理想の就活/転職のための
自己分析サイト

アニメプロデューサー適性診断|あなたは向いている人?向いてない人?

あなたは今アニメプロデューサーの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいアニメプロデューサーに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたのアニメプロデューサー適性診断結果

あなたの適性度は56%で、アニメプロデューサーの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。アニメプロデューサーを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

アニメプロデューサーに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.とにかくアニメが好き
2.根気、忍耐力がある
3.高い向上心がある
4.好奇心旺盛
5.指示待ちでなく何事も自主的
6.コミュニケーション能力がある
7.人やプロジェクトを管理する力がある
8.数字に強い
9.メンタルが強い
10.責任感がある
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 とにかくアニメが好き 』

あまり兼ね備えていない

アニメ業界の仕事は、決して楽ではありません。その中でも、アニメプロデューサーは、ハードな仕事と言えるでしょう。そのため、アニメが好きな人の方が、向いています。アニメが好きということがモチベーションになれば、多少ハードなことがあっても、乗り越えられる可能性が高いです。また、自分が、好きなアニメを作っているという事実が、やる気になるでしょう。

『 根気、忍耐力がある 』

あまり兼ね備えていない

アニメ制作の現場では、最初からアニメプロデューサーになれる方法はありません。まずはアニメーターや音響などのスタッフを経て、プロデュースのスキルが認められたら、プロデューサーになれます。そのため、プロデューサーになるには、数年かかることも珍しくはありません。したがって、どれだけの時間がかかっても心が折れず、アニメプロデューサーを目指すという根気が必要です。

『 高い向上心がある 』

そこそこ兼ね備えている

アニメプロデューサーになるためには、向上心が欠かせません。アニメーターや音響など、アニメプロデューサーに繋がる可能性のあるスタッフになったからといって、自動的にアニメプロデューサーになれるわけではありません。日々勉強して、アニメプロデュースに必要なスキルを身に付けた上で、それを仕事に活かしてアピールしなければなりません。そのため、あまり向上心がなく、現状維持をしたいという人は、アニメプロデューサーには向いていないでしょう。

『 好奇心旺盛 』

だいぶ兼ね備えている

アニメプロデューサーは、アニメの企画をするのが仕事のひとつです。大勢の人に愛されて、なおかつ独自性のあるアニメの企画を作らなければなりません。そして、アニメとは関係がなさそうな要素でも、名作アニメのきっかけになる可能性は十分あります。そのため、アニメとの繋がりの有無に関係なく、色々なものに興味を持てる人が、アニメプロデューサーに向いています。興味を持てる範囲が狭い、すぐに何でも拒絶してしまう人は、アニメプロデューサーには向いていません。

『 指示待ちでなく何事も自主的 』

十分に兼ね備えている

アニメプロデューサーは、自ら仕事を取って来るのが基本です。スポンサーやアニメスタッフを探したり、制作スケジュールを調整したりと、自らが主導して、アニメ制作プロジェクトを進めていかなければなりません。そのため、誰からも指示されることなく、自ら動ける自主性のある人が向いています。与えられた仕事だけやっていたいという人は、向いていないでしょう。

スポンサーリンク

『 コミュニケーション能力がある 』

そこそこ兼ね備えている

アニメプロデューサーは、アニメ制作に携わる様々な人と接することとなります。アニメ制作の現場で、最も多くの人に会うと言っても過言ではありません。そして、アニメ制作に携わる人には、こだわりが強い監督や、無口な制作スタッフなど、色々なタイプがいます。そういった人が相手でも、問題なくやり取りができる、高いコミュニケーション能力を持った人が向いています。

『 人やプロジェクトを管理する力がある 』

そこそこ兼ね備えている

アニメプロデューサーは基本的に、司令塔として働き、自らが制作作業をすることはありません。したがって、スタッフをしっかりコントロールできる、マネジメント能力が必要です。スタッフの強みを把握した上で、臆することなく指示を出せるという人は、アニメプロデューサーに向いているでしょう。そして、目標はあくまでも、良いアニメを作ることです。そのためには、適材適所のスタッフ配置をする必要があります。嫌いなスタッフは辛い仕事をさせるという風に、自身の好き嫌いを反映させてしまいそうな人は、アニメプロデューサーには向いていません。

『 数字に強い 』

だいぶ兼ね備えている

アニメプロデューサーは、アニメ制作に必要な予算の調整をするのも仕事です。アニメでは、数千万円単位のお金が動きます。そのような膨大な予算を適切に分配した上で、なおかつ利益を出すことも考える必要があります。基本的な計算をするのは、専門のスタッフですが、最終的にはアニメプロデューサーが確認することになります。したがって、数字に強い人でなければ務まりません。

『 メンタルが強い 』

そこそこ兼ね備えている

アニメプロデューサーの仕事は、予算やスケジュールの調整、スタッフの人選、全体のマネジメントなど、やらなければならないことが非常に多いです。さらに、予想外のトラブルが発生することも珍しくありません。そのため、大量の仕事に追われて、なおかつトラブルが発生しても、冷静に対応できる強いメンタルを持っている人が向いています。

『 責任感がある 』

あまり兼ね備えていない

アニメプロデューサーという仕事は、責任感が求められます。アニメ制作がスケジュール通りに進むか、確かなクオリティの作品ができるかなどは、アニメプロデューサーにかかっています。そのため、ひとつのプロジェクトが完了するまで、責任を持って取り組める人が向いています。やらなければならないことを、途中で投げ出してしまう人では務まりません。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのアニメプロデューサー適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0

おすすめコンテンツ

おすすめコンテンツ

  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る