理想の就活/転職のための
自己分析サイト

ピアノ調律師に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今ピアノ調律師の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいピアノ調律師に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

ピアノ調律師に向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたのピアノ調律師適性診断結果

あなたの適性度は28%で、今の時点ではピアノ調律師の仕事に向いているとは言えないようです。ピアノ調律師を目指したい場合は、まず診断結果の詳細を読み込んで必要な資質を理解するようにしましょう。自分に足りない部分がわかったら、あとは一つづつ克服していけるよう努力あるのみです。

ピアノ調律師に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.ピアノが好き
2.身体が大きい
3.体力に自信がある
4.動物アレルギーを持っていない
5.耳が良い
6.几帳面な性格
7.根気がある
8.機械いじりが好き
9.音に対する強いこだわりがある
10.副業に抵抗がない
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 ピアノが好き 』

兼ね備えていない

当然のことではありますがピアノが好きなことは、ピアノ調律師を目指す上で最も大切な資質と言えます。ピアノ調律は繊細で根気のいる作業ですし、その作業はほんのすこしずつしか進まない地味なものです。だからこそ調律作業を楽しんで行える、ピアノが好きな人の方がピアノ調律師には向いているでしょう。ピアノが好きでピアノと触れる時間がストレスにならない、という事は想像以上に大きな武器となるのです。

『 身体が大きい 』

兼ね備えていない

ピアノの調律作業はパーツを押さえながら、別の離れた位置にあるパーツを操作する作業があります。この際に体が小さいとうまく届かずに誰かに手伝って貰わなければいけなくなりますし、時間が余計にかかってしまうことになります。一般的には身長150cm以上あれば良いと言われていますが、体が大きく両手の幅が長ければ長いほど余裕を持って各調律作業を無理せず行うことができ有利に働きます。

『 体力に自信がある 』

兼ね備えていない

ピアノの調律作業は時間がかかるのはもちろんのこと、場合によってはピアノを動かさなければいけないケースもよくあります。体力がないと疲れて作業に集中できなくなり、作業に余分な時間がかかったり調律の質そのものが落ちてしまうことも考えられます。体力的に余裕を持って作業を行わなければ良い仕事ができないことを考えれば、ピアノ調律師を目指す上で、ある程度体力に自信があるほうが適正があると言えるでしょう。

『 動物アレルギーを持っていない 』

そこそこ兼ね備えている

一見ピアノ調律師の仕事と関係がないように思えるかも知れませんが、実は動物アレルギーの有無も向いているかどうかに関係してくる重要な要素です。ピアノといってもコンサートホールや倉庫にある場合だけではなく、一般のご家庭に置かれていることも少なくありませんし、ピアノ教室などを自宅で行っているケースもあるでしょう。ピアノ調律師としての仕事に携わっている人たちの経験から、そうした家では猫や犬などを飼っている家庭が多い傾向にあるそうです。アレルギー反応が出てしまえば調律に集中することは難しくなりますので、動物アレルギーが無いことはピアノ調律師を目指す上で無視できない要素です。

『 耳が良い 』

兼ね備えていない

耳の良さはピアノ調律を行う上で特に大きな武器となります。例えば絶対音感であればまっすぐと目的の音へと調整を勧めて行くことができますが、相対音感の場合は目指す音を確認する作業も必要になるためやや作業が遅れてしまいます。音を正確に捉える耳の良さ、音感の良さがあれば、それはピアノ調律師に向いていると言える才能です。また音感は若い頃であれば訓練で鍛えることができるため、ピアノ調律師を目指すと決めた場合は少しでも早く音感を鍛える訓練を行うことが大切です。

スポンサーリンク

『 几帳面な性格 』

十分に兼ね備えている

ピアノ調律師には、一般的に几帳面な性格の人が向いていると言われています。作業自体が非常に繊細なこともそうですが、仕事を完璧に仕上げないとスッキリしない几帳面さが、調律作業においてより質の高い仕事を可能にするのです。元からの性格が几帳面である方が向いていますが、ある程度であれば几帳面な性格を身につけることは不可能ではありません。私生活の中で何事も意識的に几帳面に丁寧に仕上げるように意識していくことで、物事をキレイに仕上げることに慣れていきますし、むしろそうしなければ落ち着かなく感じるようになってきます。そうなれば特に意識せずとも、キチンと仕上げることに対してストレスや疲れを感じにくい几帳面な性格になることができるでしょう。

『 根気がある 』

兼ね備えていない

時間のかかる作業で、大きく向き不向きが出てくるのが、根気があるかどうかです。ピアノ調律師は地道な作業の繰り返しが多く、時にはその繰り返しに辟易してしまうこともあります。そこをぐっとこらえて仕事の質を落とさず作業できるのは根気のある人だけです。一つの作業にずっと取り組み続ける根気があるという人は、ピアノ調律師に向いているでしょう。

