理想の就活/転職のための
自己分析サイト

精神科医に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今精神科医の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい精神科医に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

精神科医に向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたの精神科医適性診断結果

あなたの適性度は29%で、今の時点では精神科医の仕事に向いているとは言えないようです。精神科医を目指したい場合は、まず診断結果の詳細を読み込んで必要な資質を理解するようにしましょう。自分に足りない部分がわかったら、あとは一つづつ克服していけるよう努力あるのみです。

精神科医に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.コミュニケーション能力がある
2.ストレスを溜めにくい
3.人の心に興味がある
4.真剣に人の話を聞ける
5.勉強を怠らない
6.感情移入し過ぎない
7.忍耐強い
8.柔軟な思考ができる
9.協調性がある
10.社会の動きに敏感
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 コミュニケーション能力がある 』

兼ね備えていない

医師一般に言えることですが、コミュニケーション能力は非常に重要です。特に精神科医療では患者やその家族とのコミュニケーションにより診療が進むという特色があります。思いやりを持って相手の立場に立てる人、会話の中で患者さんの緊張感を解きほぐす努力ができる人などが望ましいといえるでしょう。

『 ストレスを溜めにくい 』

兼ね備えていない

精神科医は心療の多くの時間を患者さんの話を聞くことになります。その中で患者のかかえる日々の不安やストレスに接するのですから、時には自身が精神的ダメージを負ってしまう可能性もあります。自分自身が溜め込まないよう、上手にストレスを解消するスキルも必要になるでしょう。

『 人の心に興味がある 』

十分に兼ね備えている

基本的に人の心理状態に興味のある人が精神科医には向いています。興味の対象が自分にばかり向かう人には不向きな職業といえるでしょう。対象者の精神状態やトラウマなどに深く寄り添い、患者と一緒にその原因を考えることが求められます。

『 真剣に人の話を聞ける 』

あまり兼ね備えていない

長時間人の話を聞くことが苦でないことは精神科医の第一条件といえます。患者さん自身が「この先生なら自分の悩みを真剣に聞いてくれるだろう。」と思えることは重要です。自身の症状を訴えている時に上の空な様子が見えては、患者さんの信頼を得ることはできません。心の病を抱える患者さんは繊細なケースもあるため「真剣に聞いてもらえない」と感じると心を閉ざしてしまいます。さらに心の傷が深くなることもあるかもしれません。相槌を打ちながら優しく患者さんの話を聞ける人が精神科医に向いています。

『 勉強を怠らない 』

兼ね備えていない

精神科の治療法は多種多様で、時代と共に変化することも多いです。昔ながらの治療が急に禁止されることもあり得ます。そのため常に新しい知識が必要とされる分野でもあります。脳や心の問題に関しては未知の事柄が多く、新たな発見がもたらされることが多いからです。診療の傍ら、学会等の活動や自身の研究分野の活動も怠らずに続けていくことが精神科医には求められるでしょう。変化に対応できるよう勉強を怠らず、最先端の治療や新薬開発の動向などにも目を向けておく必要があります。

スポンサーリンク

『 感情移入し過ぎない 』

あまり兼ね備えていない

患者さんの立場に立って寄り添うことは重要ですが、患者との一定の距離を保つことも精神科医には必要なことです。親身になり過ぎて患者さんとの距離が近くなり過ぎると、医師、患者双方に思わぬトラブルが発生することもあります。精神科医が精神を病んだり、患者さんの医師への依存度が高くなり過ぎたりするのは診療にとってマイナスになってしまいます。診療中は患者の妄想等に引き込まれることなく、常に冷静に距離を保つことが必要です。精神科医にはある程度割り切ることができるメンタルの強さが求められます。

『 忍耐強い 』

そこそこ兼ね備えている

精神科の治療には長く時間がかかることがほとんどです。何度も繰り返し患者の話を聞き、アドバイスや薬の処方を行う必要があります。また、精神科は患者が順調に回復しているのか、わかりづらい領域でもあります。一見、病気が完治したように見えても繰り返し再発してしまうことも多いです。そのため精神科医は長い期間忍耐強く一人の患者に向き合うことが要求されます。イライラしてしまう人、結果をすぐに求めたい人には不向きな職業だといえるでしょう。また、患者自身の話や動作も人それぞれなので、遅かったり繰り返しが多かったりということもあります。そんな時もイライラせずにじっくりと気長に接することができる人が望ましいでしょう。

