理想の就活/転職のための
自己分析サイト

プロゲーマーに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今プロゲーマーの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいプロゲーマーに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたのプロゲーマー適性診断結果

あなたの適性度は44%で、プロゲーマーの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。プロゲーマーを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

プロゲーマーに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.ゲームが大好き
2.得意なゲームジャンルがある
3.パソコンの仕組みに詳しい
4.最適なパソコン周辺機器を選べる
5.反射神経がよい
6.長時間の練習が苦にならない
7.身体が丈夫
8.ゲーム配信に抵抗がない
9.コミュニケーション能力がある
10.うっかり失言をしない
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 ゲームが大好き 』

兼ね備えていない

プロゲーマーはとにかく毎日ゲームをしなければいけない職業です。そのため、普通に好きではなく大好きという気持ちがなければ、プロゲーマーになるのは難しいといえるでしょう。やはり、なんとなく好きではやってはいけない世界です。

『 得意なゲームジャンルがある 』

あまり兼ね備えていない

ゲームには、ロールプレイングやアクションなどのいろいろなジャンルがあります。しかし、格闘やFPSなど大会が行われているジャンルは決まっています。もしも、自分の得意なジャンルで大会が開かれているなら、プロゲーマーになれる確率はアップするでしょう。やはり、まったく大会が開かれていないジャンルでは、誰かと競うことはないのでプロゲーマーとしてやっていくことはできません。

『 パソコンの仕組みに詳しい 』

兼ね備えていない

パソコンはCPUやグラフィックボード、そしてメモリなどさまざまなパーツで構成されています。性能が高ければ高いほどゲームはスムーズに動くようになるので、それを作るための知識がプロゲーマーには必要となります。もちろん、完成品の高性能パソコンを購入するという手段もあります。しかし、パソコンに詳しい方が購入したものの性能を発揮できるので、やはりある程度の知識は必要だといえるでしょう。

『 最適なパソコン周辺機器を選べる 』

そこそこ兼ね備えている

パソコン本体だけあってもゲームをすることはできません。まず、操作するためにはマウスやキーボードといった周辺機器が必要です。それに映像を表示させるためのモニター、そして音声を聞くためのヘッドホンなど、ゲームをするためにはたくさんの周辺機器を使うことになるでしょう。これらの周辺機器はゲームの結果に大きく関わってくるので適切なものを選ぶための知識が必須です。

『 反射神経がよい 』

だいぶ兼ね備えている

『相手のアクションに対する反応』や『頭に思い浮かんだことを実行』するための反射神経がプロゲーマーには必要になります。ジャンルによってどのくらいの反射神経が必要なのかは変わりますが、ボードゲームのチェスや将棋のように長考できるものはないと考えた方がよいです。

スポンサーリンク

『 長時間の練習が苦にならない 』

十分に兼ね備えている

ゲームを上達するためには、たくさんの練習が必要になります。うまくできるようになるまで、何度も何度も同じところを繰り返すような練習をすることもあるでしょう。そのため、途中で決して投げ出さずにやり遂げるための根性があった方が、プロゲーマーに向いているといえます。ちなみに、効率的に練習をするためには、何が駄目なのか分析するための頭も必要になります。根性と頭の両方があれば、ライバルを出し抜くための完璧な練習ができるでしょう。

『 身体が丈夫 』

兼ね備えていない

プロゲーマーは身体が資本の仕事となるので、丈夫で悪いところがない方が向いています。腰が痛くなったり眼精疲労がひどくなったり、職業病ともいえるものがあるので特にそれらへの耐性がある方はピッタリです。なお、丈夫な身体を作るために、筋力トレーニングが必要となるケースもあります。そのため、得意とはいえなくても、ある程度は運動ができた方がプロゲーマーを目指しやすいでしょう。

『 ゲーム配信に抵抗がない 』

十分に兼ね備えている

昨今のプロゲーマーは有名な動画配信サイトで、実況プレイを配信しているケースも多いです。そのため、プロゲーマーとして活躍したいと考えているなら、ゲーム配信に抵抗がないことが大きなメリットとなります。実況プレイを活用して人気になればスポンサーもつきやすくなるので、より稼げるようになれるでしょう。もちろん、動画配信サイトによっては収益化も行えるため、そちらの方でも大金を稼ぐチャンスがあります。

『 コミュニケーション能力がある 』

兼ね備えていない

ゲームのジャンルにもよりますが、チームメイトと一緒に活動をする場合もあります。そのときは、円滑にゲームをするためのコミュニケーション能力が必要となります。ただし、笑わせたり楽しませたりするような能力ではなく、ゲームに関することを的確に伝える能力があればよいのでそれほど難しいものではないでしょう。どうしてもコミュニケーションをとるのが難しい場合は、一人ですべてが完結するジャンルのゲームを選ぶようにしましょう。ただし、その場合も取引先やスポンサー、そしてファンなどとコミュニケーションをとる必要があるので、能力ゼロでは大変かもしれません。

『 うっかり失言をしない 』

十分に兼ね備えている

対戦ゲームで熱くなると、相手や味方に対して厳しいことをいってしまうことがあります。それが差別的だったり暴言だったりした場合、人として失格の烙印を押され、プロゲーマーとして活動できなくなる可能性があります。ゲームがいくらうまくても、スポンサーもつかず事務所にも入れなければプロゲーマーとして活躍できません。従って、どんなに熱くなったとしても、口に出してよいことと悪いことを判断できるのはとても重要な資質だといえます。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのプロゲーマー適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る