理想の就活/転職のための
自己分析サイト

本ページはマイナビ社などの広告が含まれています

プラントエンジニアに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今プラントエンジニアの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいプラントエンジニアに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

プラントエンジニアに向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたのプラントエンジニア適性診断結果

あなたの適性度は56%で、プラントエンジニアの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。プラントエンジニアを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

プラントエンジニアに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.長時間労働でも身体を壊さない
2.他者と良好な関係を築くのが得意
3.高度な専門スキルを身につけたい
4.勉強会やセミナーに積極的に参加できる
5.時間や作業の管理を徹底して行える
6.資格の勉強を頑張れる
7.正社員以外の働き方も許容できる
8.向上心を持って仕事に臨める
9.体力や精神力に自信がある
10.最新の機械設備に興味がある
スポンサーリンク
\この診断を受けたい方はコチラ/
プラントエンジニア適性診断を受ける(2分)

診断結果の解説

『 長時間労働でも身体を壊さない 』

十分に兼ね備えている

プラントエンジニアは、工場設備の設計や運用、点検など様々な業務を担当し、工場の規模やエンジニアの数によっては日常的にハードワークとなることもあります。そうした現場では、一日あたりの労働時間が長くなるだけでなく、残業や休日出勤を任されることもあり、急な出勤の要請にも進んで応じることができる人が好まれます。なお、長時間労働を無理なくこなすうえで、こまめに休憩を取ったり、時間帯によっては仮眠をしたりすることも必要です。

『 他者と良好な関係を築くのが得意 』

兼ね備えていない

プラントエンジニアが働く工場においては、エンジニアの年齢や経験、得意分野などに応じて作業内容が細かく分かれていることがあります。そのため、エンジニア同士が互いに協力しながら良い仕事をするうえで、日ごろから声を掛け合ったり、業務終了時の申し送りの際に意見交換をしたりとコミュニケーションを取ることが肝心です。その他、現場に配属されて間もない頃は、先輩のエンジニアに積極的に質問をして、やる気や誠実さをアピールすることも大事です。

『 高度な専門スキルを身につけたい 』

そこそこ兼ね備えている

プラントエンジニアは、勤め先の工場の業態や事業内容などによりますが、仕事を通じて機械や電気、化学といった様々な分野のスキルが必要となることがあります。そうした環境で活躍をするには、大学や大学院で専門スキルを身につけることや、就職後に一定期間大規模の工場で経験を積んだりすることが大切です。大手の工場の中には、それぞれのエンジニアが有する専門スキルに応じて配属や業務内容を決めているところもあり、様々な立場の人が活躍しやすい状況にあります。

『 勉強会やセミナーに積極的に参加できる 』

そこそこ兼ね備えている

プラントエンジニアは、仕事で必要なスキルを磨くために、勤務先で行われる研修だけでなく、外部機関のセミナーや研修会に参加しなければならないこともあります。特に、若手のエンジニアはスキルアップのために、業務に関係するイベントに参加をする機会が多くなり、プライベートの時間が少なくなってしまうことがあります。そのため、就職活動を通じて自分に適したイベントの特徴や参加方法、スケジュールなどを確認しておく必要があります。

『 時間や作業の管理を徹底して行える 』

そこそこ兼ね備えている

プラントエンジニアは、工場設備の設計や点検などの作業において、勤め先やクライアントの希望により、限られた時間内に仕事をしなければならないケースが多く見られます。そうした中、エンジニアとして良い仕事をするためにも、日ごろから時間や作業の管理を徹底して行える人が好まれています。また、作業に優先順位をつけて速やかに動ける人や、特定の作業に長けている人も活躍しやすい状況にあります。

スポンサーリンク

『 資格の勉強を頑張れる 』

あまり兼ね備えていない

プラントエンジニアの就職や転職の際に求められる資格や免許は現場によって違いがありますが、施工管理者や電気工事士、電験三種といった国家資格を持っている人は、即戦力として期待される傾向があります。たとえば、有資格者の数が少ない町工場などでは、高度な資格や免許を持つ人を責任者にしたり、給料や手当など待遇をアップしたりしているところもあります。そこで、恵まれた環境で働くためにも早めに自分に役立つ資格や免許について調べておくことが大事です。

『 正社員以外の働き方も許容できる 』

そこそこ兼ね備えている

プラントエンジニアは、メーカーや工場によって派遣社員や契約社員など、正社員以外の求人が募集されることもあります。そうした中、自分のやりたい仕事を任せてもらえそうな職場があれば、正社員にこだわらずに挑戦をしたいという意欲を持っている人は、希望の職場で働きやすいでしょう。また、就職後に不満なく働き続けるうえで、求職中に正社員と他の雇用形態との待遇の違いについても確認する必要があります。

