理想の就活/転職のための
自己分析サイト

刑務官に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今刑務官の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい刑務官に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたの刑務官適性診断結果

あなたの適性度は28%で、今の時点では刑務官の仕事に向いているとは言えないようです。刑務官を目指したい場合は、まず診断結果の詳細を読み込んで必要な資質を理解するようにしましょう。自分に足りない部分がわかったら、あとは一つづつ克服していけるよう努力あるのみです。

刑務官に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.正義感が強い
2.世の中の常識をよく知っている
3.精神的にタフ
4.肉体的にもタフ
5.注意力がある
6.教育力・指導力がある
7.コミュニケーション能力が高い
8.単純作業が苦にならない
9.武道経験がある
10.小さな事にもやりがいを見出せる
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 正義感が強い 』

兼ね備えていない

刑務官は刑事施設の収容者に対し、生活指導や職業訓練指導を行い、社会復帰をサポートするのが仕事です。収容者は過去に犯罪を犯してしまった人達。こうした人達を更生させ社会復帰させるためには、強い責任感と正義感が必要になります。指示に従わない収容者がいれば、厳しく指導しなければならないからです。とはいえ、実は正義感が「強すぎる」人は刑務官に向いていないと言われています。ガチガチの正義感を持っている人は収容者から嫌われてしまうことが多く、反発を招いたり指示に従わないといったことが起こりがち。正義感が強すぎる故に刑務官側もそれが許せずトラブルに発展する、というケースがあるのです。正義感が強いことは大切ですが、ある程度の柔軟性、バランス感覚が必要不可欠な仕事です。

『 世の中の常識をよく知っている 』

あまり兼ね備えていない

刑事施設に収容されるのは様々な属性の人達です。年齢も上は80代から下は10代まで、犯してしまった犯罪もいろいろ。そうした人達を監督指導していくのが刑務官の仕事ですが、当然威圧するだけでは務まりません。欧米などの刑務官は銃を持っていることもありますが、日本では武器を持たずに職務に当たります。ならばどうやって収容者達の信頼を勝ち取って言うことを聞かせるかと言うと、結局人柄が良く世の中の常識がよく分かっていることが必要になるのです。収容者の更生とは、つまり健全な社会人にすること。彼らを導く役割である刑務官には、常識的な良き社会人であることが求められるのです。

『 精神的にタフ 』

兼ね備えていない

刑務官は自衛隊や警察官と同じく、保安、警備、秩序維持の役割が求められる仕事です。それだけに軍隊に似た組織文化があり、階級や年功による縦割り社会の構造をしています。上下関係も厳しい傾向にあり、上から理不尽なことを言われることもよくあります。そうした職場環境なので、ストレス耐性が強いことが求められるのです。また、収容している人達から反抗されたり、不愉快な言動をぶつけられることもあります。そうした人達を指導、教育していくためにも精神的にタフであることが必要になります。

『 肉体的にもタフ 』

そこそこ兼ね備えている

刑務官は夜勤も担当する必要があり、24時間勤務をこなしていく必要があります。収容者の反抗も、汚い言葉が飛んでくるだけならいいですが、ときには騒ぎが大きくなることもあり、そうした際は迅速に鎮圧しなければなりません。もちろん、トラブルは時と場所を選びません。休憩中や食事中、仮眠中であっても何かあればすぐ駆けつける必要があります。また、こうしたトラブルに対応するための護身術の訓練や武道の稽古もこなしていく必要があります。とにかく肉体的に強いことが求められる仕事です。

『 注意力がある 』

あまり兼ね備えていない

刑務官は、勤務中トラブルが起こらないように常に監視を行う必要があります。ちょっとした変化にトラブルの種が潜んでいることもあるので、注意力が求められます。

スポンサーリンク

『 教育力・指導力がある 』

兼ね備えていない

刑務官は、収容者に対して収容施設内での過ごし方や、他の収容者とのコミュニケーションの取り方などを教育していく必要があります。施設内は食事、入浴、作業訓練や就寝などのスケジュールが分刻みで決められています。入所したばかりの収容者が何も分からないのはもちろんですが、中には何度指導しても上手く行動できない人もいます。そうした場合も根気強く教育指導していくことが求められるのです。

『 コミュニケーション能力が高い 』

あまり兼ね備えていない

刑務官はコミュニケーション能力が必須です。収容者の更生指導を行うには、正しさや厳しさを押し付けるだけでは足りません。収容者が犯した犯罪や、そこに至った事情、環境などは様々です。将来に対する不安や家族間のトラブルなど、悩みを抱えている収容者も多くいます。そうした一人一人に向き合い、相手の気持ちを考えて対話をすることで、やっと相手からの信頼を勝ちとり更生指導に繋げていくことができるのです。また、コミュニケーション能力は刑務官同士のやり取りでも必要になります。仕事の引き継ぎを滞りなく行ったり、人間関係が固定された中で円滑に仕事を行うには、やはり刑務官同士コミュニケーションを取ることが大切だからです。

『 単純作業が苦にならない 』

そこそこ兼ね備えている

刑務作業の監視や施設内の巡回などは、日々同じことの繰り返しです。単純作業を飽きずにこなせる人は刑務官の適性があると言えます。

『 武道経験がある 』

十分に兼ね備えている

日本の刑務官は武器を携帯していないため、有事に対応するために武道の習得が必須となっています。柔道か剣道のどちらかを選び選択した方を継続して稽古していくことになるので、これまでに武道経験がある人はその経験を活かすことができるでしょう。採用試験にも武道の実技があります。

『 小さな事にもやりがいを見出せる 』

兼ね備えていない

刑務官はとても厳しい仕事です。閉鎖的な職場環境で人間関係も固定されるので、やりがいを見出せないという人も多いです。しかし刑務官の仕事は国の維持に関わる社会的意義のある仕事ですし、収容者に対する教育指導は彼らの社会復帰に繋がって行きます。自分の仕事の意義、やりがいを自分で見つけられることは、仕事を続ける上で大切です。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの刑務官適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る