『 機械いじりが好き 』

あまり兼ね備えていない

機械いじりなどが好きだという人も、ピアノ調律師に向いています。ピアノは大量の小さな部品を組み合わせて作られており、非常に複雑な構造をしています。パーツの分解や組み立て、専用工具を使った繊細な作業などは人によっては面倒で苦痛に感じてしまうこともよくあります。機械いじりが好きな人であれば、そうした作業はむしろ楽しさを感じる工程に変わりますし、焦ったり集中力を乱したりせずに作業に没頭できるでしょう。

『 音に対する強いこだわりがある 』

そこそこ兼ね備えている

ピアノの音に対して、「この音にはちょっと違和感がある」や「もっときれいな音を聴きたい」といったこだわりを覚える人はピアノ調律師向きの性格です。ピアノの調律は自分の中に理想とする音を持っているか否かで完成度や作業速度が大きく違ってきます。場合によっては依頼者が想像していたよりも美しい音に調節して大きく喜ばれることもありますし、それは強いやりがいへと変わってくれるでしょう。またピアノの鍵盤を叩いて音を聴いているのが好きだという人も、長時間ピアノの鍵盤の音を効く作業の多いピアノ調律師向きです。

『 副業に抵抗がない 』

そこそこ兼ね備えている

現状ではピアノ調律師は、需要が数多の仕事とは言い難い側面があります。もちろん仕事が軌道に乗れば平均的、もしくはそれ以上の収入を得ることも可能な仕事ですが、駆け出しの時期ではピアノ調律の仕事一本では食べていけないことも珍しくありません。そうした下積みの期間に耐えるためには副業は必要不可欠といえます。ピアノ調律師だけに専念したい!という人は向いておらず、柔軟に他の仕事もできるという人の方が向いていると言えます。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのピアノ調律師適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

この適正診断テストでわかること

  • ピアノ調律師に向いているか向いていないか
  • ピアノ調律師の職業適性度
  • ピアノ調律師に必要な10の資質
  • 解説でピアノ調律師に必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか

ピアノ調律師とは?

ピアノ調律師とは、ピアノの音の調整・調律を行う音楽関係の技術職です。

チューニングハンマーと呼ばれる専門工具でピアノの音の微調整を行い、正しい音が奏でられるようにすることが主な業務で、場合によっては室温や湿度などピアノが置かれている室内環境についてのアドバイスなども行います。

音が出なくなった、音程がおかしい、などピアノにトラブルが生じた際に依頼を受けることが多いですが、ピアノは定期的なメンテナンスが必要な楽器のためピアノ教室やプロが使用するピアノに対しては定期的に関わることも多いです。

音の調整の他にも、弾き心地の具合を整えるために88ある鍵盤一つ一つを調整することもあるので、短時間で済む業務ではなく、体力も必要とされる仕事となっています。

ピアノ調律師になるには?

ピアノ調律師になるには、ピアノの調律が学べる大学やコースが設けられている専門学校などを卒業する必要があります。

音楽関係の企業の調律師養成学校で学ぶ方法もあり、指を使って鍵盤を操作する仕方などは身に付けることが求められますが、基本的にピアノの楽曲を弾くスキルはなくても大丈夫です。

作業の際に1オクターブ離れた同じ音の鍵盤(例えばドから次のド)を同時に押さえることがあり、アップライトピアノは身長が150cm以上ないと調律を行うことが難しくなるので、適度な長さの指や150cm以上の身長が必要となります。

音の違いを聞き分けることができる聴力も重要です。

資格がなくてもピアノ調律師にはなれますが、技能検定試験が年に一回のペースで実施されていて、合格をすると国家資格であるピアノ調律技能士を名乗ることができます。

ピアノ調律師の給料・年収

ピアノ調律師の給料は、一つの依頼に対して支払われる金額が定まっていませんが、複数のデータから見ると一件につきおよそ1万円~1万3000円となっています。

企業に勤める場合の初任給は17万円~20万円で、実務経験を重ねていくと給与はアップする傾向にあります。

年収はおよそ200万円~400万円で、実績やスキルによって給与の金額は変わります。

企業ではボーナスを設けているところもあり、各種手当や福利厚生を受けることも可能です。

フリーランスの場合は個人によって給料の面では幅があり、優秀な技能を持ち依頼者を多く抱えている人であれば高い年収を望むことができますが、駆け出しや独立したての人は流れに乗れるまでは給与面は厳しいかもしれません。

ピアノ調律師の就職・転職先(求人)

ピアノ調律師は、ピアノの製造をしている工場、あるいは修理工場、楽器店やピアノ調律専門事務所などに就職をすることになります。

楽器を販売している会社で働くこともあり、各企業では見習いから始まり、一定の業務をこなせるようになってから実際のピアノの修理やメンテナンスを担うのが一般的となります。

いきなりフリーランスで働くことは難しいですが、ある程度の期間を企業で働き、技術や接客方法などを学んで人脈を得てから独立することは可能です。

ボーナスや福利厚生は望めませんが、自分の技術一つで顧客の幅を広げることができ、語学を身に付けているならば活躍の場は世界へと広げることもできます。

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る