『 向上心を持って仕事に臨める 』

そこそこ兼ね備えている

プラントエンジニアは、経験を積むにつれ工場内で重要な役職を与えられることもあり、上司や同僚、部下などからの期待も大きくなります。そのため、エンジニアとして長く働き続けるうえで、常に向上心を持って仕事に取り組める人が必要とされています。

『 体力や精神力に自信がある 』

十分に兼ね備えている

プラントエンジニアは、現場の作業員ではないため、重い物を持ったり運んだりする機会は少ないものの、人手不足のためになかなか家に帰れなかったり、クライアントのクレーム対応をしたりすることもあります。そこで、臨機応変にエンジニアとして対応をするうえで、将来に向けて体力や精神力をつけておくことが重要です。

『 最新の機械設備に興味がある 』

だいぶ兼ね備えている

プラントエンジニアは、仕事柄色々な種類の機械設備に関わることがあり、常に最新の設備に関する知識を得たり、点検や修理の方法を学んだりすることが大切です。また、人事異動などで配属先が変わると新しい機械を扱うこともあり、仕事終わりや休日などを使って勉強をする必要があります。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのプラントエンジニア適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

1位 マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

2位 doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

3位 リクルートエージェント

└業界最大手で転職支援実績No.1

\この診断を受けたい方はコチラ/
プラントエンジニア適性診断を受ける(2分)

この適正診断テストでわかること

  • プラントエンジニアに向いているか向いていないか
  • プラントエンジニアの職業適性度
  • プラントエンジニアに必要な10の資質
  • 解説でプラントエンジニアに必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか

プラントエンジニアとは?

プラントエンジニアは、その名の通りプラント(生産設備全体)に関する技術者のことを指します。

プラントは大規模な発電所や製鉄所から、生活に身近な食品や医薬品を扱う工場などジャンルも規模もさまざまです。

プラントエンジニアの仕事は、そういった施設の新規立ち上げや改修に携わるだけでなく、保守・点検全般やコンサルティングを任されるなど多岐にわたります。

幅が広い分専門分野が分かれており、業務内容によって求められる知識や技術は異なります。

プラントエンジニアとして自分がどんな仕事をしていきたいのか、それにより学ぶ内容も方法も変わってくるでしょう。

プラントエンジニアになるには?

プラントエンジニアになるために必ず取得しなければならない資格というものはありません。

しかし施設の安全だけでなく品質や周辺の環境にも影響が出る場合もあるため、分野ごとの高度な知識が求められます。

機械系、化学系、電気系、土木系で業務内容は異なりますが、大学の理工学部卒業程度の専門的な知識が必要となる場面も多いといわれます。

難しくはありますがそういった学校に通ったことがないという人でも、知識があることの証明となるような機械設計や施工管理に関係する資格を独学で取得しプラントエンジニアを目指すことも可能です。

ポジションによっては予算や人員に考慮し現場を管理する必要があるので、社内社外問わず良好な関係を築けるコミュニケーション能力も重要となります。

プラントエンジニアの給料・年収

複数のデータを確認したところプラントエンジニアの年収は平均で500万を超えており、比較的に他の職種よりも高い傾向にあります。

高度な専門知識やコミュニケーション能力、柔軟な対応力など求められるスキルが多く、ハードな仕事である分得られるものも多いようです。

地域や携わる内容により異なりますが、大手で待遇の良い企業であれば20代で年収600万円を超える場合もあります。

初任給については、企業により異なりますが最終学歴により開きがあるようです。

専門的な知識を有することの証明となるような学部を卒業、または修士了、博士了している人はほとんどの場合未経験者よりも高い給料で就職しています。

プラントエンジニアの就職・転職先(求人)

プラントエンジニアの就職先として多いとされているのは、プラントのエンジニアリング会社やプラント設計会社、施行会社などです。

すでに多くのプラントが建設されていますが、経年劣化で必ず改修をしなければならない時期がやってきます。

新しい施設の需要が停滞しても、定期的なメンテナンスや日頃の保守・点検の必要がなくなることはありません。

また、高齢化が進む現代において専門知識のある若手はどの業界でも貴重であり、プラントエンジニアも例外ではありません。

地球環境の見直しにより世界的に新しいエネルギー政策が進むなか、語学力も身に付けておけばグローバルに活躍の場が広がることも期待されます。

専門性が高く誰にでもできる仕事ではないので、国内外問わずプラントエンジニアの需要は一定の水準が保たれることが見込まれます。

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0