理想の就活/転職のための
自己分析サイト

パイロット適性診断|あなたは向いている人?向いてない人?

あなたは今パイロットの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいパイロットに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたのパイロット適性診断結果

あなたの適性度は56%で、パイロットの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。パイロットを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

パイロットに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.健康に自信がある
2.冷静な判断力と行動力がある
3.協調性がある
4.リーダーシップがある
5.自己分析が得意
6.同じ事の繰り返しを嫌にならない持続力がある
7.高所が苦手ではない
8.プレッシャーに強い
9.英語力がある
10.要領良く何でもできる
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 健康に自信がある 』

あまり兼ね備えていない

パイロットは半年に1回特殊な身体検査があり、決められた基準以上でなければ仕事を続ける事が出来ません。その為健康体であるというのが基本中の基本です。体や体調面を整えておかなければパイロットとして働き続ける事は出来ないので、普段の生活からきちんと節制をして生活出来ている人は向いています。

『 冷静な判断力と行動力がある 』

あまり兼ね備えていない

基本的に飛行機は離陸から着陸まで自動で行う事が出来ます。しかし何かトラブルや緊急事態が起きた時は、パイロットがその場の状況に応じて行動しなければなりません。その為常に人から頼まれた事しかやらないような受け身の人や、誰かに指示を受けるまで動かない指示待ち人間の人はパイロットには向いていません。逆に常に自分で考え冷静な判断力を持ち、それを実行出来る行動力がある人は向いています。

『 協調性がある 』

そこそこ兼ね備えている

協調性もパイロットには必要です。旅客機はパイロットが操縦していますが、副操縦士もいますし整備士やキャビンアテンダントにグランドスタッフ等沢山の人がいる事で滞りなく運航出来ています。言うなれば1つのチームみたいなものです。もしパイロットが自己中心的な人物だと、周囲も迷惑ですし運行にも支障をきたしかねません。その為パイロットはただ操縦技術があれば良いというだけではなく、一緒に働いている人と上手くやっていける協調性が求められます。

『 リーダーシップがある 』

だいぶ兼ね備えている

リーダーシップもパイロットに必要な適性の1つとして挙げられます。飛行機が安全に飛行するには副操縦士やキャビンアテンダント、グランドスタッフに整備士等、それぞれが自分の仕事をきちんとこなす事が求められます。その中でパイロット、特に機長はキャプテンのようなもので、リーダーシップが必要です。出航前には機長を中心に副操縦士やキャビンアテンダントとミーティングがありますし、コックピットでは副操縦士と計器のチェックを行わなければなりません。こういう時におどおどしていると、周りも困惑してしまいます。パイロットとりわけ機長はチームのまとめ役としてリーダーシップをとる事が求められます。

『 自己分析が得意 』

十分に兼ね備えている

しっかりと自己分析出来るという力もパイロットには必要です。新人の頃は毎日が勉強ですし、覚える事も沢山あります。パイロットは乗客の命を預かる訳ですから、上司から叱られる事も珍しくありません。そういう時にも、きちんと自己分析をして次に活かせられる人が向いています。そしてパイロットとしてキャリアを積み、機長になると周りで叱ってくれる人はもういません。そういう時でも常に自己分析出来る事が求められます。

スポンサーリンク

『 同じ事の繰り返しを嫌にならない持続力がある 』

そこそこ兼ね備えている

パイロットと言うと誰もがうらやむ華やかな職業のイメージがありますが、実際飛行機の操縦は毎日同じ事を繰り返すルーティーンワークが多いです。旅客機を操縦する前はミーティングをして、コックピットでは計器をチェック、そして離陸、飛行し着陸、これの繰り返しです。これを何ヶ月、何年と繰り返さなければなりません。同じ事を繰り返していると途中で集中力が切れる事も出てきますが、それでは事故にもつながりかねないので、パイロットには同じ事を繰り返しても嫌にならないような持続力が求められます。

『 高所が苦手ではない 』

そこそこ兼ね備えている

パイロットは当たり前ですが旅客機を操縦します。そのため高い所が苦手な人はあまり向いていません。ただ高い所が苦手でもコックピットで恐怖心がなければ問題はないです。実際パイロットの中にも高所恐怖症の人はいて、バンジージャンプは出来ないけれども、旅客機の操縦は機械を信頼しているし自分で操縦するから大丈夫と言う人もいます。それでも高い所が苦手な人よりは、苦手でない人の方が向いているので、高所が平気な人はパイロットを目指しても良いかもしれません。

『 プレッシャーに強い 』

だいぶ兼ね備えている

旅客機を操縦していると、安全性の高い乗り物でもたまに大きく揺れたりする事があります。そういう時に乗客は大丈夫かと不安になります。パイロットはこうしたちょっとしたトラブル時でも動じる事無く、乗客を安心させる為に問題ない事を冷静にアナウンス出来る強い精神力が必要です。パイロットも飛行機が揺れれば人間なので驚きます。しかも自分が操縦している訳ですから、プレッシャーもものすごいはずです。それでもプレッシャーに負けず、どんな時でも冷静に操縦をし続ける気力がパイロットには求められます。

『 英語力がある 』

そこそこ兼ね備えている

パイロットとして働く場合、航空英語が必要になります。もちろん専門的な用語は訓練中に勉強する為、前もって知っておく必要はありません。ただ航行中に無線で会話する場合、英語が使われる為、学生時代英語が苦手だった人は慣れるまでかなり大変です。逆に英語が得意な人にとっては、それほど苦もなく業務が出来るので、英語力がある人はパイロットを目指してみてはいかがでしょう。

『 要領良く何でもできる 』

あまり兼ね備えていない

良い意味で普通の人というのもパイロットに欠かせない素養の1つです。何か特別な能力を持っている必要はそれほどありません。もちろんあるに越した事はありませんが、何か1つ秀でているものがあるような人よりも、全体的にバランスがとれている人の方がパイロットには向いています。変に能力が高かったりクセがあったりすると、周囲とハレーションも起きやすく、チームプレイが乱れる恐れがあります。そのため全体的にバランスがとれていて、良い意味で普通な人の方がパイロット向きです。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのパイロット適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0

おすすめコンテンツ

おすすめコンテンツ

  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る