理想の就活/転職のための
自己分析サイト

生産管理に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今生産管理の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい生産管理に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたの生産管理適性診断結果

あなたの適性度は48%で、生産管理の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。生産管理を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

生産管理に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.ものづくりに興味がある
2.物事を俯瞰で見る事ができる
3.人と関わることが好き
4.勉強好き
5.柔軟な考え方ができる
6.冷静に判断できる
7.自分の意見をはっきり言える
8.問題解決を上手く行える
9.複数のことをこなせる
10.コミュニケーションスキルがある
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 ものづくりに興味がある 』

そこそこ兼ね備えている

生産管理の仕事をやっていくには、何よりもまずものづくりへの興味が必要不可欠です。生産ラインを指揮していく仕事ですから、ものづくりの現場を詳しく知っていなければ務まりません。自然と現場を詳しく知るのに欠かせないのがものづくりが好きということ。ものづくりの新しい技術も日々生まれていることから、学ぶべき知識やスキルもたくさんあります。ものづくりに興味を持っている人であれば、知識やスキルを積極的に習得して生産管理の現場に活かすことが出来るでしょう。

『 物事を俯瞰で見る事ができる 』

そこそこ兼ね備えている

物事を俯瞰でみることができることも生産管理の仕事には非常に重要な能力です。生産管理の仕事は、製造に必要となる部材の調達から始まって、製造工程の作業員の配置や各工程の進捗状況、さらには工程のトラブルの対応と製造工程に関する多くのことを把握する必要があります。このように多くのことを把握するためには、俯瞰的にものごとを把握する能力が必要です。また、時間的側面として製造工程を長期・短期の両面の観点から製造計画を組み立て、工程がスムーズに流れていくように調整していくことも欠かせません。これらのことを可能とするために大切なことは、目の前にあるひとつのことに一生懸命きっちりと取り組んでいく人よりも、全貌を認識して工程進捗が円滑に進むように判断出来る人が最適です。

『 人と関わることが好き 』

あまり兼ね備えていない

生産管理の仕事は、製造現場の進捗状況を把握したうえで、その管理を行いスムーズに製造できるように調整していく仕事です。このことは、製造工程に関わる多くの人と関わりを持つことが必然となります。そのため、人と関わることが好きな人にはお勧めの仕事です。さらに、社外の人も含めて多くの人と連携し協力してもらう場面が多くありますのでコミュニケーション能力も必要となります。

『 勉強好き 』

十分に兼ね備えている

製造工程において引き起こされる懸案事項やトラブルを解決していくことも生産管理の仕事では重要です。これらの問題点を解決していくためには、製品の知識や使用している材料、生産設備や道具など、広範囲に及ぶ知識が必要となります。さらに新しい技術も生まれてくるため、それらをどんどん学んでいく姿勢が重要です。そのため、新しい情報を得ることに前向きな勉強熱心な人は、生産管理の仕事に向いています。

『 柔軟な考え方ができる 』

そこそこ兼ね備えている

柔軟な考え方ができることも生産管理において大事な能力です。日々技術は進歩しており、古い管理方法に固執していると取り残されてしまいます。技術革新の波に取り残されないように学びつつ、古い管理方法は捨てて、時代に合った管理方法を行う必要も発生します。その時々に合わせた柔軟な考え方を持ち、変化に対応できる人が生産管理には向いている特質です。

スポンサーリンク

『 冷静に判断できる 』

兼ね備えていない

生産管理は、部材の調達や人員配置、製造工程のトラブルなど突発的な問題が発生することがあります。また、営業部門からは、困難な要望の納期や生産技術部門からは、不良品に対する責任問題などさまざまな問題事項が発生することもあるでしょう。このような問題発生に対して早急な解決案を求められる場面も多くなります。その際、感情的に熱くなっていては、解決できるものも解決出来ません。客観的に問題点を把握し、関連部署を協力体制に持って行ける冷静な判断力を持っている人は、生産管理に向いていると言えるでしょう

『 自分の意見をはっきり言える 』

そこそこ兼ね備えている

自分の意見をはっきり言える人は生産管理の仕事に向いています。生産管理は、製造が円滑に進んでいるときよりも問題が発生したときにこそ力量が必要となる職種です。問題発生時に自分の意見をはっきり言えないと、他部門などの相手の意見が採用されてしまうことになり、製造の現場とのギャップにさらに悩まされることになりかねません。相手の意見を採用できなかったり、違うと思ったときには、自分の意見をしっかりと言える強い心も必要となります。自分の意見をはっきりと言うことが、問題解決を早める可能性を高めるでしょう。ただし、相手に対して強気になるということではありません。相手と円滑に解決策を導き出せるように意見を提示しましょう。

『 問題解決を上手く行える 』

だいぶ兼ね備えている

生産管理を行う上でトラブルは付きものです。製造工程で発生した不良品のトラブルのみならず従業員同士のトラブルなども、適切に対応する必要が出てくるときもあるでしょう。このようなトラブル発生時に、的確に問題点を把握し解決策を講じることが出来る人は生産管理に向いています。

『 複数のことをこなせる 』

十分に兼ね備えている

複数の業務を同時にこなせる能力を持っている人は生産管理の仕事に向いています。生産管理の業務は、製品需要の予測から材料や部品の調達、生産計画、製造工程管理、取引先との交渉など、行うことが多岐にわたる職種です。コツコツとひとつのことに集中して取り組むよりも、複数の業務が同時並行的に行われます。そのためマルチタスクが得意な人が生産管理に向いていると言われているのです。

『 コミュニケーションスキルがある 』

兼ね備えていない

生産管理の仕事においてコミュニケーション能力は非常に重要な要素になります。営業部門や製造部門などの部署と円滑なコミュニケーションをとりながら業務を遂行していくことが必須だからです。また、生産トラブルや品質トラブルが生じた際に、他部署と問題解決に向けたやりとりなどの調整や指揮をとる必要も出てきます。時には社内のみならず社外の関連部署を説得したり交渉したりする必要も出てくるでしょう。これらを滞ることなく進めるためには高いコミュニケーション能力が求められます。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの生産管理適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る