『 柔軟な思考ができる 』

あまり兼ね備えていない

精神科に来る患者さんの病気やその背景には様々なことがあります。そのため簡単に診断できるケースは少ないです。精神科医は経験を積み重ねながら、様々な可能性を考えつつ患者と向き合っていきます。自分の経験をうまく生かして対応できる人、視野の広い人や決めつけで動かず色々な可能性を考えられる人に向いている職業でしょう。

『 協調性がある 』

兼ね備えていない

精神科医療では様々な分野との連携が求められることも多いです。行政や企業関係をはじめ、老人施設やリハビリ施設などのスタッフ、精神保健福祉士やケースワーカーなど幅広い分野の人々と協力する場面もあるでしょう。個人プレーにとどまらず幅広い人材と上手く連携できるスキルは精神科医にとってとても重要なものでしょう。

『 社会の動きに敏感 』

そこそこ兼ね備えている

精神科医が診療するにあたって社会情勢は見逃せないものの1つです。世の中の出来事や法律改正など、患者さんを取り巻く環境に常に敏感でいることは診療を進める上で役に立ちます。忙しい中でも患者さんのためにアンテナを張って様々な情報をキャッチする努力が必要です。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの精神科医適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

1位 doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

2位 マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

3位 リクルートエージェント

└業界最大手で転職支援実績No.1

この適正診断テストでわかること

  • 精神科医に向いているか向いていないか
  • 精神科医の職業適性度
  • 精神科医に必要な10の資質
  • 解説で精神科医に必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか

精神科医とは?

精神科医の仕事は、精神障害や神経症など、脳や精神面の病に対する診断と治療です。

認知症や自閉症などの脳の働きに問題を抱えている患者や、アルコール依存症やストレス障害、不眠症といった精神面から日常生活を送ることが難しくなった人に対して治療を施します。

病院では入院が必要なほど症状が重い患者の治療にあたり、診療所やクリニックは通院で対応できる患者の治療にあたります。

患者の話を聞くことが精神科医の仕事において重要です。

そこから情報をくみ取り、心理検査を併用して患者の精神状態を明らかにします。

学校や仕事を休む必要がある場合には、診断書を書きます。

精神科医になるには?

精神科医になるには、医師免許が必要です。

大学の医学部に6年間通い、医師国家試験に合格して医師免許を取得します。

厚生労働省が2022年に発表した「第116回医師国家試験の合格発表について」によると、合格率は91.7%です。

新卒者の合格率は95.0%、国立大学が92.2%、公立大学は93.5%、私立大学では92.4%です。

医師免許を取得した後は、大学病院や規模の大きな病院に臨床研修医として2年間勤め、経験を積みます。

臨床研修医として基本的な診療に必要な知識を修得した後は、専攻医として専門的な診療能力を身につけ認定医や専門医の資格を取得します。

精神科医の給料・年収

厚生労働省が公開する「令和3年度賃金構造基本統計調査」によると、医師の平均年収は1378.3万円です。

労働政策研究・研修機構が実施した「勤務医の就労実態と意識に関する調査」では、精神科医の平均年収は1261万円となっています。

精神科のある総合病院や精神科単科病院の精神科医の年収が高い傾向にあります。

年収が高い理由としては、当直や時間外勤務、緊急時の呼び出しに応じる必要があり、ハードワークであることが要因として挙げられます。

診療所やクリニックは、土日祝日の休みが確保されておりプライベートの時間を守れることが特徴です。

精神科医の就職・転職先(求人)

精神科医は総合病院の勤務医として働くか、自治体が運営する精神保健福祉センターなどの公的機関に勤めるケースが多いでしょう。

また、実績を積み独立する場合もあります。

企業や学校など、さまざまな場面でメンタルケアの重要性が増しており、精神科医の需要も高まることが予想されます。

厚生労働省が公開する「医師・歯科医師・薬剤師調査」によると、2016年時点の精神科医の人数は1万6519人です。

2000年時点では約1万2000人だったことを踏まえると、精神科医の人数が増加傾向にあることが分かります。

また、医師総数の5.4%を精神科医が占めています。

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る