

品質に異常が生じた時、その原因を分析することや、品質のブレなどが生じないようにするにはどうすれば良いのか分析することも必要です。検品により弾かれた製品のデータ分析など、さまざまな面で分析をすることも求められる仕事です。データが見られる、原因究明や改善のための分析ができる人に向いています。分析力に自信がない人には不向きです。

スポンサーリンク

『 問題解決力がある 』

そこそこ兼ね備えている

品質の異常や製造ラインのトラブルなどの問題を、原因を解明し、改善点などを見出して、速やかに解決することも必要です。そのため、問題解決力があることも求められます。日頃から問題に直面した時、自分で考えて解決してきた経験や何もなさそうな時でも問題を探り出して明確化してきた経験などが活かせます。問題が生じても、誰かが解決してくれるといったスタンスの人は向いていません。

『 改善点の洗い出しが得意 』

そこそこ兼ね備えている

品質管理の仕事では、PDCAサイクルを回し続けることが欠かせません。検品や製造ラインのチェックを行い、問題が出たら、それを分析して改善し、その後に活かす、この繰り返しです。これによって、より良い製造ラインや製品になり、品質のブレや異常を可能な限り減らしていくことができます。毎回のことだからと油断せず、PDCAサイクルをしっかり回せる人に向いています。油断しやすい人、たまには手抜きしても良いといった人には向いていません。

『 責任感が強い 』

十分に兼ね備えている

品質管理を適切に行っていくには、責任感が不可欠です。誰かが見つけてくれる、このくらい大丈夫ではなく、求められる品質をすべての製品がクリアするよう徹底的に維持管理していくことが求められます。仕事にプライドを持ち、責任を持って対応できる人に向いています。完璧主義と思われるくらいの人が、品質管理には適材です。人任せな人、責任を負うことを避けてきた人、仕事へのモチベーションが低い人には向いていません。

『 正義感が強い 』

兼ね備えていない

品質チェックは製造している人や検品作業をしている人からすれば、自分の仕事にクレームを言われるようで、嫌な相手に思われることもあります。納期を急ぐ営業部門や利益優先の上司から、それくらいわからないと納品を迫られるかもしれません。職場の人間関係優先で、品質管理を疎かにする人には不向きです。過去の不正に気付くことや設計や構造のミス、手抜き工事などに気付くこともあります。企業に大きな打撃があると思っても、その後の信頼回復のため、不正をただせる正義感が必要です。

『 誠実で真面目な性格 』

そこそこ兼ね備えている

品質管理の仕事は誠実な人が向いています。その製品を買ってくれる人、使ってくれる人に対して誠意を持ち、期待される品質が常に保たれるよう、誠実に品質管理をしていくことが大切です。どうせわからない、気付かれなければ問題ないといった意識を持っている場合や会社の目先の利益を優先するといったスタンスの人には向いていません。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの品質管理適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

1位 マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

2位 doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

3位 リクルートエージェント

└業界最大手で転職支援実績No.1

\この診断を受けたい方はコチラ/
品質管理適性診断を受ける(2分)

この適正診断テストでわかること

  • 品質管理に向いているか向いていないか
  • 品質管理の職業適性度
  • 品質管理に必要な10の資質
  • 解説で品質管理に必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか

品質管理とは?

品質管理は作られた製品に不具合がないかどうかを確認する仕事です。

製造業においては、製品が客先に販売される前に、仕様通りに作られたか必ず検査が行われます。

具体的には、製品寸法が仕様書通りか、使われた原材料が合っているか、電気的特性がきちんと出ているかなど、製品によってその検査項目が非常に多様です。

また、完成した状態の製品のみを検査するだけでなく、製品が作られる各工程内においても実施されます。

品質管理といっても業種によって検査内容は変わってきますが、不良品の発生や流出を防ぐことで会社のブランドやイメージを守るという点は一致しています。

品質管理になるには?

品質管理になるには絶対に必要な資格というものはありませんが、転職や就職において持っていたら他の応募者よりも選考が有利になるものもあります。

1つは品質管理検定です。

品質管理の仕事内容は業種によって異なりますが、この資格は幅広い品質管理に関する知識を問うものなので、品質管理に対する体系的な知識を有することを証明するものです。

また、信頼性技術者資格認定も、信頼性技術に関する知識と、信頼性にかかわる問題の解決方法を理解していることを証明するものです。

これらの資格は業種を問わず品質管理になるのに役立つ資格です。

品質管理の給料・年収

品質管理の収入に関して複数の調査をまとめてみると、その平均年収は450から500万円です。

専門性や正確性を求められる品質管理は幅広い知識が必要になりますので、その平均年収は高い部類に入ります。

実際に国税庁の令和2年度の調査では日本人平均年収は433万円です。

20代の平均年収は350万円から400万円ですが、30代になると500万円から550万円になり、以降は緩やかに上がり続けていく傾向です。

若いうちはそれほど高い収入ではありませんが、スキルと経験を積み重ねていくことで年収もそれに応じて上がっていきます。

成長意欲の高い人にも向いているでしょう。

品質管理の就職・転職先(求人)

品質管理の主な就職・転職先としてはメーカーになります。

メーカーにとって必要不可欠なポジションなので、需要がなくなることはありません。

理系であればある程度有利ですが、文系であっても勉強する意欲があれば品質管理のポジションにつくことはできます。

また、同業界への転職であればその経験や知識がそのままダイレクトに活かすことができます。

たとえ違う業界であっても品質管理に関する考え方は共通しているので、製品や工程は新たに覚えないといけませんが、スキルや経験は活かすことができます。

他には、製品の各工程にも精通していることから同業界の生産技術職や製造職への転身を行う人もいます。

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0